PART TWO CHAPTER 8 「一つの証拠......たった一つの証拠」;39の犯罪の痕跡

この資料は、ジャン・クロード・プレサックによる『アウシュヴィッツ ガス室の技術と操作』を翻訳したものです。

phdn.org

 目次 - アウシュビッツ ガス室の技術と操作 J-C・プレサック著

特定のページのリンクを貼りたい場合は、

このページのURL + #p + 三桁のページ番号

としてください。

[例:チクロンBの取扱説明書のあるページ(Page018)を指定したい場合]

https://holocaust.hatenadiary.com/entry/2020/08/21/031127#p018

Page429

CHAPTER 8 「一つの証拠......たった一つの証拠」;39の犯罪の痕跡

アウシュヴィッツ国立博物館ワルシャワ中央委員会の文書館で発見された、ビルケナウ・クレマトリエンII、III、IV、Vの殺人ガス室に関する「犯罪痕跡」あるいは「スリップ」の全リストを、著者によるオリジナル文書と2枚の再録図面とともに提示したもの。

 

「一つの証拠......たった一つの証拠」

 

[1979年1月16日付の新聞「ル・モンド」13面の記事でロベール・フォーリソンが述べた要請で、1979年2月29日に同紙に宛てた返信用の手紙の題名として使用された。しかし、その著者は、それでもなお、「Mémoire en défense」 (弁護のための声明), La Vieille Taupe, 1980, pages 96 to 100 に発表した]

フォーリソンは、殺人ガス室の存在について「一つの証拠・・・たった一つの証拠」を要求した。「伝統的な」歴史家たちは、彼に「豊富な証拠」を提供したが、それは事実上すべて、SSや生き残った元囚人やゾンダーコマンド隊員の人間の証言に基づくものであった。しかし、人間の証言は誤りを犯すものである。それは信頼できないものである。フォーリソンは明確な歴史的証拠、つまり議論の余地のない、反論の余地のない文書に基づく証拠を求めていた。この厳しい基準を満たすのは、4種類の歴史的文書である。

1942年から1944年末までにKLアウシュビッツで撮影された写真とフィルム
ドイツ語の手紙や文書
収容所に関連するオリジナルの図面。

現在わかっている限りでは、輸送の絶滅を記録したフィルムは作られていない。 一方、建設中あるいは完成したクレマトリウムの写真(未刊の『Bauleitung Album(建設管理部アルバム)』)や、ハンガリーユダヤ人の4つの輸送団の到着とそのうちの2つの選別(S. Klarsfeld, Seuil著『L’Album d’Auschwitz(アウシュビッツのアルバム)』)については不足はない。この最後の写真を証拠とするには、3枚を除いて、有刺鉄線を背景にした「平和な田舎の風景」しか写っていないことが最大の障害となる。SSのカメラマンは実際にクレマトリウムのいくつかに入ったが、最後の行為であるガス室での絶滅を記録することはなかった。ゾンダーコマンドのメンバーの一人ヘンリク・タウバーの供述によると、ガス室での死体を写した写真を撮影した者もいたが、クレマトリエンⅡとIIIの近くに埋められた後、これらの重要な写真は発見されておらず、偶然に今見つかっても、40年以上地中に埋まっていたので回復不能な損傷を被っているだろう。また、1944年夏、クレマトリウムVの裏の溝で死体を焼却している写真や、同じクレマトリウムに背を向けている裸の女性を記録した「ポーランド人のレジスタンス」と呼ばれる写真も3点ある。確かに模範的な価値はあるが、数の少なさから使いにくく、『L’Album d’Auschwitz(アウシュビッツのアルバム)』のものと同様、決定的な証拠として提示することはできない。 

クレマトリウムの技術図面については、訴訟で引用され、ガスによる大規模な暗殺を計画していたことを証明するものとして説明されている(これは実際には不正確である)。このようなことを多くの言葉で明確に述べている(Blausaüre(シアン化水素) Vergasungs- あるいは Gaskammer あるいは -keller [ガス処理またはガス室またはセラー]などのように)ものは一つもない。これは、図面が「カモフラージュ」されたからではなく、関係する建物が本来の機能である純粋で単純な火葬から、犯罪用に改造されたため、クレマトリエンIIとIIIのオリジナルの図面には妥協した言葉が書かれず、IVとVの図面にもおそらく省かれたのである。

最終的に残るのは、ドイツ語由来のさまざまな書簡や公文書だけである。その中に見られる「伝票」を通して、説得力のある推定証拠を形成し、「チクロンB」という名称で販売されていたシアン化水素の消毒剤を使ったガス室が、ビルケナウ・クレマトリウムの4つの施設(II、III、IV、V)に存在していることを明確に示している。1979-80年には、これ以上のこと、すなわち、これらのガス室が人間の処刑に使われたことを「具体的な」文書の助けによって証明することは不可能であった。「 フォーリソン裁判」の終わりには、アウシュヴィッツ・ビルケナウに「殺人ガス室」が存在したことの「一つの証拠・・・一つの証拠」を、まだ誰も出すことができなかったのである。

密閉された空間で毒ガスによって殺された人々の写真や、クレマトリウムの図面に貼られた「Gaskammer um Juden zu vergiften/ユダヤ人を毒殺するガス室」というラベルのような「直接」、すなわち明白で議論の余地のない、明白な証拠(現在のところ、我々の知るかぎりでは欠けています)がない場合には、「間接」証拠が十分かつ有効である可能性もある。「間接的な」証拠とは、ガス室が殺人目的であると白黒をつけずに、論理的にそれ以外ではありえないという証拠を含むドイツの文書という意味である。

ここで紹介する最初の文書[資料A]は、クレマトリウムIIIに設置された設備の目録で、新しい建物を収容所管理者に公式に引き渡すために作成された文書のファイルの一部である。

アウシュビッツ国立博物館アーカイブス参照BW 30/43、24ページ。この文書は、モスクワの「October Revolution(十月革命」中央国家文書館に保管されていたが、1964-65年に、この機関から、ポーランドにおけるヒトラー派の犯罪を調査するためのワルシャワ中央委員会に送られ、同委員会は、アウシュヴィッツ・クレマトリウム「設計者」、元SS将校ウォルター・デジャコとフリッツ・アートルの裁判における証拠の一部として、1968年10月30日のカバーレターに基づきウィーン治安裁判所に送っている。この裁判は1972年1月18日から3月10日まで行われ、被告人の無罪判決で終了した。ポーランド人からオーストリア人に送られた文書は、「専門家」によってほとんど使われなかった。このことが、特にデジャコに対する驚くべき無罪の評決を説明する。]

この目録には、「Leichenkeller 1/死体安置所1」用の設備が含まれていることが示されている。

  •  「1 gasdichte Tür / ガス気密ドア1個」 及び
  •  「14 Brausen / 14個のシャワー」

2つのアイテムは互いに厳密には相容れない。この非互換性が根本的な証明となることは明らかだからである。 

命題A:ガス気密ドアは、ガス室にのみ意図されうる。

質問A:なぜガス室にはシャワーがあるのか?

回答A:理解不能。論理的な返答をするためには、命題Aを別の形にする必要がある。

命題B:シャワーが設置された部屋は、人が体を洗う場所である。

質問B:なぜ、シャワールームの入り口だけがガス密閉の扉になっているのか?

回答B:理解できない。論理的に回答するためには、命題Bを別の形で定式化する必要がある。

つまり、命題A、質問A、返答A、命題B、などに戻るわけである。その理屈は、断ち切れない悪循環に陥っている。非論理性から逃れる唯一の方法は、いずれかの命題が不正確であることを証明する補完的な証明を持ってくることである。これは、以下の引数によって行うことができる。

  • 捕虜収容所、受付棟(BW 160)、ブロック26の2つのシャワー設備、ビルケナウ、BW 5a、5b、中央サウナ(BW 32)の設備の図面に基づいて計算した、シャワーヘッドの平均面積は、1.83㎡であった。

  • これを前提にすると 床面積210㎡のクレマトリウムIIIのLeichenkeller 1には、115個のシャワーヘッドを設置する必要がある。

  • クレマIIのL-Keller 1の天井の跡に、同様のシャワーヘッドを取り付けた7つの木の台座が残っていることから、実際には14個しか計画されておらず、それらが取り付けられていたことが分かっている。

  • ソ連October Revolution(10月革命)」中央国家文書館のクレマトリウムII/III目録図面2197のコピーには、Leichenkeller 1の3つの蛇口とLeichenkeller 2の5つの蛇口に給水する水道管が示されているが、「シャワー」に接続されているものはなかった。このバージョンの図面2197にはランプまで描かれており、シャワー設備を示す他の様々な図面には必ずシャワーヘッドが描かれ、関連する配管も通常表示されているため、これはパラドクスである。

  • これらは、木材やその他の材料で作られ、偽装されたダミーシャワーであると結論付けることができる。これは、ゾンダーコマンドの数人の元メンバーによって述べられている。

この目録は、クレマトリウムIIIにダミーシャワーを取り付けたガス室が存在したことの絶対的かつ反駁しがたい証拠である。

このダミーシャワーは、偶然に、あるいは装飾のために設置されたのではなく、非常に正確な目的を持って設置されている。Leichenkeller 1/ガス室lに入る人々を誤解させるために、致死性のガスを吸い込んで死なせるという意図的なことをほのめかす虚偽の表示をした。

建物が完成したときに作成されたクレマトリウムの目録は、LeichenkellerにチクロンBを導入する装置についての記載という、ほとんど信じられないような補足的証拠を提供している。第二の資料[資料BとB'][アウシュヴィッツ国立博物館資料館資料BW 30/43、12頁、これもソ連の資料]には、記入したSS隊員の側に明白な間違いがある。

1行目は、クレマトリウムⅡの地下にある「Raum I, Leichenkeller / 部屋1、死体安置用地下室」に以下が設置されていたことを示す。

  • 「16 Lamp o. Kug, u. Tel. Feuchtsicher / 16灯(グローブ球以外)、防水型」
  • 「5 Zapfhühne / 5つの蛇口」

2行目には、「Raum 2 / 部屋2」、同じく、[Leichenkeller]に以下があったことがわかる。 

  • 「10 Lamp o. Kug. u. Tel. Feuchtsicher / 10灯(グローブ球以外)、防水」
  • 「3 Zapfhühne / 3つの蛇口」
  • 「4 Drahtnetzeinschiebvorrichtung / 金網導入装置4台」 
  • 「4 Holzblenden / 木製カバー4個」

 

Page430

しかし、「十月革命」資料の図面2197によると、Leichenkeller 1には16灯と3つの蛇口が、Leichenkeller 2には10灯と5つの蛇口があったことがわかる。灯の数から、在庫のラインが逆になっていることがわかる。 したがって資料は次のようになる。

1行目     部屋1 ・Leichenkeller [1]:16灯、3つの蛇口、4つの導入装置、4つのカバー。

2行目     部屋2・Leichenkeller [2]:10灯、5つの蛇口。

アメリカ人が撮影した1944年8月24日の航空写真によると、4つの導入装置は、クレマトリウムⅡのLeichenkeller 1/ガス室1に実際に設置されており、Leichenkeller 2/脱衣室には設置されていない。

したがって、クレマトリウムⅡのLeichenkeller 1は、1943年1月29日の書簡で「Vergasungskeller/ガス室」と呼ばれており、「Gasdichtetür/ガス気密ドア」[PMO, BW 30/43, page 34]が取り付けられているが、4つの金網の導入装置があり、木のカバー[あるいはフラップ]で閉じられている。SSが、この導入装置にチクロンBを流し込んだと正式に書いていることを期待するのは無理があるのではないだろうか。この製品は、シアン化水素の吸着基質であるシリカ*の小粒のペレットで構成されているため、ペレットを内部に流し込むためのカバー付き金網カラムが唯一の役割を果たすことは明らかであった。金網は固形ペレットを保持し、ガスを拡散させることができる。以上の基礎的、補完的、補足的な証明により、Krematorien IIとIIIにおいて、そのLeichenkeller 1の存在が疑う余地のないものであることが証明された。

  1. もはや「典型的な死体安置所」ではない。
          
  2. ガス気密式の扉(クレマトリウムIIのLeichenkellerも「Vergasungskeller」に指定されていた)が取り付けられていた。 
          
  3. ダミーシャワーがあった(クレマトリウムIIIでは14個、クレマトリウムIIでは20個強)。 
          
  4. チクロンBを導入するための4つの装置(クレマトリウムIIの場合には、それを裏付ける具体的証拠がある)を含む。これらは、DAW金属加工工場に雇われていた元囚人が、それを作ったのは彼らであったので、完璧に描写している。 

資料PMO BW 30/43、24頁は、クレマトリウムIIIのLeichenkeller 1に殺人ガス室が存在したことの決定的な証拠である。  

転記者による注記:アウシュビッツ国立博物館館長から提供されたチクロンBペレットのその後の分析で、吸収基質はプレサックが述べたシリカではなく、安価な工業用吸収剤である硫酸カルシウムであることが判明した。走査型電子顕微鏡による画像とエネルギー分散型X線分光器による元素分析のコピーは、hmazal@mazal.org(註:このアドレスは既に存在しません) までご請求ください。

 

資料A

資料B

 

資料B'

二つ目の資料の最後の3行の拡大についての翻訳

    (4)     Drahtnetzeinschiebvorrichtung / 金網導入装置4台
     (4)    Holzblenden / 木製カバー4個 

 

Page431

39の犯罪の痕跡

「フォーリソン裁判」の冒頭、G・ウェラー神父は、ビルケナウの火葬場にガス室が存在したことを示す資料的証拠として、たった2つのドイツ語文書を持っていただけであった。 1943年1月29日の手紙には「Vergasungskeller」という単語があり、1943年3月31日の手紙にはクレマトリエンIVとVのための「drei gasdichte Türe(ガス密気密式3枚扉)」の納品について、クレマトリウムIIIにはクレマトリウムIIにすでに設置されているものと同じ「100/192」の注文について書かれており、「Kellertür ... mit Guckloch aus doppelten 8 mm Glass mit Gummidichtung and Beschlag(セラードア ... 8mmダブルガラス製覗き穴付き、ゴムシールとフィッティング付き)」として言及されている。

殺人ガス室の存在を否定することがきっかけとなった研究の結果、アウシュビッツ国立博物館ポーランドにおけるヒトラーの犯罪を調査するためのワルシャワ中央の文書館で、さらなる物的証拠が発見されたのであった。DAW(ドイツ機器工場)が行うべき作業に関する建設管理部の注文書に見られる証拠や、金属工場(「Schlosserei」)で完成した作業について言及している証拠は、フォーリソン裁判ですでに生み出されていたが、何ら利用されることなく終わっていた。他の証拠はすべて、それまでフランスでは知られていなかったものだ。

 

クレマトリエンIIとIIIのための
再現図面

捕虜収容所の全体計画の一部、1943年3月20日の建設管理部図面2216。[PMO neg. no. 20583] 

  • 1 Stck Handgriff für Gastür D 12 [mm] [注文]      
  • 1 Gasdichtctür [呼称]      
  • Eine Gastür 100/192 [cm] (Kellertür mit Guckloch aus doppelten 8 mm Glass mit Gummidichtung und Beschlag) [注文書]       
  • 10 Gasprüfer [注文]      
  • Vergasungskeller [呼称]      
  • Krematorium II: livré le... / 1943年3月31日、正式に引き渡された      
  • 4 Drahinetzeinschiebvorrichtung —
  • 4 Holzblenden [呼称]       
  • Auskleidekeller (II) [5つの呼称]      
  • Ausklcideraum [呼称]      
  • Auskleidekeller [2つの呼称]      
  • Auskleideraum [呼称]      
  • Flachessen für (1)/5 Stück Gastürbeschläge [注文]       
  • Beschläge für 1 Stück Gastür [注文]      
  • 1 Gasdichtetür [呼称]      
  • 14 Brausen (dummy) [呼称]       
  • Eine Gastür 100/192 [cm] [注文書]      
  • Krematorium III: livré le ... / 1943年6月25日、正式に引き渡される    

 

Page432

クレマトリウムIIの犯罪痕跡  

  1. 「Vergasungskeller / ガス処理用地下室」 [写真1]  
    [PMO file BW 30/40, page 100]   

    1943年1月29日の書簡。建築管理部長のビショフSS大尉(アウシュヴィッツ武装親衛隊及び警察中央建設管理部)から、ポロックSS少尉(建築部)が登録し、ベルリンのカムラーSS少将にあてた、クレマトリウムⅡの作業の進展に関するもので、「Vergasungskeller」という語が用いられている。手紙に同封されていた検査報告書から、消去法で、ビショフがVergasungskellerを使って、クレマトリウムIIの「Leichenkeller 1」を指定したことを立証することができる。

  2. 「10 Gasprüfer / ガス検知器」   [写真2] 
    [PMO file BW 30/40, page 48] 

    1943年2月26日1820時、SS少尉ポロックが送った電報、SS少尉キルシュネック(建築課専門家・技術者)とイェーリング(民間人職員、加熱技術者)の署名入り、エアフルトのトプフ&サンズ社に、BW30(クレマトリウムII)用の「10個のガス検知器」[ガス室の換気装置の効果をチェックするため]を直ちに発送してほしいとの要請。1943年3月1日から7日の週に、トプフ取付工メッシングはクレマトリウムⅡのLeichenkeller Iの吸排気システムを立ち上げ、翌週の8日から14日にかけて、この部屋での最初の殺人ガス処理、3月14日の1500名のクラクフユダヤ人のガス処理の直前にテストを行なった。焼却炉や穀物サイロの金属部品メーカーであるトプフ社は、この種の装置を製造することができず、下請けに出したのだろう。   

  3. 「1 Stck Ilandgriff für Gastür D12 / ガス[気密]ドア用ハンドル、直径12[Ø]mm」[写真3] 

    [ヘス裁判の第11巻。「Schlosserei WL / 金属加工工場WL」と呼ばれる書籍に関する付属文書15。オリジナルはもうアウシュビッツ国立博物館にはなく、モスクワの「十月革命」中央国家文書館に保存されていると思われる。この本は、ビルケナウ・クレマティアの建設と維持のために、建設管理部の命令に従って金属加工工場が行なった作業の記録を含んでいる。これらの命令のいくつかは現存しており、PMOアーカイブスの「Zentral Bauleitung der Waffen-SS und Polizei, Auschwitz OS (Bestellscheine für) Deutsche Ausrüstungswerke, Auschwitz OS, 1943-1944/上シレジア、アウシュビッツ武装親衛隊および警察の中央建設管理部(注文書)ドイツ設備工場、アウシュビッツ上シレジア 1943-1944」、現在はファイルBW 30/31として分類、総ページ416、マイクロフィルムNo 1258として保存されてる。ヘス裁判の第11巻の附属書14からのある種の抜粋は、1945年10月22日の報告で、建設管理部の敷地内でファイルが発見されたことを示すものである。ファイルBW 30/31は、「Schlosserei WL」と区別するため、単に「Schlosserei」ファイルと表記するのは誤りである。]

    6.3.43, Nr 162. KGL Krematorium II BW 30.

    1943年3月5日に建設管理部が64番で出した注文書を、3月6日にDAW金属加工工場が162番で受け取り、ビルケナウ・クレマトリウムII用の「ガス気密ドア用ハンドル1個、直径12[mm]」の製作を依頼したもの。これは3月10日に完成した。

  4. 「Auskleideraum / 脱衣室」 [Photo 4] 
    [PMO file BW 30/25. page 7]   

    1943年3月6日付、民間人イェーリング宛の手紙、建設管理部部長(現少佐)ビショフの署名入り、トプフ宛、クレマトリウムIIとIII(BW 30と30a)のライヘンケラー1を3つの強制吸引設備[集合煙突の隣]から来る空気で予熱できることに関するもの。Leichenkellerの予熱は、Leichenkeller 1がガス室ではなく、「典型的な地下死体安置所」であったとする修正主義者の主張を完全に打ち砕くものである。なぜ、涼しいはずの部屋を暖めようとするのだろうか? もし、この部屋が死体安置所からガス室へと機能を変え、導入された製品が急速に蒸発するのに十分な高温を必要としなければならなかったとしたら、この考えは馬鹿げていることになる。このプロジェクトはクレマトリウムIIでのみ実現され、実際に3つの「Saugzuganlagen」が設置された。この強制通風機の3つの電気モーターが過熱し、そのうちの1つが原因で火災が発生したため[Part2、Chepter3のヘンリク・タウバーによる記述を参照]、「Saugzuganlagen」は解体され、クレマトリウムIIIにも計画されていたこの強制通風システムは放棄され、Leichenkeller lの予熱方法としての提案にも終止符が打たれることになった。この手紙には、「Auskleideraum/脱衣室」[Leichenkeller 2用]の排気システムの変更についても言及されているが、該当するKrematoriumは特定されていない。 この言葉はIIとIIIのどちらにも当てはまるが、2つの建物の建設段階との関係から、この手紙はクレマトリウムIIのLeichenkeller 2を指している可能性が高く、Leichenkeller lと同様にその機能は今や変化していた。    

 

Page433

写真2

写真3

写真4

 

Page434

  1. Auskleidekeller [言及4回]、Auskleidekeller II [言及1回] / 脱衣用地下室  [写真5、6、7] 
    [PMO file BW 30/41, pages 25, 26 and 28, dated 8th to 14th March and 22nd to 31st March 1943]

    これらの「Arbeitszeit-Bescheinigungen / 工程表」は、エアフルトのトプフ&サンズに雇われていた組立工メッシングが、1943年1月5日から6月9日の間にクレマトリアンIIとIIIの換気装置を設置したことに関するものである。[この設置の「日記」は、第二部第六章「クレマトリエンIIとIIIの換気装置」に全文が複製され、翻訳されている]。  

    外部の会社に雇われた民間人が、ビルケナウ・クレマトリエンⅡとIII、そのLeichenkeller l、Leichenkeller 2、Ofenraum、言い換えれば、ガス室、脱衣室、炉室で6ヶ月間働いていたのである。3月5日から14日の週には、Leichenkeller 2を示す「Auskleidekeller」という用語が登場する。「地下死体安置所」の換気に取り組んでいた彼が、ビルケナウに到着して2ヶ月後に、それを「脱衣室」と呼ぶのは非常に驚くべきことであるように思われる。証拠はないが、メッシングが毎週末に勤務表を記入していたことは事実上確かなようである。最初の殺人ガス処刑は3月14日日曜日の夕方に行なわれ、メッシングは、脱衣室としてはまだ使われていなかったLeichenkeller 2で一日中働いていたので(犠牲者はクレマトリアンIIの北庭に仮設された小屋で脱衣した)、彼がこのガス処刑を目撃しなかったとしても、ある準備と噂話は隠し難く、メッシングがLeichenkeller 2にその真の機能の名前を付けるよう仕向けたことは明らかであろう。残念ながら、Leichenkeller 1がガス室であったと書く勇気はなく、欲望も機会もなかったのだろう。

    3月8日から14日までの記載は、異議を唱えることはできない。作業現場はBW30(またはクレマトリウムII)、作業していた部屋はセラーIIと明記され、「脱衣」セラーとして言及されている。他の記述では、「Auskleidekeller」という単語は、「II」がなくても、同じ部屋を直接指しており、これらの記述は、Leichenkeller 2が脱衣所になったことを示す多くの追加の証拠となる。

  2. Gastür 100/192 für Leichenkeller 1 / ガス[気密]ドア 100x192 地下死体安置所用 1

    「... Auftrag vom 6.3.43 über Lieferung einer Gastür 100/192 für Leichenkeller 1 ... die ganau nach Art und Mass der Kellertür des gegenüberliegenden Krematorium II mit Guckloch aus doppelten 8 - mm - Glas mit Gummidichtung und Beschlag auszuführen ist / ...1943年3月6日の注文で地下死体安置所1のガス[密閉]ドア100x192の納入について...クレマトリウムIIの地下室のドアと同じパターンと寸法で製作すること...8mmガラスの覗き穴、ゴムシールの帯と枠付き[クレマトリウムIIIと反対側]。」

    [ファイルBW 30/34、49ページ(最初のオリジナルは「Türme / towers」)、50ページ(2番目のオリジナルは2つの「Türme」の1つを「Türen / doors」に訂正した)。ホーエス裁判の第11巻の附属書3(ポーランドの審査判事ヤン・セーンが認証したコピーで、2つの「Türme」を「Türen / doors」に置き換えたもの)]。

     

    ビショッフSS少佐の署名と筆者のイニシャルが入った1943年3月3日のキルシュネックの書簡[写真8]の第2段落には、クレマトリウムIIIのLeichenkeller Iに、クレマトリウムIIの地下室の扉[Leichenkeller 1]とまったく同じように建設する、幅100センチ、高さ192センチのガス[気密]扉に関する1943年3月6日の注文が語られている。このパラグラフは、クレマトリエンIIとIIIに関して重要である。なぜなら、彼らのLeichenkeller Iにはそれぞれ、ゴム製の密閉帯と検査用の覗き穴のついた「ガスドア」が取り付けられていたことを示しているからである。このタイプのドアは消毒用ガス室で使われていた。1979-50年までは、「Vergasungskeller」と関連して、クレマトリエンIIとIIIの殺人ガス室の存在を証明する文書とみなされていたが、今では、非常に危うい証拠の一部となっているが、それ以上のものでもない。Leichenkeller 1が消毒ガス室であると仮定すれば、「Gastür(ガスドア)」と適合させることは、正常であり、論理的なことである。一方、「典型的な死体安置所」とも言えなくなった。修正主義者は、あらゆる手段を講じて、まず、安置室は匂いと感染性の細菌を封じ込めるために、そのようなドアを備えていなければならないと主張し、次に、上部換気孔カバーに行なわれた毒物分析がシアンの存在を示したことに対して、気密ドアを備えたこの「典型的死体安置室」はチクロンB(殺虫剤!)で消毒されているので、心配する必要はないと説明したが、クレマトリウムⅡの地下室を示す図面932は、地下室が「Leichenkeller/死体安置室」(あるいは死体安置室)と指定されており、そこへのアクセスは、単一のドア100/192ではなく、二重ドア190/190を通っていたことを示していることは事実として残っている。死体安置所はガス室に改造され、それを証明する文書があるが、 しかし、この改造は修正主義者には完全に受け入れられるはずである。なぜなら、彼らの言う「消毒された(チクロンBで!)死体安置所」は依然として有効だからだ。クレマトリウムIIIの「消毒された死体安置所」に「14 Brausen/14の[DUMMY]シャワー」があったことを、彼らの「説明」に組み込むだけでよいのである。

    この手紙には、「ガス」の部品の発注時期が驚くほど一致していることが書かれている。3月5日、クレマトリウムIIの「Gastür」用の取っ手が注文されたが、この扉はすでに取り付けられていたのだろう。6日には、クレマトリウムIIIのための別の「Gastür」の注文があり、別の書簡では、おそらくクレマトリウムIIにある「脱衣室」についての言及があった。1週間後の14日、1500名のクラクフユダヤ人のグループが、クレマトリウムIIの「Vergasungskeller (1 )」を落成させた。

    [追記:「Schlosserei WL」ファイルのオリジナルがPMOアーカイブスでもはや参照できないのは残念である。クレマトリウムIIのそれについての記述は、より疑わしい。なぜなら、このファイルの最初の注文は1943年2月5日付けであり、それ以前にドアが作られた可能性があるからである。第二に、「Gastür」のシール・ストリップは、ゴム製と計画されていたが、実際にはフェルト製であったことは確かである] 

写真5

 

Page435

写真6

写真7

 

Page436

  1. 「1 Gasdichtetür / ガス気密ドア 1枚」 [写真9と10]   
    [File BW 30/43, page 34, verso of the Krematorium II handover document dated 3lst March 1943, the recto being BW 30/43, page 9]

    この文書は有望視され、殺人ガス室の物質的実在を証明するものと考えられた。1980年6月30日の午後、ソルボンヌ大学で開かれた社会科学高等研究所の「ナチス・ドイツユダヤ人の大量虐殺」についてのコロキアムで初めて公式に明らかにされ、西ベルリンのウォルフガング・シェフラー教授による「ガス室」についての論文の中で最重要ではないにしても最重要ポイントの一つであった。クレマトリエンⅡとIIIの主な「異常」機能を想起した後、Leichenkeller Iの予熱の可能性について言及し(6/3/43の書簡、ファイルBW 30/25、7頁、[PartⅡ、Chapter 6])、青酸が気化するには26℃が必要なのでガス室として使われたことのしるしとして、シュレフラーは、建物の公式引渡時の記述を引用して、「一つのガス気密扉」について言及している。コロキアムでは、5行の抜粋(写真10の4行目から8行目)が示されただけで、出典の記載もなく、原文の複製も提示されなかった。出所を問われ、彼はモスクワで手に入れたと答えた。後日、「写真もコピーもできないから伝わらない」と言われたが、信じがたい話である。この未知の抄録は、まったく脈絡なく提示され、新しいことも「決定的」なことも何ももたらさなかったが、Leichenkeller 1の一つの入り口にはガス気密ドアが取り付けられていたことが確認されたことだけは、1943年3月31日の手紙[写真8]ですでに明確に述べられていた。彼の論文は伝統的なものであり、凡庸とまでは言えないが、コロキアムの出版物には掲載されず、ガス室が提起した問題ではなく、「ガストラック」の専門家として認められているウーヴェ・ディートリッヒ ADAM(テュービンゲン大学)の論文に取って代わられた。実はこの文書は、モスクワの「十月革命」中央国家公文書館から出たものである。ワルシャワ中央委員会に送られた後、ウィーンに送られ、1972年初め、「火葬場の建築家」元SS将校ウォルター・デジャコとフリッツ・アートルの裁判で、同じタイプの他の文書とともに提出されたが、これは、クレマトリアムIIのLeichenkeller 1の入り口のドアがガス密閉されていたことを正式に示すものである。これは、クレマトリアンII、III、IV、Vのある部屋がガス気密化されていたことを示す一連の「犯罪の痕跡」の一部を形成している。 Wシェフラーが持っていたのは、ビルケナウ・クレマトリエンの受け入れに関する8ページほどのコピーだけであったようだ。合計すると、これよりも多くなるはずである。

    写真9は、BW30/43の9ページ、クレマトリウムⅡの引き渡し文書の表面で、建物が囚人と外部の民間人を使って、労働者のように建設されたと述べている。関与した主な企業だけが記載されているが、他の企業もあった。

    写真10はBW30/43の34ページ、クレマトリウムⅡの引き渡し文書の裏面である。この文書の唯一の実質的な意義は、「Gastür」の意味をとやかく言うことはできても、「Gasdichtetür」については、もはやそうではない、ということである。

  2. 4 Drahtnetzeinschiebvorrichtung / 金網導入装置4台 [写真11]

  3. 4 Holzblenden / 木製カバー4個
    [File BW 30/43, page 12 for both] 

    地下室に関する1943年3月31日のクレマトリウムⅡ引き渡し文書[写真9]に添付された目録。記入した事務員が間違えて、一部の行を間違えて記入している。 4つの金網導入装置」と「4つの木のカバー」は、クレマトリウムIIのLeichenkeller1に設置され、表示されているLeichenkeller 2にはなかった(この逆転現象の実証は、「一つの証明、一つの単一証明」の最後を参照)。この4つの装置とそのカバーは、Leichenkeller 1(クレマトリウムIIのガス室)にチクロンBを導入するために使われた。1944年8月24日のアメリカの航空写真によると、4つの導入ポイントは、東側半分の部屋の長さを走る線に沿って配置されていた。現在の遺跡では、この開口部のうち2つが南端に見えるが、西側半分に残っている。この矛盾については、これまで誰も気に留めず、説明もしてこなかったようだ。この文書は、クレマトリウムⅡのLeichenkeller 1が殺人ガス室として使われたことを示す重要な証拠である。

写真8

 

Page437

写真9

写真10

 

Page438

  1. Auskleideraum / 脱衣室 [写真4] 
    [File BW 30/25, page 7] 

    記憶のために引用したこの用語は、文書の日付から見て、IIIよりもクレマトリウムIIを指している可能性が高い。しかし、1943年3月6日の書簡は、「クレマトリウムIII」の両方に関係しているので、クレマトリウムIIIに関しても言及する必要がある。「Krem. II und III KGL, BW 30 u. 30a」の両方に関係しているからである。

  2. Gastür / ガス[気密]ドア 100 x 192      [写真8] 

    「Auftrag vom 6.3.43 über Lieferung einer Gastür 100/192 für Leichenkeller 1 des Krematoriums III, BW 30a ... / クレマトリウムIIIの死体倉庫1用の100 x 192のガス[密閉]ドアの納入に関する1943年3月6日の命令、作業現場30a...」[File 30/34, pages 49 and 50, and Annex 3 to Volume 11 of the Hoess trial] 

    1943年3月31日の書簡(クレマトリウムⅡについては、ポイント6ですでに引用されている)には、クレマトリウムⅡのLeichenkeller 1には「ガスドア」が取り付けられていたことが明確に示されている。この文書にある「Gastür(ガスドア)」という言葉の妥当性を争うことは考えられるが、1943年6月24日のクレマトリウムIIIの引き渡し文書に付属する目録には、そのLeichenkeller 1には「Gasdichtetür/ガス気密扉」があったと正式に述べており、「Gastür」の意味を疑う余地もないのである。  

  3. Auskleidekeller [two mentions] / 脱衣地下室 [写真12と13
    [File BW 30/41, pages l0 and 11]   

    工程表(クレマトリウムIIについては、すでにポイント5で引用している)にメッシングは、トプフ&サンズに雇われていた組立工であるが、1943年4月13日から22日の週に、クレマトリウムIIIの「建築物30a」で、「脱衣室」、他の記載によるとLeichenkeller 2に排気システムを取り付ける仕事をしたと記している。彼は、クレマトリウムIIIの「死体安置室」2が、クレマトリウムIIの場合と同じように、脱衣室になっていたことを指摘している。   

  4. Flacheisen für (1)15 Stück Gastürbeschläge / ガス[密閉]ドア用金具(1)5セット用フラットアイアンバー      [写真14と15] 

    [ファイルBW 30/31、「Schlosserei」の誤記、1943年4月16日の命令。オリジナルの文書は「金属加工」のファイルにはもうない。この文書だけが紛失しており、意図的に「遺失」されたのではなく、研究のためにアウシュヴィッツ博物館のメンバーに発行され、まだ文書館に戻されていないようである。写真14と15は、ヘス裁判の第11巻の付属文書14のもので、「中央建設管理部」から「Schlosserei」への命令、あるいは「Schlosserei」が発行した命令を含む黒いファイルからのいくつもの抜粋をあげている。]

    作業現場BW 30aおよび30b[クレマトリエンIIIおよびIV]のガス[気密]ドア5個用の金具に必要な鉄に関する1943年4月16日の金属加工工場の発注書。 

    2つのクレマトリウムに対して1つの命令が出されたので、一見すると、それぞれの扉の数は確定できないように見えるが、「Schlosserei WL」ファイルにある同じ日付の命令322によって、5つの「Gastüre」を割り当てることが可能になった。1つはクレマトリウムIIIに、他の4つはクレマトリウムIVに割り当てられた。

写真11

 

写真18

 

Page439

  1. Beschlage für 1 Stück Gasfür / ガス[タイト]ドア1枚用継ぎ手       [写真16]

    [Volume 11 of the Hoess trial, Annex 15, known as "Schlosserei WL", order No 322 of 16th April 1943] 1943年4月16日命令322号。クレマトリウムIII作業所30a:1242の補足命令。件名。注文957に従った、すでに納入されたガスドア1つ用の継ぎ手。作業員。ミレック。完了。1943年4月20日。 

    注文957と1242は、ポーランドソ連の調査委員会によって発見されなかった「Schlosserei WL」の前の、別の登録に対応している。1943年4月16日の「Schlosserei」による、5つの「Gastüre」の取り付け具に必要な鉄の注文から、注文322と323は5つのガスドア用の取り付け具である:Krematorium III用(322)1つとIV用(323)4つである。

  2. 1 Gasdichtetür / ガス気密ドア1枚      [写真17と18] 

  3. 14 Brausen/ [偽装]シャワー14個
    [File BW 30/43, page 24]  

    1943年6月24日付けのクレマトリウムIIIの引き渡し文書[写真17]に附属する目録[写真18]、建設管理部長のビショフとその将校の一人キルシュネックの署名[ファイルBW 30/43]。この文書の裏面は現時点では不明なので、クレマトリウムⅡの引き渡し文書の裏面のように、そこに地下の「Gasdichtetür」の存在が記されているかどうかは不明である。「2年保証」とあるのは誤りで、2社が建設管理部にそのような保証をすることを拒否している。炉を建設したトプフ社は、このような期間は計画された焼却率とは相容れないと考えた。クレマトリエンの「異常」機能を完全に認識していたトプフ社の技術者が示した留保は、非常に理解できるものであった。フータの下請け会社であるヴェーダグは、クレマトリエンIIとIIIの地下室と「地下室」の防湿を担当し、技術的な理由から、これらの建物の水密性を2年間保証することを拒否した。

    この文書[写真18]は、クレマトリウムIIIのLeichenkeller 1に殺人ガス室が存在したことを間接的に証明する、現在知られている唯一のものである。この点についての詳しい説明は、「一つの証明、一つの証明」を参照。 

写真12

 

写真13

 

Page440

写真14

写真15

 

Page441

写真16

写真17

 

Page442

クレマトリエンIVおよびVのための再現図面 
捕虜収容所の全体図面の一部、1943年3月20日の図面2216 [PMO neg. no. 20583]

  • 12 Stück gasdichten Türen ca 30/40 cm [4件の言及と1件の注文]      
  • Gassdichten Fenster versetzen [2件の言及]      
  • Fußboden betonieren im Gasskammer[2件の言及]  
  • Gastürenverankerungen [注文]      
  • 4 dichte Türen mit Türfutter [注文と新規注文の言及]       
  • Livré le / 1943年3月22日、正式に引き渡された      
  • Livré le /  1943年4月4日、正式に引き渡された      
  • Gastüren einsetzen [2件の言及]       
  • 24 Stück Ankerschrauben für gasdichte Türen lt Skizze [注文]       
  • Drei gasdichte Türe (Türen, Türme) [注文の記載と注意事項]
  • (4)5 Stück Gastürbeschläige [注文]      
  • WL Schlosserei liefert für 4 gasdichte Türen: Die Beschläge wie bereits schon einmal geliefert [注文]   

 

Page443

クレマトリエンIVとVのための犯罪の痕跡

[ファイルBW(作業場)30bと30c、クレマティエンIVとVでそれぞれ発見された犯罪の痕跡は、命令が原則として両方の建物に対して出されたので、一緒に論じられる。]

17.    12 Stuck gasdichlen Türen ca 30/40 cm 
 ガス気密式ドア約30×40cm[4つの言及]12枚 [写真19] 
[File BW 30/31, incorrectly known as "Schlosserei", (Bestellscheine des Zentral-Bauleitung, 1943), page 385]

        中央建設管理局がアウシュヴィッツ・ドイツ備品工場の木工工場に出したKZLのクレマトリエIVとVの13/2143の命令、1943年2月20日に納品するように。

“Anfertigung von:
12 Stück gasdichten Türen ca 30/40 cm genau wie bereits angefertigte in der Häftlingstischlerei mit Riegel u. Verschluss."

製作物:
囚人の木工所で既に作られた約30×40cmのガス密閉ドア12枚。ボルトとキャッチ付き。

文官タイクマンの署名とビショフの連署。1943年2月15日、DAWに受領される。


「Türen/ドア」という言葉は、30センチ×40センチの開口部、つまり小窓のサイズにはとても適さないが、それでも、クレマトリウムIVのガス室にこの窓を取り付けなければならなかったリーデル&ゾーンの民間作業員が、より正しく「ガス気密窓」と呼ぶようになるまで4回も使われたのだ。クレマトリウムにはそれぞれこのような窓が6つあり、そのガス室には7つのチクロンB導入口が取り付けられるようになっていた。この矛盾は、今なら説明できる(ポイント22参照)。 クレマトリウムIVの解体、クレマトリウムVの破壊の後に残った3つの窓から、2種類の「gasdichte Fenster」が作られたことがわかる。1943年2月13日の命令で作られた1番目のものは、開閉に2回の操作が必要だったが、2番目のものは1回で済んだ。この命令は、クレマトリウムIVにガス室が存在したことを証明する年代的連鎖の最初のリンクであり、西側の部屋にはガス気密ドアと窓が設置されていた。   

17a.   12 Stück gasdichte Türen ca 30/40 cm  [写真20]  
[File BW 30/31, page 385a]

1943年2月13日付注文書の裏面

a)      1943年2月24日のDAW WL金属加工工場による扉用金具の製造と、その製造に使用された鉄の説明。[写真20、上]

b)     1943年2月25日、木工所による「ドア」の製作と組み立て。扉と枠の両方にフェルト(Filz)を貼って気密性を高めており、現在残っている3枚にもこの素材が残っていた。[写真20、下]

12枚の「ドア」は1943年2月26日に納品された。

17b.   1943年2月24日のドア金具の納品書    [写真21] 
[File BW 30/31, Page 386] 

DAWの事務局が記入したもので、金属加工工場で完成したドアフィリングを、ドアを製作し組み立てる木工工場に移管したことを記したものである。 

写真21

 

Page444

写真19

 

写真20

 

Page445

  1. Gas[s]dichtenfenster versetzen / 気密ドアの装着[1回の言及]   [写真22と23]
    [File BW 30/28, page 73]

    ビーリッツの民間企業リーデル&サンは、クレマトリウムIVとVの建設に参加した。その現場監督の一人は、1943年2月28日日曜日のタイムシートで、「Einäscherungsanlage 4」(「火葬設備」あるいはクレマトリウムIV)に関して、「行った仕事」のポイント5に、次のように記している。「Gassdichtenfenster versetzen / 気密ドアのフィット」とある。クレマトリウムIVの平面図には部屋のラベルがないため、リーデルの監督は部下が作業している場所には一般的な表記を使わなければならなかった。例えば、2月25日、26日、27日には、完成間近の遺体安置所兼脱衣所を「die grosse Raum/大きな部屋」と呼んでいた。28日、作業は建物の東側(明示)と西側(翌日の作業から推測される)で行われた。  

写真22

 

写真23

 

Page446

  1. betonieren im Gas[s]kammer [一回の言及] / ガス室コンクリート  [写真24と25] 
    [File BW 30/28, page 68]  

    1943年3月2日火曜日、2日前に機能が特定されていない部屋にガス気密窓を取り付けたリーデルの現場監督は、再びそこで働き、感覚的に自分が「ガス室」にいることを推論していた。彼の日報には、ポイント5(窓のある部屋)で言及されている。「Fußboden Aufschüttung auffülen, stampfen und Fußboden betonieren im Gasskammer/地面を硬い盛り土で覆い、踏み固め、ガス室の床をコンクリートで固める」クレマトリエンIVとVの建設中に記入されたタイムシートや報告書の中で、この言葉が含まれているのはこの1枚だけである。翌日からは、「in beiden Kammern」または「im Zweiten Kammern」[「両方の部屋」または「二つ目の部屋」]のような一般的な用語だけが使われた。1943年3月3日、4日、5日のタイムシートによると、これらの2つの部屋はクレマトリウムIVの西部に位置していた。

    1982年まで、クレマトリエンⅣとⅤにガス室があったことを示す資料的証拠はなかった。この「民間人のスリップ」は37年間も気づかれなかったが、1982年7月、ついにPMOアーカイブズで発見された。1982年7月にEcole des Hautes Etudes en Sociales(社会科学高等研究院)で開催された「NAZI GERMANY AND THE JEWISH GENOCIDE(ナチス・ドイツユダヤ人大虐殺)」についてのコロキウムで初めて明らかにされ[その議事録は1985年11月まで出版されなかった]、私の論文「LES KREMATORIEN IV et V de BIRKENAU(ビルケナウのクレマトリエンIV・V)」で1982年7月から9月の間に出版されている Centre de Documentation Juive Contemporaine(現代ユダヤ教資料センター) ("Le Monde juif") No 107に掲載されたのだ。その後、私は、この文書が1983年11月にSeuilから出版された『L'ALBUM D'AUSCHWITZ(アウシュビッツ・アルバム)』の218ページに再び掲載されるようにし、最近では、G .ウェラーズが1984年9月にEditions de Minuitから出版した 『Les chambres à gaz, Secret d'Etat(ガス室、国家機密)』200ページとイラストとファクシミリの11ページにおいてアウシュビッツに関する章でまた取り上げている。それまで発見されておらず、私以外の者も決定的であると考えていた「Gas[s]kammer」という語の高い初期値は、今では、4つのビルケナウ・クレマトリエンの既知の「犯罪の痕跡」の再録リストの中の資料19という単なる歴史的証拠の一つとなってしまっている。

写真24

写真25

 

Page447

  1. Gas[s]dichtenfenster versetzen [2回の言及] ガス気密窓の装着    [写真26、27、28] 
    [File BW 30/38, page 61] 

    ファイルBW30/38は81ページで、2つのパートに分けることができる。最初のページ1から42は、1942年11月9日から1943年1月23日までのクレマトリウムIII[IV]とIV[V]の殻の建設、次に1月25日から1943年2月21日までのクレマトリウムII[III]についての、フータ監督コルベの時間表が含まれている。2つ目の43ページから81ページは、1943年1月23日から4月10日までのクレマトリエンIVとVの完成までのこの作業の継続をまとめたものである。最初のタイムシートにはフータが行った作業が記載されており、コルベ監督の署名と作業現場担当のSSの副署名がある。しかし、再録部分は、緑色のインクで書かれた手書きのシートの本の形をしており(44ページから75ページ)、会社名も著者名も書かれていない。その文章はリーデル&ソンの「Tageberichten」をそのまま再現しており、KOEHLFR氏による煙突の建設に関する経過報告(ファイルBW 30/28との比較により確認)も補足されている。このノートは、出所も作者も不明だが、収容所解放後に書かれた可能性があるので、真偽を確認する必要がある。

    ノートブックそのものが当時のものであること、本文が既知の文献をそのままコピーしたものではないことを証明する必要がある。4ページ中の1ページの足元に「G.4 Waisenhaus-Buchdruckerei Kassel ( 1935 ) DinA4 doppelt」とあるように、紙そのものは1935年に印刷されたものである[写真29]。このタイプのシートは一般的で誰でも使えたのかもしれない。1945年、フランス軍法務部は、KLナッツヴァイラー(ストルトホーフの強制収容所)のガス室の存在を証明しようとして、1943年5月20日から8月28日までの建設日記[写真26]を発見したが、その中には、8月3日付け、収容所建設管理部責任者のハイダーSS少尉の署名入りでガス室での作業を記録し、「Gasraum」3回と「Gaskammer」1回の言及がある頁[写真27]が含まれているのだった。ストラスブールの第X管区軍事法廷の審査判事ジャディン大尉の事務所が出版したアルバム『CAMP DE CONCENTRACION STRUTHOF』に、このページの複製写真(間違いなく証拠となる)が掲載されていたのである。この著作の大部分は、もはや入手できないが、このガス室の運用に関するあいまいさを取り除くために、1985年3月に、資料とコメントを加えて再出版された(「L'ALBUM DU STRUTHOF」、ジャン・クロード・プレサックによる紹介と注、ベアテ・クラスフェルト財団)。このページの下部には、ファイルBW 30/38の記録ノートに見られるのと同じ銘文があり、アウシュヴィッツやナッツヴァイラーなどの強制収容所の「建設管理」がこの種の紙を使用していたことを示している。BW 30/38の本文については、BW 30/28と比較して相違点がある。リーデル社の仕事のほかにケーラー社の仕事があり、ケーラー社が出勤している日は、リーデル社のタイムシートに記載されている労働力より多く、2社の合計雇用人数に相当する。しかし、ファイルBW s30/28には、BW 30/38のノートと全く同じように書かれた、ケーラー氏の「Tagelohn Zettel / 日工程表」があり、従事した人数や仕事の内容が記載されているので、単にコピーであり、原本の価値はないと考えることもできるかもしれない。しかし、この手帳の著者は、労務の数字を集計する必要があり、ケーラーが行った仕事の主要な内容しか記録していないため、この仮定は見た目ほど正当なものではない。PMO アーカイブスに保存されている BW 30/25 から 30/43 のどのファイルにも記述がない電気工事については、明らかな違いがある(写真22と28を比較すると、後者では労働力の数値が増加し、以下の追加テキストが表示されている[行 18-20]「Stemmen und putzen bei Elektri[c]ker und bei Ofen Pflaster legen / 電気工のために鑢と漆喰を、炉のそばに瓦を敷き詰める」)。これにより、ノートの真正性が確立される。

    1943年2月28日の工程表には、「Gas[s]dichtenfenster versetzen / ガス気密窓の装着」とある(写真28の14行目と15行目)。「 Gas-」ではなく「Gass-」というスペルミスまでコピーされていることに注目したい。

  2. betonieren im Gas[s]kammer [2回の言及]    [写真29と30]
    [File BW 30/38, pages 62 and 63]

    1943年3月2日の日報には、[写真29の28行目と写真30の1行目]「und Fußboden betonieren im Gas[s]kammer / 及びガス室内のコンクリート床」と書かれている。同じ間違いが再びコピーされている。

  3. 4 gasdichte Türe / ガス気密ドア4枚
    [Order No 226/80/17 of 18th January 1943 for Krematorium IV - NOT FOUND]

    1月18日に、クレマトリウムIVのための4つのガス気密ドアが発注されていたことは、それに言及している2つの文書によって立証されている。「Schlosserei WL」ファイルの2月19日の命令109号[写真32]と、ヘス裁判の第11巻の付属文書3の1943年3月31日の書簡[写真33と34]である。原本はまだ見つかっていない。

    この「phanthom」文書は、クレマトリウムIVに殺人ガス室が存在したことの「決定的」証拠ではないが、それがどのように計画、建設、使用されたかを理解し、立証するのに役立っている。

    Le Monde Juif』の「Les Krematorien IV et V de Birkenau(ビルケナウのクレマトリエンⅣとⅤ)」に関する私の記事で述べたことに反して、上記の3つの文書[写真31、32、33]と、1942年8月14日のクレマトリウム図面1678と1943年1月11日の2036とがあれば、クレマトリエンⅣとVが犯罪装置として設計されたことがわかるが、建設と運営の過程で加えられた修正によってその作動順序は不合理なものとなっている。

    クレマトリウムIIは、2種類の操作順序で犯罪的に使用された。1週間か2週間(ヘンリク・タウバーによると1943年3月)、犠牲者は次のルートをたどった:北庭の外部脱衣小屋、地下ガス室[Leichenkeller 1]一階炉室。死体保管室は予定されていなかった(ただし、1階の「Waschraum」は応急処置としてこの目的に使われた)。ガス室そのものがその機能を担っており、それは当初計画されたものであった。その後、仮設を解体し、クレマトリエンⅡ、Ⅲの「通例」となるルートで犠牲者は移動した。地下の脱衣室[Leichenkeller 2]、地下のガス室[Leichenkeller 1]、1階の炉の部屋である。

    建設管理部は、クレマトリウムIVの図面を2枚だけ作成し、クレマトリウムVにも有効な図面を作成した。これらの図面を「Schlosserei WL」のオーダーと比較すると、次のような変遷があることがわかる。
・ 予備計画:1942年8月14日の図面1678に基づき、2つの双子式4マッフル焼却炉と東側の関連室を持つ炉室だけが示されており、安全空気ロックを通して、長さ不明の大きなガス室につながっていた。 私は、この不完全な部屋がガス室であると述べているが、これは、この部屋と炉の部屋のあいだにストーブと緩衝エアロックがあることを説明するためである(死体安置室とは定義上、涼しくしておかなければならない)。ストーブからの煙道は、地下を通って、双子のの4マッフル炉の一つの煙突に通じている。この未完成な準備プロジェクトは、西側に脱衣所を設けることで、西から東へ一直線に機能するようにできたはずだ。理由は不明だが、ガス室の自然換気中に炉の中で偶発的に中毒を起こす危険性があったためと思われる。

・ 最初の設計:1943年1月11日の図面2036、1943年1月18日と3月19日の命令で、クレマトリエンIVとVの両方にガス密閉ドア4枚と1943年2月13日の命令でガス密閉窓12枚(建物ごとに6枚)に基づくもの。

この図面は、西側の2つの部屋がガス室であることを示しており、それぞれにストーブがあり、ガス気密性を高めるために、4つのドア(各部屋2つ)と6つの窓(各部屋3つ)を必要とし、1つは、外側にある他の5つの部屋と違って、部屋にアクセスする廊下の内側にある)。犠牲者は、ガス室1あるいはガス室2、廊下、前庭、死体安置室(中央の部屋)、炉の部屋という経路をたどることになる。この順序は直線的であり、したがって、論理的である。

産業用語では、2つの製造ユニット[ガス室1と2]が交互に製品[死体]を供給し、[火葬炉で]消費されるのを待つ間、倉庫[死体安置所]に保管されるのである。人間でいえば、クレマトリウムIVの西の端から自分の足で入ってきて、東の端から煙突の煙という形で外に出て行くということだ。

2つのガス室とその通路は西端にあり、死体安置所や炉の部屋で働く人々に危険を及ぼすことなく、自然換気を可能にしている。しかし、この建物には脱衣室がない。被害者は外で服を脱がなければならない。建設管理部はこの問題を解決するために、Kr IV.の反対側にある「リング通り(環状道路)」に、この目的のための「厩舎型」の小屋を建てることができるだろう。

・ 第二の設計:1943年3月31日の書簡とS. ドラゴンの証言にもとづいて、二つのガス室と廊下からなるガス灯ユニットを作成した。気密性を高めるために、3つのドアと6〜7つの窓が必要である。死体安置室を脱衣室として使用する可能性を加えると、前庭からの入場、脱衣室[中央室]、前庭、二つのガス室の西側ユニットと廊下、前庭、死体安置室[中央室]、炉室という順序が得られる。そのため、この記事で述べたような「直線的でなく、非論理的な操作順序」になってしまったのである。

 

Page448

Auschwitz Album(アウシュヴィッツ・アルバム)』のクレマトリウムIVの写真によると、ガス気密ドアが廊下に取り付けられており、前庭を通らずに、外部に直接アクセスできるようになっていた。1944年5月か6月に撮影された写真に写っているこの追加ドアは、クレマティエンIVとVに提案された第3の設計と関係があるはずだ。

・ 第3のデザイン:S・ドラゴンの証言と図面、クレマトリウムVの遺跡に基づく。このデザインはクレマトリウムVにも採用され、おそらくクレマトリウムIVにも採用されたと思われる。これは、少人数の犠牲者にガスを供給する必要があったことと、チクロンBの供給が不十分であったことが原因であった。西側のユニットには、廊下を1:2の割合で2つに分けて、4番目のガス室が作られた[クレマトリウムVの廃墟に見える]。4つのガス室は、それぞれガス気密でなければならず、チクロンBを流し込むための7つの開口部を持つ6つのドア(または廊下の外扉を含めて7つ)が必要であった。クレマトリウムIVの廃墟は、そこに第4のガス室が設置されたかどうかを示すものではない。

 

私が最初に説明したのは、クレマトリエンIVとVの設計を、その最終状態とクレマトリエンIIとIIIの地下室で行われた修正に基づいて説明しようとしたため、間違いが生じたのである。また、当時の図面や写真と現存する遺跡を比較することで、明らかにわかるような改変が行われていた。 

その他にも、クレマトリエンの内部配置に大きなバリエーションがあることがわかる。
・ クレマトリウムIIのガス室[Leichenkeller I]は、労働に適さない人々の小さなグループを「処置」できるように、二つに分けられた(1944年、ヘンリク・タウバーによると)。クレマトリウムIIIもこのように改造されたのかどうかは不明である。
・ 1944年の夏、クレマトリウムVの敷地内に、炉が使えないので、火葬用の溝が[5つ]掘られた。その結果、作業順序は当初の設計とは逆に、東から西へと、前庭、脱衣室(中央室)、ガス室、焼却溝という順序になった。天候のよいときには、犠牲者はガス室に入る前に外で服を脱いだが、これは当初の設計どおりであった(写真による証拠:3枚の「ポーランドレジスタンス」の写真)。 

クレマトリエンIVとVのガス気密扉の発注については、不明な点が多く残っている。最後の「ガスドア」がクレマトリウムVに取り付けられたのは、1943年4月16日と17日、すなわち、建物の公式受諾から12日と13日後のことであると思われるが、1943年6月6日のクレマトリウムIVとVの金具用の鉄、クレマトリウムIV用の4つのガス気密ドアの金具、そして4月17日のクレマトリウム保守サービスでの、クレマトリウムIV用の新しいドア4枚の注文は現在の知識からすると説明がつかないのである。最初のタイプのドアは満足のいくものではなかったので、SSは、ガス気密窓のように、取り扱いを容易にしたり、強度を高めたり、その他の改良を加え、2種類のモデルが作られたのかもしれない。 
  1. Gastüren verankerungen 210 Stk / ガス気密ドア用アンカー210個    [写真31]
    [File BW 30/26, page 68. line 8]

    クレマトリウムIVの注文書、リーデル&サン社による内装工事中に発行されたもので、1943年2月15日付け[と書かれているように1942年ではない]、特にガス気密ドアを固定するための210個のアンカーを要求している。4つのガス気密ドアの注文の1ヶ月後、「12 gasdichten Türen ca 30/40 cm」の注文の2日後、これらの「ドア」[窓]が取り付けられる13日前に出されたこのメモは、これらの注文と直接関係があり、クレマトリウムIVの「ガス」の良い追加証拠となっている。

写真26


写真26の一部の翻訳

工事日誌

新しい建築のために:アルザス、ナッツィヴィラーの強制収容所

     1943年5月20日から
     1943年8月28日まで

 

Page449

写真27

写真27の一部の翻訳

TAGESBERICHT ÜBER DEN BAUBETRIEB / 作業日誌  
      
[4行目] レンガ職人:10 (h)     管理者:ストリュートフ - ガス室での作業 ["Gasraum"] (a-a on drwg 187)      
[16行目] 屋根職人:5 (h)      監理者:ストリュートフ -ガス室 [“Gaskammer”] 抽出ダクトを延長し、支持ブラケットを1つ取り付ける (a-a drwg 187)     
[20行目]  労働:          
[line 21] 塗装工: (60) (h)    監理者:管理棟 (a-a of drwg 137) 及びガス室 [“Gasraum”] での作業      
[line 22] レンガ職人:40 (h)    監理者:ストリュートフ - ガス室での作業 [“Gasraum”] (a-a on drwg 187)     

 

Page450

写真28

 

写真29

 

写真30

 

Page451

写真31

 

写真32

 

Page452

  1. 4 dichte Türen, mit Türfutter / 4枚の密閉ドア、ライニング付き         [写真32]
    [Annex 15 to volume 11 of the Hoess trial, concerning “Schlosserei WL”, Order No 109 of 19th February 1943] 

    翻訳

    1943年2月19日 No 109 捕虜収容所作業現場30b [クレマトリウムIV]
    件名:密閉ドア4枚、ライニング付き。— 建設管理部の指示による。建設管理部発行の1943年1月19日付命令2261/80/17による寸法100 x 205 cm。旧囚人の金属加工工場から移管された注文書。 

    この注文は、単に「8つのドア」というだけなので、全く問題ないと思われるかもしれないが、実は「4 [gas]dichte Türen」という犯罪的な要求である。1943年3月31日の手紙[写真33]は、1943年1月18日の2261/80/17に分類されたこの命令の不履行に関するもので、ガス密閉式のドアであることを想起させる。扉の数が3つになったのは、クレマトリウムIVの使用方法を想定しての変更である。クレマトリウムIVにガス気密窓を注文してから取り付けられるまで15日かかったが、その1カ月前に出されたドアの注文はまだ実行されていない。さらに、1943年3月31日の手紙は、ほぼ1ヵ月半が経過しても状況が変わらなかったことを証明している。元受刑者の金属加工工場からDAWの金属加工工場への注文の移行が遅かったことは確かである。クレマトリウムIVは3月22日に引き渡され、3月31日にはガス気密ドアがまだ完成していなかったので、引き渡されたときにはまだ稼働しておらず、後になって稼働するようになったと結論することができる。4月16日と17日にクレマトリウムVに取り付けられたドアは、クレマトリウムIV用に注文されたもので、そうであれば、4月16日に出されたクレマトリウムIVの新しい注文は説明できる。

  2. drei gasdichte Türe (Türme, Türen)/ 3つのガス気密ドア(タワー、ドア)     [写真33、34、35] 
    ·    [Türe: Annex 3 (page 61) of Volume 11 (microfilm 205) of the Hoess trial certified an authentic copy by the Polish examining judge Jan Sehn;      
    ·    Türme: File BW 30/34, page 49. First carbon copy of the letter of 31st March 1943. No 26171/43, containing the word “Türme / towers” twice:      
    ·    Türen: File BW 30/34. page 50. Second “corrected” carbon copy, with one of the two “Türme” changed to “Türen”.] 

    1943年3月31日の書簡、SS少佐ビショフの署名、SS少尉キルシュネックの起草と副署、DAW宛、BW30b[クレマトリウム4]に対する1943年1月18日の命令2261/80/17に言及している。最初の段落だけがこの命令に関係している。

    翻訳

    上記の書簡[1943年3月24日付]に返答すると、1943年1月18日の命令に従って、作業場30b[クレマトリウムIV]と30c[クレマトリウムV]に、以前に納入された扉とまったく同じ寸法と模様のガス気密扉を3つ製作することが確認された。 

    手紙の主題はクレマトリウムIVの注文であり、最初の段落ではクレマトリウムIVとVの注文とされている。建物30bと30cに使われている単数形の冠詞「das / the」は、クレマトリエンIVとVの建設に携わった人々が、それらを一つの仕事または作業現場として参照する習慣を示しており、やはり一般に一つのユニットとみなされるクレマトリエンIIとIIIのそれとは区別される。これは、2組の建物の性質が異なるために生じたものである。3つのガス気密ドアは、クレマトリウムIVの西側にある2つの部屋と廊下からなるユニット全体をガス気密にするためのものであった。ある修正主義者は、この「drei gasdichte Türe」(「gas[s]kammer」と呼ばれ、「gas[s]dichtefenster」が設置された建物)命令を、死体安置所(建物の中央室)に横たわる死者の衣服を処理するとされる、クレマトリウムⅡの殺菌消毒[sic]ガス室の設置に関係していると急いで説明しようとしている。では、わずか110メートルしか離れていないZentral Saunaにある3つの消毒用オートクレーブと4つのトプフ熱風消毒室(オーブン)の目的は何であったのだろうかと思う。大規模な作戦のための殺人ガス室の存在を認めない人々の中には、クレマトリウムIVの西側部分に「Gas-」の接頭辞が雪崩を打ったことの合理的な説明をすることができず、「sniffings」(小規模、孤立したガス注入)の可能性を認めたが、この提案は殺人ガス室が存在しないというドグマとフランスの高僧の教義に反するので、その後、「消毒」バージョンに結集している。

写真33
 

Page453

写真34


写真35

 

Page454

この証拠に対する唯一の批判は、この証拠が戦後、審査判事ヤン・セーンの認証したコピーという形で流布されたことである。正確なコピーでないテキストをオリジナルと「一致するものとして認証」したこと、もっと乱暴に言えば、真実でないコピーに法的地位を与えたことに責任がある。

しかし、「3つのガス気密タワー」とはどういう意味なのだろう? クレマトリエンIVとVの通常使用と犯罪使用の文脈では何もないようである。これらのクレマトリエンについて知られている建設管理部では、「Turm」という単語は使われていない。クレマトリウムIVに関する既存の文書との関連では、シェル、屋根、内部配置のどの側面にも当てはまらない。さらに、この手紙をタイプした人は、この手紙の著者ではない。この誤りは、書かれた下書きや口述メモをコピーしたことに起因する。書き間違いがあった。ヤン・セーンが「Türme」を「Türe[n]」に置き換えたのは全く正しい。特に1943年1月18日の命令109はこの訂正を完全に裏付けている。ヤン・セーン氏を批判するつもりは毛頭ないが、彼はこの文書が「重要な証拠」となることを予見していなかったのだろうと、私は考えている。 その際、彼はコピー用紙の下段に変更する理由を明記すべきだったのだ。しかし、ヘス裁判のために証拠が収集された1945-47年には、SSと囚人のすべての証人がまだ生きており、彼らの記憶はそのままで、事実は明白だったので、ヤン・セーンは、この二つの証拠についての私の発言を理解することができないだろう。

最後に、「Türme」を「Türen」に訂正したのが誰なのかは不明である。もし、このように修正された文書が見つかったのであれば、そのことを明示し、法的に指摘すべきであった。そうでなければ、この手書きの変更にどうしても疑問が残るからである。

この2つの「原本」は、実は、発見されていない本物の原本のカーボンコピーに過ぎない。そのためか、4つある「Türme」のうち1つだけが修正され、カーボンは単にファイルのために保管されている。

  1. Flacheisen für (4)/5 Stück Gastürbeschläge / ガス[気密]ドア装着用用の鉄棒(4)/(5)セット  [写真14と15]  
    [File BW 30/31, "Schlosserei" order of 16th April 1943] 

    1943年4月16日の命令(ポイント13参照)に言及、作業現場30aと30b[クレマトリエンIIとIV(註:原文(プレサック本)のままであるが30aと30bは「ⅣとⅤ」を示すので誤りである)]の5つのガス[密閉]ドアのための金具を製造するために必要な鉄棒を要求。このうち4枚はクレマトリウムIVのための扉であった。1943年1月18日の命令の3つの扉と1943年4月16日の4つの扉との間の不一致は明らかで、気密性を高めるべき施設に従って説明されているに過ぎない。すなわち、クレマトリウムIVの西側部分全体(3ドア)、あるいは、廊下を除く二つのメインルーム(4ドア)、あるいは、外部から廊下に直接アクセスできる追加ドアを持つ西側部分全体[証拠写真:スイル社刊『L’ Album d’Auschwitz(アウシュヴィッツアルバム)』205頁](4ドア)。次の注文は、この鉄で作られるガス密閉式のドア継ぎ手に関するもので、この注文と論理的に対応している。

  2. für 4 gasdichte Türen / ガス密閉式ドア4枚用:「WL Schlosserei liefert für 4 gasdichte Türen: Die beschlüge vie bereits schon einmal geliefert / WL金属加工工場がガス密閉用ドア4枚を供給:すでに一度供給されたような装具」    [写真16] 
    [Annex 15 to volume 11 of the Hoess trial, or report of 24th July 1945 on the "Schlosserei WL", Order 323 of 16th April 1943]  

    翻訳

    1943年4月16日 No 323 KGL BW30b [捕虜収容所(ビルケナウ)クレマトリウムIV]
    件名:WI.金属加工工場にガス密閉用ドア4枚を供給。すでに一度供給されたような装具。 ドアはHall IIで製作され、建具もHall IIに搬入される予定である。
    運用:ミレック。完成:1943年4月20日。 

    クレマトリウムIVが正式に引き渡されたのは1944年(註:原文のママであるが1943年の誤り)3月22日であり、ガス室のドアが引き渡されたのは、受諾からほぼ1ヵ月後であったことは間違いないようである。同様に、クレマトリウムVのガス気密扉は、正式な完成から12日後に取り付けられた。

  3. 24 Ankerschrauben für gasdu[i]chte Türen It. Skizze / ガス気密ドア用アンカーボルト24本(スケッチによる)    [写真36]
    [Annex 15 to Volume 11 of the Hoess Trial, “Schlosserei WI” Order 280 of 6th April 1943]

    翻訳

    1943年4月6日 No 280。中央建設管理部、捕虜収容所クレマトリウム4 [IV] と5 [V] BW 30bと30e。件名:ガスタイトドア用アンカーボルト24本(スケッチ通り)。受注生産。製作・納品。納期:1943年4月10日。建設管理部命令1943年4月3日No149。
    運用ウロベル。完成:1943年4月9日。

    この注文のファイルを見ることができないので、アンカーポイントの位置やドアごとの数はわからない。実際、スケッチに記載されているかどうかは疑問であり、固定ボルトが1本である可能性が高い。 

  4. Gastüren einsetzen / ガス[気密]ドアを装着する [2件の言及]   [写真37] 
    [File BW _30/26, page 27] 

    1943年4月16日金曜日と17日土曜日、カトヴィッツの民間企業フータに雇用されていたゼッテルマン技師は、タイムシート/日報167と168に、クレマトリウムVの「ガスドア」の取り付けを記入したが、後者は4月4日に公式に受理されていたのだった。2日間の6人(作業現場担当のSS軍曹ルガート.を含む)の作業を説明する正確な文章は、

    「Fenstergittern einsetzen, Entwasserung(sarbeiteu) und Gastüren einsetzen / 窓枠の取り付け、水切り(作業)、ガスドアの取り付け」

    これらの手書きの日報は、その簡潔さにもかかわらず、クレマトリウムVにガス室が設置されたことの唯一の物的証拠であり、その存在の開始の正確な日付を示している。1943年4月18日である。

[補足の痕跡(クレマトリエンIIとIII)]

  1. Der [Leichen]Keller 1 mit der Abluft aus den Räumen der 3 Saugzuganlagen vorgewärmt wird /(死体用)地下室Iは、3つの強制通風装置を備えた部屋からの排気で予熱されることになる     [写真4]
    [File BW 30/25. page 7]

  2. Die Warmluftzuführungsanlage für den Leichenkeller I / Leichenkeller Iの熱風供給設備工事  
    [File BW 30/25, page 8: for Photo see Document 39 Part II, Chapter 5]

    死体安置所の暖房はナンセンスである。この2通の手紙の抜粋は、資本的に重要な犯罪痕跡である。

 

Page455

写真36

 

写真37

 

Page456

  1. Beschläge für gasdichte Tür / ガス気密ドアの金具    [写真38]
    [Annex 15 to Volume 11 of the Hoess trial, “Schlosserei WL”, Order 516 of 17th June 1943]

    翻訳

    1943年6月17日No 516 管理部門V 4 [ビルケナウ・クレマトリエン]。
    1893、2085指令のガス密閉ドア用金具を製造する金属加工工場。Hall IIが主な注文先である。必要であれば、ミュールバッハ監督に相談して欲しい。
    管理部門V 4 1943年5月7日の命令No 148。
    運用:ミレック。完成:1943年6月10日。 

    この注文書はビルケナウ・クレマトリウムの保守サービスから出されたものであるが、金具の行き先については触れられていない。日付から見て、新しいドアは、不具合か破損したドアと交換するために取り付けられていたのであろう。

  2. 1 Schlüssel für Gaskammer / ガス室用キー1個     [写真38]   
    [Annex 15 to Volume 11of the Hoess trial, “Schlosserei WL”, Order 600 of 12th July 1943]

    翻訳

    1943年7月12日No 600。クレマトリウム–管理部門。
    件名:ガス室用キー1個
    SS病院薬局のSS隊長に報告する。
    1943年7月9日付BBD管理命令第87ブロック。
    運用:ゴデルスキ。完成:1943年7月13日。

    この注文は、まさに怪しげな「痕跡」のお手本と言えるであろう。クレマトリウムのメンテナンスサービスから出されたこの依頼は、ガス室の鍵の製作を依頼したものだと理解できるかもしれないが、行き先のクレマトリウムは不明である。SS病院の薬剤師に報告せよという命令と、「ブロック」という単語は、現在の我々の知識では理解しがたい。14ブロック(ソ連館)の1階には、おそらく今も、チクロンB貯蔵用の鍵が展示されているが、火葬場の殺人ガス室のドアには鍵がつけられていなかった。   

  3. Die Beschläge zu I Tür mit Rahmen, luftdicht mit Spion für Gaskammer /
    ガスチャンバー用覗き窓付き気密扉(フレーム付き)1枚用取付金具    [写真39]
    [Annex 15 to Volume 11 of the Hoess trial, “Schlosserei WL”, Order 459 of 28th May 1943] 

    翻訳

    1943年5月28日No 459。消毒室 アウシュビッツ強制収容所[すなわち基幹収容所、ビルケナウではない]。
    件名:
    1. ガス室用覗き窓付き気密扉・枠1枚用金具。
    2. ラス・ドア。カポ・キュンヌはこのことを知っている。
    管理部門V 4、1943年1月25日の命令No 158/2と2a。
    運用:ミレック。完成:1943年6月10日。 

    この命令はビルケナウ・クレマトリエンとは関係がなく、基幹収容所の殺菌消毒ガス室の一つ、おそらくブロック1のガス室宛のものであった。

    この命令の文章は、Rフォーリソンが、クレマトリウムIVの「ガス室」が普通の「殺菌消毒ガス室」にすぎないことを証明することを目的とした彼の小さな著作「Réponse a Pierre Vidal-Naquet(ピエール・ヴィダル・ナケへの応答)」[80頁、第2版(増補)、La Vieille Taupe、1982]で使用されている。

    この文書は証拠となるものではないが、原本を使用する際に注意しなければならないことを示すために提示されているにすぎない。

結論

要約すると、4つのビルケナウ・クレマトリウムの建設に関するファイルを研究すると、39のさまざまな種類の「伝票」あるいは「犯罪の痕跡」が明らかになり、その大半は、4つのクレマトリウムの特定の部屋を「Gasdichte」あるいはガス気密にする意図を示す材料証拠となっている。ガス密閉の扉と14個のシャワーヘッドの相性の悪さは、この部屋の1つがHOMICIDAL GAS CHAMBER〈殺人ガス室〉として使われていることを間接的に証明している。秘密であるはずのこのテーマが、当時の上部シレジア全域で公然の秘密となったことに関するこのような軽率な文書の蓄積を見れば、もはやビルケナウの殺人ガス室の存在に異議を唱えたり否定したりすることはできないだろう。 

 

Page457

写真38

 

写真39