PART THREE CHAPTER 3 1945年5月24日のヘンリク・タウバーの供述調書

この資料は、ジャン・クロード・プレサックによる『アウシュヴィッツ ガス室の技術と操作』を翻訳したものです。

phdn.org

 目次 - アウシュビッツ ガス室の技術と操作 J-C・プレサック著

特定のページのリンクを貼りたい場合は、

このページのURL + #p + 三桁のページ番号

としてください。

[例:チクロンBの取扱説明書のあるページ(Page018)を指定したい場合]

https://holocaust.hatenadiary.com/entry/2020/08/21/031127#p018

Page481

CHAPTER 3 1945年5月24日のヘンリク・タウバーの供述調書

クレマトリエンI、II、IV、Vの
元ゾンダーコマンドのメンバー

はじめに

ヘンリク・タウバーの証言[資料1、2、3、4]は、ビルケナウ・クレマトリエンに関して存在する最高のものである。歴史的な信頼度は95%であり、他を寄せ付けない存在である。高等教育を受けていないにもかかわらず、ヘンリク・タウバーは、脚光を浴びることを望まず、控えめな人物であったが、そのことは完璧に覚えていた。彼は、クレマトリエンの設備と働きについて、正確で詳細な説明をした唯一の人である。彼の極めて正確な証言は、歴史学者にはほとんど使われてこなかったが、それは単に彼らが理解できなかったからである。「フォーリソン裁判」では、タウバーの名前はまるで出なかった。その理由は、タウバーの説明を理解し、何よりもその良さを理解するためには、前提の配置をしっかりと頭に入れなければならないからである。

PMOの通訳者であるドロタ・リシュカさんが口頭で訳してくれた時、私は目を閉じ、タウバー氏がクレマトリウムIIの各所を案内してくれるのを、死んだような口調ながらも聞き取ることができた。私が知っている多くの証言や告白の中で、タウバーの記述のような正確さを持つものはなかった。原版に限りなく近い形で、全文を紹介するべきだと思った。私は、ドロタ・リシュカ氏とアダム・ルトコウスキー氏によるポーランド語の翻訳を使用したが、読者がヘンリク・タウバーに導かれるように、私自身のコメントと参考文献を加えて翻訳したものである。

その姿勢を非難する人もいるだろう。「ストーカー」としての仕事を大事にしすぎて、火葬の汚い現実をこのような技術的な言い方で覆い隠してしまったと非難する人もいるだろう。私としては、この特別な証人を少しも批判するつもりはない。大げさな非難や政治的な言及をしない中立的な口調は、我慢できる限界であり、「凶器」の事実と冷静な研究に必要な歴史的詮索にまさに適している。

ヘンリク・タウバー氏の宣誓証言のおかげで、最後の最後で、私が無効にしようとしていたポール・ベンデル博士の証言を証明することができた。


資料1

 

資料2


資料1と2
PMO photos, neg. nos 21334/64 and /65 

1945年5月か6月、ポーランドの判事ヤン・セーンに証言した時の私服姿のヘンリク・タウバー氏。その表情からは、ヤン・セーンにとっての証言の価値が主観的に伝わってくる。アウシュビッツ・ビルケナウで行われた犯罪を研究する上で、重要な要素である。


資料3

 

資料4


資料3と4:
PMO photos neg Nos 21334/123 and /122

1945年5月か6月、写真家のために新しい私服の上に古いゼブラスーツを着ているヘンリク・タウバー氏。胸には囚人番号90142と、政治犯の赤い三角形の上にユダヤ人であることを示す黄色い棒が描かれている。タウバーが生き残ったのは、おそらく「ストーカー」という非常に特殊な職務に就いていたからだと思われる。このため、SSが1945年1月までに彼を処刑するには、あまりにも必要不可欠で貴重な存在だった。

 

Page482

註:以下、ヘンリク・タウバーの宣誓供述書における証言は、以前にポーランドの証言集サイト(CHRONICLES OF TERROR)上にある英訳からその全文を翻訳しています。

アウシュヴィッツの様々な議論(9):証人の宣誓供述書1:ヘンリク・タウバー|蜻蛉|note

従って、本来は全く同じ資料のはずですが、上記サイトとプレサック本(翻訳自体はプレサックではないらしいが)による英訳の違いや、その英訳からの邦訳による変化などで多少の差異があり、いずれかが訳を誤っていると考えられる箇所も若干あります。もし翻訳に問題があると考えられる場合はそれらを相互に比較するといいかもしれません。証言集サイトにはポーランド語による原文もあります。

 

ヘス裁判の第XI巻の附属書18

 

1945年5月24日、アウシュヴィッツにおいて、クラクフの審査判事ヤン・セーン、ポーランドにおけるヒトラー系犯罪の調査中央委員会の委員は、クラクフ地方裁判所副検事の要請により、同検事の立会いのもと、同検事の参加を得てエドワード・ペチャルスキは、第254条に従い、刑法第107条と第115条に関連して、元アウシュヴィッツ強制収容所囚人90124を尋問し、次のように証言した。 

私はヘンリク・タウバーです。1917年7月8日にフシャヌフでアブラハム・タウバーとミンダ・ネー・シーヨノビッチの息子として生まれ、未婚、ユダヤ信仰、ポーランド国籍、市民権、靴職人、フシャヌフのグルヌワルツカ通り1に居住、警察記録なしです。

1939年に戦争が始まるまで、私は近しい家族12人とともにフシャヌフに住んでいました。この家族の中で、戦争を生き延びたのは、義兄の一人と私一人です。ロシアに行った兄の消息は、今でも全く分かりません。何度も収用や転居を繰り返した後、私と家族は離れ離れになり、私はクラクフのゲットーにいることになりました。そこで私は1942年11月に逮捕され、ヨゼフィンスカ通り31番地のユダヤ人警察刑務所に収監されました。1943年1月19日、私はクラクフのゲットーから来た400人のユダヤ人とモンテルピッチ[クラクフ刑務所]から来た800人のアーリア人と共にアウシュヴィッツに移送されました。この輸送は、男性約800人、女性約400人で構成されていました。アウシュビッツ駅に到着すると、女性は男性から分離され、ビルケナウの女性収容所に設置されました。 250人のユダヤ人捕虜と約550人のアーリア人のグループに混じって、私はブロック27、セクターBIbに配属されました。このブロックは未完成で、窓もドアも寝台もありません。その後、同じ区画の22番と20番にも行きました。私は、ブナ(モノヴィッツ)で数日過ごし、そこから、私のグループからチフスが検出されたので、ビルケナウに戻され、BIb地区の21ブロックに入れられたのです。その間に、登録の手続きがあり、私は機械組み立て工の資格を持っていることを表明しました。

1943年2月の初め、Arbeitsdienst(労働奉仕)の伍長グロールとArbeitseinsatz(労働配備)のミクシュ囚人が我々のブロックに来て、そこに住んでいた囚人の中から、アウシュヴィッツの作業場での仕事になるはずであった専門家を選び出したのです。20人の若いユダヤ人が選ばれました。その後、IVブロック(メインキャンプ)に連れて行かれ、医師の診察を受け、全員健康であると診断されました。同じ日、私たちはSSの監視下でトラックでアウシュビッツに連れて行かれ、ブロックXI[本収容所]のバンカー7[地下の房]に収容されました。翌日、私たち20人の捕虜は、より強力なSSの監視下で、後で知ったことですが、クレマトリウムIが設置されているバンカーに連れて行かれました。そこで、7人のユダヤ人、その中のヤンコフスキーと3人のポーランド人に会いました。カポはクラクフ出身のミエテック・モラワ。彼は背が高く、金髪でスリムな24歳くらいの男性です。兄弟の1人は、クラクフでボクサーをしていました。モラワの家族はデブニカーチ(クラクフの一地区)に住んでいたと聞いています。最初の火葬場[Kr I]で活動した当初から、彼は非常に厳格なカポで、ドイツ人が命令した仕事を規則にしたがって実行しました。その後、ビルケナウ・クレマトリエンII・IIIのオーバーカポ(主席カポ)に昇進しました。当時、私たちは400人ほどいて、もう十分長いこと働いていたので、何があってもいいように、そして誰にも私たちの皿に唾を吐かせないように(ポーランド語の表現:「誰にも私たちの上を歩かせない」)、私たちと仲良く暮らそうとしたのです。

火葬場(Kr I)に到着した翌日[資料5]、名前を忘れたSS伍長(軍曹)が激励してくれました[この場面は、当時フェンスで囲われていた火葬場Iの北西の庭で起こった]。そして、「これから嫌な仕事にも慣れていかなければならない、そして、ある時期が過ぎれば、それ以上の困難は生じない」と忠告してくれました。彼はずっとポーランド語で話していました。そのとき、彼は一度も「人間の体を焼かなければならない」と言ったことはありません。そして、演説が終わるや否や、「Los, an die Arbeit!」 [よーし、仕事だ]と命じて、私たちの頭を棍棒で叩き始めたのです。ミエテク・モロワと一緒に、私たちをクレマトリウムIのバンカー(Leichenkeller、死体安置所)に連れて行き、そこで何百もの死体を発見しました。汚れたまま、凍ったまま、山積みになっていました。多くの人が血まみれで、頭蓋骨が砕かれ、解剖の結果か、腹が開いている人もいました。すべて凍っていたので、斧で切り離さなければなりませんでした。伍長とカポのモラワに殴られ、嫌がらせを受けながら、これらの死体を「ハジコウニア」(ドイツ・ポーランド語で「ボイラー室」の意味)に引きずり込みました。そこには、3つの炉があり、それぞれに2つのマッフルがありました[資料6]。私は、ソ連委員会が使った命名法に従って、死体焼却炉[A-資料5参照]を「マッフル」と命名しています。


資料5


資料5:クレマトリウムIの図面
[PMO neg, no. 20818/1]

エアフルトのJ Aトプフ&ゼーネ社による図面No D.59042、1941年9月25日付け。 「Einbau einer Einäscherungsanlage fur KL. Auschwitz / アウシュビッツ強制収容所火葬施設設置工事」

[この図面は、「Druckluftgebläse / パルスエアブロワー」を搭載した3番目の炉「Neuer Ofen / 新しい炉」の設置に関するものである]


資料6


資料6
[Photo on page 65 of "KL AUSCHWITZ" published by the Auschwitz International Committee, undated] 

クレマトリウムI炉室の東側角の現在の状態。収容所解放後に発見された3台の死体装入台車のうち2台は、火葬マフラーの前の場所に戻されている。左のものは車輪がなく、手前のものは操縦ハンドルがないなど、不完全なものである。この写真を見れば、実際にアウシュビッツを訪れたことのない人でも、一つのマッフルに12体の死体を入れることが可能であったとする証言の価値について、意見を述べることができる。この写真を見ると、ヘンリク・タウバーが提唱した5人の「ムゼルマン」という数字でさえ、可能性の限界に達していることがよくわかる。

註:「一つのマッフルに12体の死体を入れることが可能であったとする証言」とは、アルター・ファインシルバー(スタニスワフ・ヤンコウスキー)の証言のことであるが、当該箇所の証言内容は、その字義通り解釈すると意味不明であり、「一つのマッフルに12体の死体を入れることが可能」とファインシルバーが字義通りの意味で語ったと解釈するのは不合理である。この件に関してはこちらを確認してほしいが、出来るだけ意味の通じるように訳し方を変えたとしても、「12体」と「5体」では差があり過ぎて、不合理な文章であることは変わらない。従って、宣誓証言の記述者がファインシルバーの言っている意味を理解していなかったが故の誤記述(ファインシルバー自身も記述されたものをしっかり確認しなかった)と解釈するのが妥当だと思えるのだが、もちろん真相は不明ではある。ファインシルバーが生存している間に誰か確認して欲しかった。

 

Page483

ボイラー室(B, Ofenraum / furnace room, 別名Heizraum / hajcownia)では、炉の間に設置されたレールの上を走る高いプラットフォームのトロッコに死体を乗せました。このトロッコは、死体のあるバンカー[E, Leichenhalle / morgue]のドア[D]から、「ボイラー室」を横切るターンテーブル[F. Drehscheibe / szajba]上を、広いレール[C]で走っていました。そこからさらに細いレール[G]が伸びていて、そこにトロリー本体が乗り、各マッフルにつながっています。トロッコは4つの金属製の車輪で走っていました。その丈夫な骨組みを箱型にし、重くするために石や廃材で重しをしました。上部には2mを超える金属の滑り台が伸びていました。この上に5つの死体を乗せます。まず、足を炉の方に向け、腹を上にして2体、次に逆に腹を上にして2体、最後に5体目を足を炉の方に向け、背中を上にして乗せるのです。この最後の一人の腕が垂れ下がって、下にある他の体を抱きしめているように見えました。

[この数は、ヘンリク・タウバーが以下に正式に述べているように、痩せ衰えた死体でなければ不可能である。  普通の大人の体であれば、一度に2〜3体以上の装填は難しいだろう。しかし、アルター・ファインジルベルク、別名スタニスワフ・ヤンコフスキーのような証人が、1945年4月の供述で、クレマトリウムIでの滞在について述べている場合、このようなことはない。「この開口部(マッフル)には、12体の死体を入れるスペースがありましたが、5体までしか入れませんでした。というのも、その方が早く燃えるからです(!)」プロパガンダに過ぎない姿を糾弾するのは当然である。普通の観光客としてアウシュビッツを訪れ、黙祷を捧げた後、クレマトリウムIの再建された二つの炉の4つのぽっかりと開いた口を見たり調べたりした人なら、これ以上説明しなくても私のことを理解してくれるであろう。我々はここに、ミクロス・ニーシュリ博士が用いた有名な4倍率(通常の火葬能力である3体×4倍=12)を見るのである]

その重量はバラストの重量を超えることもあり、トロッコが傾いて死体がこぼれないように、トロッコの下に板を滑り込ませて支えなければなりませんでした。スライドを装填したら、マッフルに押し込みました。死体が炉の中に入れられると、私たちは金属製の箱を使って、投入スライドの上に滑らせながら死体をそこに保持し、他の囚人たちは死体を残して台車を引き戻しました。スライドの先には、スライドボックスを握って引き戻すためのハンドルがありました。そして、(マッフルの)扉を閉めたのです。クレマトリウムIには、前にも述べたように、2つのマッフル炉が3つありました。1つのマッフルで五つの人体を焼却できます。この火葬場では、30体の死体を同時に焼却することができました。私が働いていた頃は、このような装填(1マッフルに5体)の焼却に1時間半もかかっていたのです。というのも、それは非常に細い人の死体で、本物の骸骨で、非常にゆっくりと燃えるからです。クレマトリウムII・IIIで火葬を見ていた経験から、太っている人の体は非常に早く燃えることが分かっています。焼却の際、人間の脂肪を燃焼させることで、さらに熱を発生させ、焼却のプロセスを加速させます。

これらの炉はすべて、私が「ボイラー室」と呼んでいるホールに置かれていました。この広間の入り口付近には、炉[H]が一つあり、その炉心[I, 火袋]は入り口の扉[M]の方を向き、マッフルは広間の内部に向かっていました。他の二人は反対側を向き、マッフルは玄関の方、炉床はホールの奥の方にあります。それらは部屋の反対側の端にありました。これらの炉はコークス焚きでした。炉の扉に刻まれた文字からわかるように、エアフルトの「トプフ&ゼーネ」社製です。遺体運搬用の台車もこの会社から供給されました。

[クレマトリウムIを現在訪れている人には、ヘンリク・タウバーが述べたとおりのものを見ることができるので、これらの正確な詳細は余計なものに見えるかもしれないが、この供述がなされた1945年5月末には、クレマトリウムIの内部はまだ空襲シェルターとして配置されていた。囚人の記憶をたよりに、初期の状態を確認する必要があった。その結果、内部を復元することができ、2つの炉は残っていた金属部品を使って再建され、煙突も立てられたのである]

「ボイラー室」の後ろには、小さなコークス貯蔵庫[J]とその横に小さな事務所[K. Schreibstube / szreibsztuba]、そして右側には人間の灰を入れた骨壷の貯蔵庫[L]がありました。現在「ボイラー室」と呼んでいるホールにつながる入口のドア[M]は、後から付けられたものです[資料7]。私がクレマトリウムIで働いていたころは、そのドアは存在しませんでした。私たちは、廊下(Vorraum)を通って、入口[P]の左側にあるドア[N]から「ボイラー室」に入っていました。[入り口の右側に]このタイプの[他の]ドアが2つありました。廊下の右側にある最初のドア[P]は、予備の火格子が保管されていた補助倉庫[Q、本来は「Aufbahrungsraum / Laying out room」と呼ばれる部屋]に通じていました。トラックで運ばれてくる小規模の輸送集団の男たちは、そこで服を脱いでいました。私がクレマトリウムIで働いていたとき、彼らは火葬場のバンカー[E]で撃たれました(ガス処刑をする建物の部分は「バンカー」と呼ばれました)。週に1〜2回、30〜40人ほどで運ばれてきます。国籍もバラバラ。処刑の間、私たちゾンダーコマンドのメンバーは、コークス貯蔵庫に閉じこもったのです。そして、バンカーの中で撃たれた人たちの遺体を見つけるのです。どの死体も首に銃創がありました(Genickschuss)。処刑はいつも、政治課(Politische Abteilung)の同じSS隊員が行い、同じ課の別のSS隊員が、撃たれた人々の死亡証明書を作成しました。カポ・モラワは銃処刑の時、コークス貯蔵庫で一緒にいませんでした。この間、彼が何をしていたかは知りません。私たちは、撃たれた人々のまだ温かく血まみれの死体をバンカーから「ボイラー室」まで運びました。廊下の右側にある2番目のドア[R]は、人間の灰を置く小さな部屋[S、当初はWaschraum/(死体)洗浄室と呼ばれていた]に通じていました。私たちはこの部屋を通って、私がそこにいた時には犠牲者を撃つために使われ、以前はガス処刑のために使われていたバンカー[E]本体にたどり着きました。1942年12月、ゾンダーコマンドの400名の捕虜がそこでガス処刑されました。クレマトリウムIで私の前に働いていた囚人たちは、私が彼らに会ったとき、そのことを話してくれました。私は、1943年2月の初めから3月4日まで、つまり1ヶ月あまり、クレマトリウムIで働きました。この間、私たちはXIブロックのバンカー(房)7に入れられました。2月の初めに、ビルケナウから来た2人の歯科医、チェコユダヤ人が私たちに加わるために送られたからです。クレマトリウムIで働いていた私が会った7名のユダヤ人もブロックXIに閉じ込められていましたが、別の房では、カポ・モラワと彼と一緒に働いていたポーランド人ヨゼクとワチェクが開放されているブロックXVに住んでいました[ブロックIIは、ブロック15と違って、内部の出入りと移動が制限されていない刑務所であった]。二人のチェコユダヤ人のほかに、その月の間に四人のポーランド人が仲間に加わりました。スタシェク、ウラデクという二人のチェコ人と、クラクフのウラディスラフ・ビスカップワルシャワ地方のパスというコミューンのヤン・アグレストフスキです。彼らの名前をよく覚えているのは、私が彼らのためにドイツ語で家族に手紙を書いたからです。これらの最後の4人のポーランド人は、XVブロックに収容されました。私たちが出勤するとき、クレマトリウムIで私たちより先にいた古いコマンドは、「クレマトリウムIコマンド」と呼ばれました。私たちのグループ、つまりXIブロックの22人のユダヤ人とそれに細々と加わっていた4人のポーランド人は、「コンマンド・クレマトリウムII」と呼ばれました。私たちは、なぜこのような別の指定があるのか理解できませんでした。後になって、私たちは、クレマトリウムIIで働くための準備として、クレマトリウムIで1ヶ月の実習をするために、そこに送られたのだと理解しました。 

私は、火葬場とそこで働いていたコマンドは、政治部の下にあったことを強調しておきます。これらのコマンドで働く囚人の個人的な記録は、政治部に保管されていました。私たちの病人は、(収容所の)病院ではなく、閉鎖されたブロックに設置された診療所に送られました。私たちが占拠したブロックは隔離されていました。アウシュヴィッツ(本収容所)では、これは閉鎖ブロックXIでした。コマンドを離れて別のコマンドに移る認可は、労働部ではなく、政治部に依存しました。主治医は、フランス系ユダヤ人のパッハ。彼は優秀な専門家で、SSの世話もしていたので、彼らのおかげでゾンダーコマンドのブロックから抜け出して、別のブロックに身を置くことができました。このことが政治部に伝わると、何カ月も空き区画で生活していたにもかかわらず、わたしたちの医務室へと急送されることになりました。クレマトリウムIでの私の訓練では、グラブナー親衛隊少尉とクワケルナク親衛隊上級軍曹が政治部の監督者でした。 私は、モラワが、私たちのグループの一人が死んだので、もう一人捕虜を与えてくれるようグラナーに頼まなければならなかったことを憶えています。グラブナーは、1人の「Zugang」(新しい到着者)を与えることはできないが、彼(モラワ)があと4人のユダヤ人を殺せば、5人の「到着者」を提供すると答えました。彼はまた、ミエテク(モラワ)に、私たちを何で殴るのかと尋ねました。ミエテクは彼に棒を見せました。グラブナーは鉄の火の棒を手に取り、それで私たちを殴るべきだと言いました。クレマトリウムIでの初日の作業終了後、私のグループのうち5人が体調不良を訴え、ブロックに残りました。翌日、クレマトリウムIのバンカーから遺体を引き揚げると、弾痕のない裸の死体がありました。ジャブ(30%フェノール溶液の心内注射)を打たれたのでしょう。1ヵ月後、22人のユダヤ人のうち、残ったのは12人だけでした。1943年3月4日、チエジンのブラディスワフ・トミチェク一人と私がすでに述べた4名のポーランド人(Biskupと他の人々)を含む私のグループは、ビルケナウに移送され、BIb地区の閉鎖ブロックIIに収容されました。後で知ったことですが、トミチェクは1941年にすでに火葬場[Kr I]で働いていました。彼は、1943年3月に我々のグループに配属される前は、1400何人かの囚人番号を持つ古株でした。工場や畜殺[または屠殺、ポーランドの 「rzeznia」 は両方の意味を持っている]場でしばらく働いた後、49人とともに秘密活動をしていた疑いで逮捕されました。全員がアウシュビッツのXIブロックに収監され、SS法廷によって死刑が宣告されました。グラブナー少尉は処刑の直前にトミチェクを認識し、ビルケナウの我々のグループに移しました。トミチェクはクレマトリウムII、後にクレマトリウムIVで採用されたコマンドのカポとして働いていました。1943年8月だったと思いますが、トミチェクは政治部に呼び出され、その日、曹長クアケルナックが彼の死体を運んできて、クレマトリウムVで焼却しました。トミチェクの頭は袋に包まれていましたが、その大きな体格から身元が判明しました。クアケルナックは、彼の体を炉の中に入れるのを自ら監督し、その後、出かけました。そして、炉の扉を開け、袋を解き、彼の顔をよく認識しました。彼はいい人であり、働き者で、私たちともきちんと付き合い、私たちの秘密活動のことも話していました。

1943年3月4日、私たちはSSの看守のもと、クレマトリウムIIに連れて行かれました。この火葬場の建設については、ブッヘンヴァルトから到着したばかりのカポ [ジュリアス] オーガスト [ブリュック。 資料8参照]が説明してくれました。クレマトリウムⅡには、脱衣室(Auskleideraum)[2 - 資料9参照]とバンカー、すなわちガス室(Leichenkeller / corpse cellar)[1]がある地下室がありました。地下室から別の地下室に行くために、外から[二重]階段[4、4']と、火葬場で焼却するために収容所に運ばれた死体を投げるための滑り台[死体シュート、5]がある廊下[3]があったのです。人々は、脱衣室[2a]のドアから廊下[3]に入り、そこから、右側のドア[la]を通って、ガス室[1]に入ったのです。火葬場の敷地[北ヤード]から伸びる第二の階段[6]は、廊下[3]にアクセスすることができました。この階段の左側、[廊下の]入り口に、髪や眼鏡などを収納する小さな部屋[7]がありました。右側には、チクロンBの缶の保管庫として使われた別の小部屋[8]がありました[ここで、この記述は混乱を招きかねない。タウバーは、地下の誰かに見える7号室と8号室の配置を記述していることを念頭に置くべきである]。廊下の右隅、脱衣室からのドアに面した壁には、死体を[一階の炉の根に]運ぶためのリフト[9]がありました。人々は、火葬場の庭から、鉄の手すりに囲まれた階段[10]を通って、脱衣室に行いました。[入り口]のドアの上には、「Zum Baden und Desinfektion」(入浴と消毒へ)と数カ国語で書かれた看板がありました。脱衣室[2]には、木製のベンチがあり、壁に沿って番号のついた衣類フックがありました[資料10]。そこは窓もなく、電気はずっとついています。脱衣所には水栓[5]と排水用の排水口もありました。脱衣室から人々はドア[2a]を通って廊下に出ました。ドアの上には、「Zum Baden」(浴室へ)と書かれたサインが数カ国語で繰り返され、ぶら下がっていました。「バニャ」(ロシア語で「蒸し風呂」の意)という言葉もあったように記憶しています。廊下から、彼らは、右側のドア[1a]を通って、ガス室に入りました。短い木片を寄木細工のように並べた2枚重ねの木製ドアです。これらの層の間には、ドアの縁をシールする一枚の材料があり[3]、フレームのラビットにもフェルトのシールストリップが取り付けられていました。一般人の頭の高さほどのこのドアには、丸いガラスの覗き穴がありました[資料11参照]。ドアの反対側、すなわちガス室側では、この開口部は半球状の格子で保護されていました[資料12と13参照]。この格子状のものは、ガス室内で死を覚悟した人々が、覗き穴のガラスを割っていたことから付けられたものです。しかし、グリッドは依然として十分な保護を提供しておらず、同様の事故が再発しました。開口部は金属片や木片でふさがれていました。ガス室では、ガス処刑される人々やガス室内の人々が電気設備を破損し、ケーブルを引きちぎり、換気装置を壊したのです。扉は廊下側から[2本の]鉄の棒(資料11参照)で密閉され、[2本の角度のついたボルトが取っ手を介して棒にねじ込まれ、それ自体に取っ手がついていた]締めつけられるようになっていました。ガス室の屋根は、その長さの中央を走るコンクリート

 

Page484

柱で支えられていました[1/1~1/7]。この柱の両脇に、さらに4本の柱[CⅠ~C4]があり、それぞれ2本ずつありました[ここで、タウバーは間違っている。この配置は、クレマトリウムIIIのガス室だけに見られる。Kr IIでは、部屋の東側に一列に並んでいた]。屋根を貫くこの柱の側面は、重い金網でできていました。その内側にさらに細かい金網があり、その内側にさらに細かい金網が3つあります。 この最後のメッシュケージの中には、取り外し可能な缶があり、針金で引き抜いて、ガスが蒸発したペレット(不活性)を回収するようになっていました。

資料14参照、ミハエル・クラのチクロンB(シリコンの小さなペレットに青酸を固定したもの)導入カラムの記述にもとづく。タウバーは、カラムの中に3番目の固定ケージがあると述べているが、ごくわずかな間違いである]

その上、ガス室では、中央のコンクリート柱に支えられた主梁の両側面に沿って電線が走っていました[16個の密閉ランプを供給するため、建設管理部の図面によって確認された]。ガス室の壁には換気口が設置されていました。部屋と換気設備との連絡は、側壁の上下にある小さな穴から行いました。下側の開口部は銃口のようなもので保護され、上側の開口部は白塗りのパンチングメタルプレートで保護されていました。 

資料15、16、17参照。クレマトリウムⅡのLeichenkeller 1からのこれらの上部換気孔カバーのいくつかは、白い層で覆われた亜鉛板でできており、1945年12月に毒物学的分析に付された。適切な化学的処理の後、この白い層から削り取ったものは、プルシアンブルー、フェロシアン酸鉄、チオシアン酸鉄を与え、これらは、特に、あまり正確ではないが、青酸化合物の存在を示す染料であった]

ガス室の換気システムは、脱衣所に設置された換気ダクトと連動していました。この換気システムは解剖室も兼ねていて[11]、火葬場の屋上スペースにある電気モーターで駆動されていました[12]。

[タウバーは、脱衣室と解剖室も換気されていたことを正式に示した唯一の証人である。それから30年、まだ誰も気づいていなかったのだ。しかし、換気システムが別々であることを知るためには、彼が考えていたのとは逆に、その設置に立ち会うか、屋根に登って1本の煙突の中に4つの別々の空気取り出し口を見つける必要があったのである]

ガス室には自前の水源がありませんでした。

[建設管理部の図面によると、実際には、ガス室には3つの蛇口が設置されていた。しかし、それらは最初のガス処刑で破壊され、交換しないことが決定された]

水道の蛇口は廊下にあり、そこからゴムホースでガス室の床を洗っていました。1943年末、ガス室はレンガの壁で二つに分けられ、より小さな輸送集団にもガスを供給できるようになりました。仕切りの壁には、廊下と元のガス室の間にあったのと同じ扉がありました。小規模の輸送集団は、廊下からの入り口から最も遠い部屋でガス処刑されました。

[供述書の中で数少ない争点となった。入り口に最も近いガス室でガスを放出した方が、死体を運ぶ距離が短く、ガス室の一番奥にある換気装置の設計が不十分であったために、効率が悪かったに違いないからである]

脱衣室とガス室は、まずコンクリート・スラブ(天井)で覆われ、次に草をまいた土の層で覆われました。ガス室の上には、ガスが投げ込まれる開口部である小さな煙突が4本そびえ立っていました。これらの開口部は、2つの取っ手のついたコンクリートのカバーで閉じられていました。

[クレマトリウムIIの引き渡し文書の目録には、「4 Holzblenden / 木製カバー4個」(PMOファイルBW 30/43の12ページ)と書かれている。タウバー氏のミスか、それとも経験を踏まえてカバーを変更したのか?]

脱衣所の上は、庭の高さより高く、完全に平らな地面になっていました。換気ダクトは、廊下と脱衣所の上の部分にある[空気取り出し]パイプと煙突に通じていました[13、13']。当初、脱衣所にはベンチも洋服掛けもなく、ガス室にはシャワーもなかったことを指摘しておきます。脱衣室とガス室を入浴・消毒施設としてカモフラージュするために、これらの建具が設置されたのは1943年秋でした。シャワー[24個のダミー木製シャワーヘッド]は、ガス室の[無地の]コンクリートの屋根に封印された小さな木のブロックに取り付けられていました[資料18、19参照]。このシャワーにはパイプがつながっておらず、そこから水が出ることはありません。

すでに述べたように、廊下[3]には、死体を一階まで運ぶためのリフト[9]というか物品昇降機[資料20参照。電動リフトの納入を待って仮設ホイストを設置した]がありました。このレベル[資料21]では、エレベーターから出ると、火葬炉[01]から[05]がある「ボイラー室」[14]に通じるドア[14a]があり、反対側のドア[15a]は、死体が[一時]置かれる倉庫に通じていました。さらに、そこには前庭[16]があり、火葬場へのアクセスドアに面した入り口[16a.資料22]から入ることができました。この前庭から右手の扉[l6b]を通って解剖室[11]に入ります。この部屋と死体倉庫の間には、解剖室から扉[11a]を通って行けるトイレ[17]がありました。前庭から向かって左側の扉[16c]は、火葬炉の火室側の「ボイラー室」に通じていました。それらは等間隔で並んでいました。5つの炉があり、それぞれ2つの竈(かまど)[G1、G2]で焚かれていました。反対側のエレベーターの出口[14a]には、マッフル[M1〜M3][または火葬炉]があり、1炉につき3つずつありました。各マッフルには5体の死体を入れることができ、「トプフ」と書かれた鉄の扉で閉じられていました。各マッフルの下には、灰を集めるためのビンのスペースがあり、これも同じ会社によって作られた鉄の扉で閉じられていました。炉の後ろ、左側、火葬場の庭からのアクセスドアの側に、コークス貯蔵庫 [18]がありました。庭の端に行くと[言い間違い。 タウバーの意味するのは「炉の部屋の端にある」である]、狭い廊下[19]があり、そこから、ドア[20a]がSS専用の小部屋[120]につながっていました[資料23参照]。この部屋の窓[20b]の一つはマッフル側の「ボイラー室」に面し、二つ目の窓[20c]は火葬場の裏の庭に面していました。この部屋は、コマンド長[21]の部屋の隣にあり、裏庭を眺める窓[21a]がありました。


資料7
[Archives of the Central Commission for the investigation of Hitlerite crimes in Poland, ref. 5150 B]

クレマトリウムIの北西側、再建中の1945年に撮影。Mの上にあるのは、かつての「ボイラー室」への出入り口。このドアは、元々あったものをそのまま窓に戻したものです。Oの上にあるのは、火葬場の本物の入り口のドアで、のぞき穴のついたガス気密ドアが取り付けられています。収容所が解放されたとき、このように発見されたのかどうかはわかりません。


資料8

ダヴィッド・オレールが1947年に描いた墨絵で、カポのユリウス・オーガスト・ブリュックと一緒にいるところを描いている。  

 

Page485

資料9
1943年3月19日の建設管理部図面2197[neg. no. 20946/1] 

クレマトリウムIIの目録図の一部、表示。

  • 地下室計画      
  • C-D区(炉室、ごみ焼却炉棟、主煙突)      
  • E-F区(脱衣所と死体シュートの端、2つの階段に挟まれた廊下、死体リフト、炉の部屋の端)

写真はPMO file BW 30/34A, copy No 8にある設計図である。  

 

Page486

資料10

1945年にアウシュヴィッツ・バウホフで撮影された写真[PMO microfilm No 205/44]、クレマトリエンⅡとIIIの脱衣室から持ち出された衣類フックと木製ベンチを示す。手前のベンチは中央のコンクリート支柱の周りにあったもので、奥のベンチは側壁のひとつにあったものである。右手奥には、側壁にあったベンチを積み重ねたもの。


資料11:  
ガス気密ドアの外側写真 [Warsaw Central Commission Archives, ref. 23] 


ワルシャワ中央委員会アーカイブスの写真refs. 17(下)と23(上)は、アウシュヴィッツの「バウホフ」(新しい建材や再生建材のための「建設業者用ヤード」)で撮影されたもので、4つのビルケナウ・クレマトリエンの一つの殺人ガス室に確実に属していたガス気密ドアの表と裏を写している。その犯罪に使われた証拠に、内側には覗き穴を保護する重い半球状のグリッドが存在するのである。


資料12

ガス気密ドアの内側写真 [Warsaw Central Commission Archives, ref. 17] 


資料13
1945年にバウホフで発見されたガス密閉式ドアの内部の詳細。確認用覗き窓を保護する半球状のグリッド。 [Warsaw Central Commission Archives. ref 40] 

 

Page487

資料14
チクロンB導入カラムの模式図

これらの柱が製造された金属加工工場で働いていた元囚人2718人、ミハエル・クラMichal KULAの1945年6月11日の供述に基づく。 

図面内文字の翻訳

PARTIE MOBILE / 可動部分

  • Coiffe en tôle / 金属キャップ 
  • Intervalle separant le tube en tôle du Sème tamis: 25 mm / 金属管と第3格子部の間のスペース:25mm。
  • Troisième tamis intérieur à maille de 1 mm de côté / 3番目、最内周、1mmメッシュの格子
  • Tube en fine tôle zinguée de 15 cm de côté / 亜鉛メッキの薄い金属管、15cm角

PARTIE FIXE / 固定部

  • Pièce de métal reliant les 1er et 2ème tamis / 第1格子と第2格子を接合する金属ストリップ
  • Premier tamis extérieur en fil de 3 mm de diamètre et de maille de 45 mm dc côté / まず、外部では、直径3mmのワイヤー、45mmのメッシュの格子
  • Deuxième tamis intérieur à maille dc 25 mm de côté / 2つ目は、内装、25mmメッシュの格子
          
    3 m environ / 約 3 m
  • Cornières de 50 x 50 x 10 mm / 鉄製アングル  

資料15

クレマトリウムIIまたはIIIのLeichenkeller Iの上部(新鮮な空気の入口)換気孔の1つを覆う亜鉛メッキのパンチングサイズ。7 x 13 cm。Kr IIのLeichenkeller 1には50個(金属加工工場命令第83号、18/2/43、15/3/43完成)、Kr IIIには95個(金属加工工場命令第192号、15/3/43、22/3/43完成)が設置された。木製の導管に開けられた長方形の穴に4本の釘で固定され、新鮮な空気を送り込んでいた。PMOの25番ブロックの「リザーブストック」に保管されている。
 (著者撮影)


資料16:

同物件の背面図。     
 (著者撮影)


資料17:

PMO II-5-73/2に分類される上部換気孔カバーの残骸で、25ブロックのPMO「予備在庫」に保管されている。自作であることがよくわかる。 

 

Page488

この部屋のすぐ先には、W Cと小さな洗面所[22、シャワー付き]、そして、[囚人]医師室[23]があり、窓[23a]からは、女性収容所I[B1b]を眺めることができました。廊下から階段[24]が屋上に通じていて、そこにはゾンダーコマンドで働く男たちのための住居[25]があり、端にはリフトと換気システムのための電気モーター[12]があったのです。

[4つのモーターは、換気システム用の共通の煙突の周りに設置され、脱衣室(13)、ガス室(I3')、炉室、そして一緒に解剖室と「洗浄」室の空気を取り出していた。もう一つのダクト(26)は、ガス室に新鮮な空気を運んでいた。このほかにも、リフト用のモーターが1つか2つあった(資料24参照)]

囚人の整備士がその整備に当たっていました。火葬場敷地への入り口ゲートに面して、建物の中央に、焼却炉[U]でゴミが焼かれる棟[27]がありました。「Millverbrennung[sofen]」(ゴミ焼却炉)と呼ばれていました。階段[28、現在も遺跡に残っている]を下りて行く、独立したものでした。鉄の台座に囲まれ、石炭を燃やしていました。ゴミ焼却炉棟の入り口[27a]は火葬場のアクセスゲートに面していました。[この棟の正面には、]欄間窓のある入り口のドアのほかに、入り口の右[27b]と左[27c]に二つの窓があり、入り口の左隅には、外側の壁に囲まれた部分から焼かれるものを中に通すための開口部[27d]がありました[29]。これらのもののための焼却炉[あるいは竈?][M]は入り口の左側にあり、右側に火床(G)がありました[/複数あった?]。収容所の政治課の書類はいつもこの炉で焼かれたことを指摘しておきます。時々、SSはトラック一杯の書類、文書、ファイルを運んできて、彼らの管理下で焼却しなければならなりませんでした。その焼却の過程で、死者の記録や死亡通知(Totenmeldung)が大量にあることに気がつきました。私たちは、SSの厳重な監視の下で活動していたため、これらの書類を一切持ち出すことができなかったのです。ゴミ焼却炉の裏側、棟の端には、火葬炉と焼却炉のすべての煙突がありました。当初、この煙突の周りには、吸引用の電動機が3台設置されていました(「Saugzuganlage / 吸引式」強制吸引式煙突)。このモーターは、焼却炉の近くで熱を発するため、よく故障しました。火事になったこともありました。このため、その後、火葬炉の煙道(床下)は撤去され、直接煙突に接続されるようになりました。扉[27e]はゴミ焼却炉の棟と煙突のある部分の間を通り抜けることができました。この部分はやや高い位置にあり、数歩で到達することができました[28]。モーターが取り外された後、ゾンダーコマンドのためのいくつかの洗面台が煙突の隣に設置され[30][ミクロス・ニーシュリ博士は、「輝くタイルでできた美しい10人用のシャワー」(60頁)と述べているが、確かに焼却炉で温められた水が供給されていた]、脱衣室に向かって反対側の他の部分には、オーバーカポ[チーフカポ]オーガストが時々眠るための部屋[31]がありました。通常、彼は、最初はセクターBIbに、次にBIIdにあった帝国ドイツ人のブロック[「Reichsdeusche」]で寝ていました。廃棄物焼却棟の上の屋根の空間では、犠牲者から切り取った髪の毛が乾燥され、投げられました[ダヴィッド・オレールによる初期の墨絵には、囚人が「髪の毛を処理」している様子が描かれている。ミリアム・ノビッチ氏が保存しているスケッチのひとつ]。袋に入れ(約20キログラム)、その後トラックで持ち去られました。 


資料18

 

資料19

資料18(上)(南・北面図)、資料19(下)(北・南面図)。 

クレマトリウムⅡのLeichenkeller 1の東側天井の支柱1/6の領域で、アクセス可能な部分の写真2枚。アクセスは図面2197の「A」地点。中央の柱と東側の壁を縦に結ぶ線と、2本の中央の柱を垂直に結ぶ線の交点にある木製のブロックだけが残っている。24個のダミーシャワーヘッドが取り付けられている。
(撮影筆者)

資料内文字の翻訳

RESTES DE L'AERATION SUPERIEURE / 上部換気扇の残骸
BASE EN BOIS SUPPORT D'UNE FAUSSE DOUCHE / ダミーシャワーヘッド用木製ベース


資料20

1945年にバウホフで発見されたクレマトリウムIIで使用されていた容量300kgの仮設物品昇降機の写真 [PMO neg. no. 205/37] 。その製作指示は、ヘス裁判第11巻の付属書15「金属加工」ファイルに記載されている。

「43年2月15日付指令第61号 - 捕虜収容所 Krematorium II/III BW 30.
対象:最低積載量300kgの荷物用リフト1基。適切なウインチ、ケーブル、モーター、ガイドレールの取り付けを含む。
建設管理部からの1943年1月26日の命令No.2563/:146:/。
旧囚人の金属加工工場から引き継がれた注文。
1943年3月13日に完成。」

その後、容量1500kgのデマグの荷物リフトに交換された。


資料23: 

1947年のダヴィッド・オレールによる墨絵で、クレマトリウムIIIのカポの部屋と呼ばれる場所で、3人のSS隊員がフランスの輸送集団の「残りもの」を楽しんでいる[20]。同時に、炉の部屋に面した内窓[20b]からゾンダーコマンドの仕事を見張っていた。この場面がクレマトリウムIIで起こったとすれば、炉の扉は左向きであり、窓の右側から見えるはずである。 

 

Page489

すでに述べたように、クレマトリウムIIには5つの炉があり、それぞれ死体火葬用の3つのマッフルを備え、2つのコークス炉で加熱されていました。この竈の火道は、両側のマッフルの灰(集塵)箱の上に出ていました。このように、炎はまず両側のマッフルを回り、次に中央のマッフルを加熱し、そこから燃焼ガスを炉の下、2つの焼成炉の間に導き出すのです。そのため、サイドマッフルではセンターマッフルとは異なる焼却処理が行われました。「ムゼルマン」と呼ばれる脂肪の少ない人の死体は、横のマッフルでは急速に燃え、中央のマッフルではゆっくりと燃えました。逆に、到着して直接ガスを浴びた人の死体は、無駄なく、中央のマッフルでよく燃えました[資料25参照]。その焼却の際、コークスは炉の火をつけるためだけに使うのです。脂肪の多い死体は、体脂肪の燃焼によって勝手に燃えてしまうからです。コークスが不足した時には、マッフルの下の灰入れ[資料26参照]に藁や羊毛を入れて、死体の脂肪が燃え始めると、他の死体にも火がつくようにしたこともありました。マッフル内部には鉄の部品はありませんでした。鉄は1000〜1200℃に達する炉の中で溶けてしまうので、棒はシャモット(耐火物)でできていたのです。このシャモットバーは十字に配置されていました。ドアや開口部の寸法は、マッフル本体の内部よりも小さく、長さ2メートル、幅80センチ、高さ1メートルほどでした。一般的には1回のマッフルで4、5体の死体を燃やしますが、それ以上の数の死体をチャージすることもありました。最大で8体の「ムゼルマン」を装てんすることができました。このような大きな装入物は、空襲警報が発令されたとき、煙突から大きな火が出ることで飛行士の注意を引くために、火葬場の責任者に内緒で焼却していたのです。そうすれば、運命を変えることができるかもしれないと考えたのです。収容所(バウホフ)に残っている鉄の部品、特に火の棒は、火箱のものです。クレマトリウムIIには、重厚なアングル・アイアンの火の棒がありました。クレマトリエンIVとVには、ランスの形をした火棒が取り付けられており、むしろ柄のある剣のようでした[資料27参照]。

[ヘンリク・タウバーは、炉の初期加熱と死体の焼却を促進するために、炉に取り付けられたパルス式送風機について触れていない。ミクロス・ニーシュリ博士は、1944年の夏、クレマトリエンIIでそれらが活動していたことに触れている。ダヴィッド・オレールは、1945年か46年に描いたクレマトリウムIIIの縦断面に、それらを完璧に描き込んでいる]

3月4日(1943年)には、炉床に火を入れるよう命じられました。そこで午後4時まで働きました。その頃、ベルリンから政治部員とSS幹部からなる委員会が火葬場[Kr II]に到着しました。また、「トプフ」という会社の技術者や民間人もいました。その中には、シュワルツ親衛隊大尉[大尉]、オーマイヤー収容所長、クアケルナック上級曹長もいたことを覚えています。この委員会の到着後、私たちは死体を倉庫[15]から取り出して、マッフルに投げ入れるよう命じられました。この部屋には、男性だけで45体ほど、とてもよく肥えていました。いつ置かれたのか、どこから来たのか、わかりませんでした。その後で、私は 私は、彼らが、森の中にあるブンカーII[2][Zentral Saunaの西300m]でガス処刑された人々の中から選ばれたことを知りました。政治部のSS将校がそこに行き、囚人たちに大きくて肉付きのよい死体を選ぶように命じ、それを車に積んでブンカーから運び出すようにさせたのです[2]。当時、ゾンダーコマンドの囚人たちは、これらの死体がどこから来たのか知りませんでした。それは、この大きな委員会に、これから稼働させる予定のクレマトリウムIIの運用と能力をテストし、実証するために使うものでした。エレベーター[9]と「ボイラー室」に通じるドア[14a]を通って、死体を取り出し、クレマトリウムIについて述べたタイプの台車に一度に2体か3体を載せ、さまざまなマッフルに装てんしました。5つの炉のマッフル(1マッフルあたり3体、3×5=45体)がすべて装填されると、委員会のメンバーは腕時計を手に作業を観察し始めました。マッフルドアを開け、時計を見て、火葬の遅さに驚いていました。 朝から炉を焚いていてもまだ熱くならないし、新しい炉なので、焼却に40分ほどかかりました。[その後、]連続稼働で1時間に2回装填できるようになりました。規則では、30分ごとにマフラーを装填することになっていました。オーバー・カーポ・オーガスト氏の説明によると、この火葬場の計算と計画では、1体の死体をマッフルで焼くのに5分から7分かかるといいます。原則、1つのマッフルに3体以上の死体を入れることは許されませんでした。この量では、作業を中断せざるを得ません。最後のマッフルが装填されると、すぐに最初のマッフルの中身が消費されてしまうからです。 [タウバーは、自分の仕事を、1つの炉を見張り、3つのマッフル、第1、第2、第3、あるいは最後のマッフルをタンタンと装填することだと説明している]作業中に小休止できるように、1マッフルに4〜5体の死体をチャージしておくのです。このような装填の焼却には時間がかかり、最後のマッフルを充電した後、再び最初のマッフルが使えるようになるまで数分の休憩を挟みました。この空き時間を利用して、「ボイラー室」(!)の床を洗うと、空気が少し涼しくなったのです。 

1回目のテスト装填の焼却が終わると、委員会は帰っていきました。火葬場を片付け、洗って、セクターBIbのブロック2に戻されました。それから10日間、私たちはSSの警備のもと、炉の火入れに通いました。この10日間、輸送集団は一度も来ませんでした。私たちは、炉を熱くするために火を絶やさないだけで、死体は一切燃やしませんでした。1943年3月中旬頃、

[14日、クラクフ・ゲットーからの2000名のユダヤ人のRSHA輸送のうち、494名が収容所での労働に選ばれ、その他の者はガス処刑された]

ある晩、仕事が終わると、薄暗い火葬場の責任者である上級曹長曹長)・ヒルシュがやってきて、仕事があるから火葬場に残れと命じました。夕暮れになると、老若男女を乗せたトラックがやってきました。その中には、老人も女も、そして多くの子供もいました。トラックは、駅

[クレマトリウムIIとIIIの間を走る鉄道の側線が建設される前に使われていた「ユダヤ人用プラットフォーム」があったアウシュヴィッツ駅]

と収容所を1時間かけて往復し、どんどん人を運んできました。トラックが到着し始めると、私たちゾンダーコマンドは、火葬場の説明で述べたように、解剖を行なう医師が収容される奥の部屋[23]に閉じこめられました。この部屋からは、トラックから降りてきた人たちの泣き声や叫び声が聞こえてきました。彼らは、火葬場の建物に垂直に建てられた小屋[B]に群がり、クレマトリウムⅡの入り口ゲート[P]に向かいました[資料28、図面2216の抄訳を参照]。人はゲート[P]に面したドアから入り、ゴミ焼却棟の右側の階段[6]で[Leichenkeller (ガス室)に入るためにクレマトリウム2の地下へ(1)] 下りました。当時、この小屋は脱衣所として使われていました。1週間ほど使用した後、解体されました。この小屋が撤去された後、人々は、すでに述べた地下の脱衣室[2]に通じる階段[10]を通って、火葬場の地下のエリアへと追いやられました。病理学者の部屋で2時間待機した後[資料29、一時的に収監されていたソンダーコニマンドが見ることのできなかった光景を描いたダヴィッド・オレールのスケッチを参照]、私たちは解放され、ガス室に行くように命じられました。体をくの字にした(doubled up)裸の死体が山ほどありました。ピンク色で、ところどころ赤くなっていて、緑色の痕があり、口からは唾液が流れているものもありました。また、鼻から出血している人もいました。排泄物が付着しているものも多くありました。多くの人が目を開けて、お互いにしがみついていたのを覚えています。死体はドアの周りでほとんど押しつぶされていました。一方、金網の柱の周りには少なかったです。遺体の位置からして、柱の前から逃げ出し、ドアの前まで行こうとしたのでしょう。ガス室はとても暑く、息苦しくて耐えられないくらいでした。その後、私たちは、多くの人々がガス処刑の直前に空気不足のために窒息死したことを確信しました。床に倒れ、他の人たちに踏みつけられました。彼らは、大多数のように座っているのではなく、他の人たちの下に、床に伸びているのです。先に屈し、踏みつけにされたのは明らかでした。ガス室にはいると、ドアが閉められ、空気が排出されたのです。ガス室の換気は、吸排気両方ができるシステムのおかげで、このように機能することができたのです。

[ヘンリク・タウバーはここで勘違いをしている。そして、自分自身と矛盾している。ガス室から空気を抜くことに意味はあるのだろうか? 技術的に正当化できるのは、部分的に真空にすることで青酸ガスの拡散を促進させることくらいだろう。外気導入口を閉め、換気扇のスイッチを入れるだけで十分である。仮に、わずかな真空状態を作ることができたとしても、ガス処理を担当する医療スタッフが金網の柱のカバーを開けてチクロンBを流し込めば、すぐに真空状態は解除される。この方法は、特に排気と吸気の両方を行う装置では、無茶な話である。新鮮な空気を取り入れる送風換気システムは、空気の取り出しに使用することはできない。タウバーは、ガス室の換気システムの機能を誤解していた(換気ダクトの正確な配置を確認するために壁を解体することができなかったので、当然である)、二つの異なる部分を正しく認識していたにもかかわらず(その役割を認識していなかった)、その真実は明らかである。屋根の棟からガス室までの簡単なダクトからなる自然給気口(上部換気システム)と、電動モーターで駆動し、ファンで汚れた空気を吸い出す排気システム(下部換気システム)であった。換気扇のスイッチを入れると、自然に新鮮な空気が流れ込み、取り出した汚れた空気と入れ替わる。空気取り入れ口(上)と空気取り出し口(下)の高さは、このシステムが地下の死体安置所用に設計されたものであり、ガス室用に設計されたものではないことを示している。下部の空気取り出し孔が死体によってふさがれる可能性については、PartⅡ、Chapter6の私の解決策を参照されたい]

脱衣室だけは、ブロワーによる吸気システムを導入していました。

[同じ機能を持つ2つの設備のデザインの違いは、Leichenkeller 1の設備が建設管理部によって設計、設置されたものであることで説明できる。Leichenkeller 2の設計と設置は、エアフルトのトプフ&サンズ社が担当した。クレマトリエンIIとIIIの脱衣所の換気システムを見れば明らかなように、同社はさまざまな断面の金属管を製造しており、その製品を最大限に「配置」することに関係している]

ガス室開放後もしばらくは換気が続いていたにもかかわらず、私たちはガスマスクをつけて作業していました。私たちの仕事は、遺体を運び出すことでしたが、3月中旬の1回目の輸送集団では、炉の仕事に戻らなければならなかったので、これを行いませんでした。その仕事をするために、70名の囚人がブロックIIから連れてこられ、同じくゾンダーコマンドのメンバーで、ブンカー[1]と[2]の焼却炉で働いていました。このグループは、ガス室資料30と30a参照]から死体をリフト近くの廊下[3]に運びました。そこで理髪師が女性の髪を切り、遺体はエレベーターで「ボイラー室」の階に運ばれました。この階では、倉庫に入れたり、直接「ボイラー室」に持っていって、炉の前に積み上げたりしていました。そして、SSの監視下にある2人の歯科医が、金属の詰め物と差し歯を抜きました。

[ダヴィッド・オレールは、「床屋」と「歯科医」を直接ガス室の中に置き、金網の柱で正確に示している[資料31]。しかし、彼はクレマトリウムIIIで作業していた。おそらく、それぞれのクレマトリウムで、異なった作業順序があったのであろう]

指輪やピアスも外されました。歯は「Zahnarztstation」(歯科センター)と書かれた箱の中に投げ込まれました。宝石はというと、番号以外のラベルのない別の箱に入れられていました。囚人の中から募集した歯科医が、子供を除くすべての口の中を調べました。顎の締め付けが強いと、歯を抜くためのペンチで顎を引き離すのです。SSは、歯科医師の仕事ぶりを入念にチェックし、常に立ち会いました。時折、口の中を調べるために、すでに歯科医が手術した、炉に入れる前の死体の積荷を止めることもありました。忘れ去られた金歯が見つかることもありました。このような不注意は妨害行為とみなされ、犯人は炉の中で生きたまま焼かれることになりました。私自身、そんな姿を目の当たりにしました。クレマトリウムVでは、歯科医のフランス系ユダヤ人がこのように焼かれました。 彼は抵抗して泣いていましたが、親衛隊が何人もいて、彼に身を投げて制圧し、生きたまま炉の中に入れました。そのほかにも、即射殺、水中投入、肉体的拷問、殴打、裸で砂利の上を転がされるなど、さまざまな罰則がありました。このようなことは、ゾンダーコマンドのメンバー全員がいるところで、彼らを威嚇するために行われたのです。 1944年8月、クレマトリウムVで起こった別のケースを覚えています。交替の時、労働者の1人、レジュブというウォルブロム出身の男から金時計と(註:494ページに続く)

 

Page490

資料22

1942年1月15日付の建設管理部図面937
[PMO file BW 30/05 and neg. no. 20818/7]

基幹収容所のための新しい火葬場の予想される東側立面図。基幹収容所ではなくビルケナウに設置することが決定された後、建設管理部はこの図面を、将来のクレマトリウムIIの北側立面図として使用した。


資料24
1942年1月15日の建設管理部図面1173
[PMO file BW 30/08 and neg. no. 20818/9]

ビルケナウ・クレマトリウムIIになるはずだった「予想される火葬場」の地下部分の縦断面。


資料21
 (部分画像)
 (491ページに続く)

 

Page491

資料21
クレマトリウムⅡの1階平面図
[PMO neg. no. 20957]  

1942年1月19日の建設管理部図面933。
1942年1月19日にウルマーSS軍曹によって描かれた。
SS少尉デジャコがチェックし
1942年1月28日にビショフSS大尉によって承認された。
「Entwurf für das Krematorium / 火葬場の設計」

この図面は図面933[1]の一部です。933(1階)、934(断面)からなる。

この日、クレマトリウムIの後ろに、新しい「普通」の火葬場を本収容所に設置することが計画された。現在、作業所BW30、クレマトリウムIIとして分類されている、鏡像(BW 30a、Kr.III)も建設されることになっているビルケナウで作業が始まったのは、1942年8月末のことであった。

 

Page492

資料25

クレマトリウムII、IIIに計10基設置された3マッフル炉の動作模式図。 

図面内の文字の翻訳
(上から下へ、左から右へ)

  • Incinération facilitée (+) ou non (-) / 焼却を促進する(+)、しない(-)。       
  • Cadavres normaux / 通常の死体      
  • Cadavres amaigris / 痩せた肢体

L: サイドマッフル
M: 中央のマッフル

Bac de receuil des cendres /  灰回収容器      
Générateur ou foyer d'alimentation / 火箱またはコークス燃焼用炉床      
Conduit souterrain d'évacuation des fumées / 床下煙道  


資料26
[PMO neg. no. 892]

1945年にバウホフで発見されたビルケナウ火葬炉の灰収集容器。それがクレマトリウムII/IIIのものなのか、IV/Vのものなのかは不明で、2つのタイプの炉で同様の容器が使われていたとしても、あまり重要ではない。


資料27
[PMO neg. no. 890]

 


資料28
建設管理部図面 2221 [PMO neg. no. 20583]       

Kriegsgefangenenlager Lageplan / 捕虜収容所構内図
縮尺 1:2000
囚人538が描いたもので、1943年3月20日にSS少尉デジャコとヤニシュが確認した。

この建設管理部の資料は、1943年3月半ばに、クレマトリウムUの北の庭に、南-北に走る小屋[B]が建てられたことを確認しており、ヘンリク・タウバーによると、それは脱衣室として使われていた。地下の脱衣所[Leichenkeller 2]へのアクセス階段がまだ完成していなかったためと思われる 。

 

Page493

資料29

ダヴィッド・オレールによる墨絵スケッチ、1950年、クレマトリウムIIIのガス室で絶滅させられる直前の女性や子供たちを描いている。感情的な面はさておき、このスケッチは、歴史的に見ても遅すぎるくらいだ。寓話的になっており、1946年の「ガスの抽出」と比較すれば明らかな誤りがある。ガス室の扉は内側に開くように描かれているが、実際は外側に開いていた。ドアの位置さえも間違っている。ランプの配置に誤りがあり、実際には中央の支柱の両脇に配置されていたのだが、その姿は描かれていない。首を剃ったSS隊員の顔は、1946年に描かれたウェーブのかかった髪の若い「純血」のSS隊員と比べると戯画化されており、第三帝国の基準による「アーリア人」の容姿を持つ大多数の女性たちの天使のような顔とは対照をなしている。このシーンは、犠牲者の視覚的な記憶が時間とともに劣化していく様子を示すために提示した。1945年から1947年にかけてのオレールの初期の写真だけが、歴史的に有効であり、絶対的な正確さではないにしても、写真としての真実性を持っているのである。オレールが描いたビルケナウの絵は、このような視覚的記憶の劣化を反映している。  


資料30(スケッチ)(上)、30a(写真):(下) 

クレマトリウムIIIのガス室から遺体を取り出す様子を描いた1946年のダヴィッド・オレールによるスケッチ。既知の写真で確認されたように、ドアは正しく設置され、配置されている。左の矢印の先にある炉の端は、純粋に象徴的なものであり(地下に炉はなかった)、「より良くするため」に付け加えなければ、何の問題もなかったはずのシーンを台無しにしている。ドアと手前の囚人の間には、死体シュート(クレマトリウムIIIの廃墟の中にまだ残っている。スケッチの下の筆者による写真には、その上端が写っている)を塞ぐ板壁があった、死体安置所として建設されたが、脱衣室とガス室になったため、(死体シュートは)使われていなかったのである。ダヴィッド・オレールの初期の記憶にも、このシュートは全く残っていないことから、使われなかったことが確認できる。


資料30a(写真)


資料31:

1946年のダヴィッド・オレールによるスケッチ。クレマトリウムIIIのガス室内部で、金網のチクロンB導入柱[C]を背景に、「床屋」(前景)と「歯医者」(中景)が遺体処理に従事している。SSは、地下室から地上階までの短い距離で起こりうる「組織的損失」を避けるために、金歯の摘出をガス室を開けた直後に行なうべきであると考えたのであろうことを指摘しておく必要がある。

 

Page494

(註:489ページからの続き)結婚指輪を見つけました。 このユダヤ人は二十歳くらいで、色黒で、十万何千という数字を持っていました。火葬場[Kr V]で働いていたすべてのゾンダーコマンドが集められ、彼らの目の前で、彼は、両手を後ろに縛られて、火葬炉の上の鉄棒に吊るされたのです。1時間ほどそのままの状態で、手足をほどくと、冷たい火葬場の炉に放り込みました。下部の灰入れ(炉の奥にある火箱のこと)にガソリンを流し込んで点火しました。その炎は、このレイブが閉じ込められていたマッフルにも届きました。数分後、ドアを開けると、死刑囚が現れ、クズまみれになって走り去りました。彼は庭を走り回り、自分は泥棒だと叫ぶように命じられました。最後に、日中は電気を通さない有刺鉄線を登らなければならず、頂上に着いたとき、火葬場の責任者であるモル、ファーストネームはオットー(Hauptscharführer / 上級曹長)でしたが、彼を銃で殺しました。また、SSは、仕事が遅い囚人を、火葬場[V]の近くにある、人間の脂肪が煮えたぎる穴に追い込みました。当時(1944年夏)、死体は野外の穴で焼却され、そこから脂肪が地面に掘られた別の貯水池に流れ込んでいたのです。この脂を死体にかけて、燃焼を促進させたのです。この悪魔は、まだ生きているうちに脂肪から引きずり出され、そして撃たれました。そして、その死体は、「Totenchein」と呼ばれる死亡証明書が発行されるブロックに運ばれました。翌日、死体は火葬場[Kr V]に運ばれ、穴の中[!]で焼却されました。

1943年3月中旬のこの最初の輸送集団の火葬では、48時間中断することなく作業しましたが、すべての遺体を焼却することはできませんでした。その間に、ちょうど到着したギリシャの輸送集団もガスを浴びたからです。

[3月20日ギリシャのサロニカから2800人のユダヤ人を乗せたRSHA輸送が到着した。この選別で609人が選ばれ、収容所で働き、他の者はガス室で殺された。しかし、ヘンリク・タウバーが示した2つの集団の間隔が48時間というのは、間違いであることは確かだ。確かに、3月16日にも、クラクフのゲットーからユダヤ人の輸送集団が来ており、そのうちの何名かはガス処刑されたが、到着者の数は不明であるが、約40名が収容所に登録されたことを知っているので、合計が約200名を超えることはありえない。これらの不正確さを考慮すると、クレマトリウムⅡの5つの3口炉で約1500体の死体を焼却するのに4日から6日を要したと思われるが、これは、ヘンリク・タウバーが以前に提示した処理能力数字と大きく食い違っているし、SSが1943年6月28日の書簡で公式に(つまり、1/3増加して)24時間に1440体と推定している(PMO file BW 30/43、2頁目)。クレマトリウムⅡの初期の処理能力は、1日700〜750体の焼却で限界に達したと考えるのが妥当であろう。その後、経験に基づいて、これは約 1000 に引き上げられたが、それ以上の数値は非現実的であり、場合によってはまったくの嘘である]

私たちは過労ですっかり疲れ果ててしまいました。その後、私たちはブロックに戻され、2つのバンカーで働く約400人の囚人からなる救援ゾンダーコマンドのおかげで、作業は続けられました。私は、4月中旬頃までクレマトリウムIIで働きました。私の滞在中に、ギリシャ、フランス、オランダから輸送が到着しました。また、収容所内の選択場所でガス処分に指定された人の死体も焼きました。この間に何人の人がガス処刑されたかは、私にはわかりません。日勤と夜勤の2交代制で仕事をしていました。平均して、1日に2500体の死体を焼却していました。 

[この数字は、タウバー自身の以前の宣言を考慮すると、非現実的なものである(戦後直後の宣伝と結びついている)。1943年3月14日から4月15日のあいだに、7万から7万5千の犠牲者がクレマトリウムⅡで灰にされた可能性があることを意味しているのであろう。ダヌータ・チェヒの収容所での出来事に関するカレンダーは、その不完全さにもかかわらず、重要な研究ツールとなっており、それによると、この期間に約2万人がガス処刑された。ここには、ミクロス・ニーシュリ博士がその著書の中で、彼の信憑性が長い間争われるほど大量に、しかも嘆かわしいほど使用した、有名な4倍という数字がほとんど見受けられるのである。ヘンリク・タウバーは、「死者の数は知らない」あるいは「それほど多かったと思う」と実質的に発言し、その1、2文後に、十分に検討した結果、犠牲者は全部で400万人という(標準)数字になったと冷静に語った唯一の証人とは言いがたいのである。この種の虚偽の押しつけは、1945年から50年までの政治情勢のため、許されるものではない、と私は強調したい]

この時、脱衣所からガス室まで、どのように人が集められたのか、私は見ることができませんでした。輸送が到着すると、私たちはコークス貯蔵庫に監禁されたからです。「ボイラー室」に残ることができたのは、火を絶やさないようにしなければならないゾンダーコマンドの2人のメンバーだけでした。私自身、この仕事に詳しくなって来ました。「ボイラー室」の窓から、「サイクロン」[チクロンB]がガス室に注ぎ込まれる様子を観察しました。それぞれの輸送は、赤十字のマークをつけた車両に続いて、火葬場の庭に入っていきました。収容所医師のメンゲレを乗せ、Rottenführer(伍長)のシャイメッツが一緒でした。彼らは、車から「サイクロン」[チクロンB]の缶を取り出し、ガス室に「サイクロン」[チクロンB]を導入するための小さな煙突のそばに置きました。そこでシャイメッツは、特殊なぞっとするノミ(頭に歯の輪がある)とハンマーで開け、中身をガス室へと流し込みました。そして、コンクリート(または木製)のカバーで開口部を閉じました。同じような煙突が4つあったので、シャイメッツは、黄色のラベルが貼られた「サイクロン」[Zyklon-B]の一番小さな缶の一つをそれぞれに注ぎました[資料32、33、34参照]。缶を開ける前に、シャイメッツはガスマスクを装着し[資料35参照]、それをつけたまま缶を開け、製品を注ぎました。この処置を行ったSSは他にもいたのですが、名前は忘れてしまいました。彼らは、この処置のために特別に指名され、「Gesundheitswesen」(健康サービス)に所属していたのです。ガス処刑のたびに、収容所医師[SS]が立ち会いました。私がメンゲレについて述べたとすれば、それは、私が仕事中によく彼に会ったからです。彼のほかにも、ケーニッヒ、ティロ、そして名前は覚えていませんが、若くて背の高い、小柄な医師がガス処刑に立ち会っています。この最後の一人は、選抜の際、全員をガス処刑に追いやりました。ある時、メンゲレがシャイメッツに、ガス室の犠牲者に早く「餌」をやるように言ったのを覚えています。彼の実際の言葉は、「シャイメッツ、彼らに食料を与えろ、彼ら(?)は直接カトヴィッツに行くべきだ」でした。つまり、シャイメッツは「サイクロン」(チクロンB)の投入を急がなければならないのです。 また、車列を護衛して火葬場に入ってくるSSは、犬を連れていて、手には麻酔銃を持っていることに、仕事中に気づかされました。 


資料32と33

PMOの「予備在庫」ブロック25に保管されていたチクロンBの同じ缶の写真2枚、内容量は1600gで、青酸1500gに修正されており、東帝国の主要販売業者であテッシュ&スタベノウ社から納入された。この缶の4つ、6キログラムのHCNは、Leichenkeller 1/クレマトリエンIIとIIIのガス室で1000から1500人を殺すために使われた。 

(筆者撮影) 


資料34

ブロック25のPMO「予備在庫」に保管されていた2つのチクロンB缶のラベルの写真。上の写真。東帝国の販売業者テッシュ&スタベノウから供給された1200グラムの缶。下。製造者ディゲシュ社が供給した1600グラムを1500グラムに訂正したもの。

(撮影筆者)

 

Page495

クレマトリウムIIでは、死体運搬用のトロッコはほとんど使われませんでした。代わりに金属製の担架(ドイツ語で「Leichenbrett」、死体板)が使われ、マッフル扉の下端にある鉄のローラーでマッフルの後部に押し込まれました。この新しい装置は、オバーカポ・オーガストが発明したようです。その後、すべての火葬場で使われるようになりました。クレマトリウムII・III炉では、3つのマッフル用に1組のローラーがあり、マッフル扉の前に固定された鉄棒に沿って移動させることができるようになっていました。クレマトリエンIVとVでは、各マッフルはそれ自身の2つのローラーをドアの前に常設していました[資料36参照、「Leichenbrett」]。各火葬場(炉)には、死体を入れるためのローラーが2つありました。この「ストレッチャー」は、マッフルの前に置かれていました。二人の囚人がそれに死体を積み込んだ。手順は、最初の死体を、足をマッフルの方に向け、背中を下にして顔を上にした状態で置きます。そして、その上にもう一人の死体が、やはり顔を上にして、頭をマッフルの方に向けて置かれました。これは、炉の中に死体を入れるときに、上の死体の足が下の死体の足を塞いで邪魔にならないようにするための方法です。2人の囚人が担架を積みました。担架の一端はマッフルの前、鉄棒の下に置かれ、その横に2人の囚人が並んでいました。死体を担架に乗せる間、一人はマッフルの扉を開け、もう一人はローラーの位置を決めました。そして、担架を持ち上げてローラーに乗せ、担架の反対側の取っ手のところにいた5人目の囚人が、彼らと同時に担架を持ち上げてマッフルに押し込んだのです。死体が中に入ると、6番目の囚人が火かき棒(fire iron)[資料37]で死体を押さえつけ、5番目の囚人が担架を引き揚げる間、死体はそのままにされました。また、炉から出てきた担架に石鹸を溶かした水をかけて冷やし、次の死体が担架の金属にくっつかず滑りやすいようにするのも6人目の仕事でありました[資料38ダヴィッド・オレールのクレマトリウムIII炉室のスケッチを参照。3人の囚人のチーム(タウバーの記述では3番目、4番目、5番目)が、「Leichenbrett」によって死体を炉に装入する場面が描かれている]。同じマッフルで焼却される次の装填も同じ手順で行いました。最初に入れた死体はすぐに燃え始め、手足が浮き上がってくるので、早く作業しなければなりません。スピードが遅いと、2組目の死体の装填が難しいのです。この他の2体の遺体導入の際には、火葬の様子も見学することができました。胴体が起き上がり、腕が空に向かって伸びて収縮しているように見えました。脚も同様です。体が水ぶくれだらけになりました。貯蔵室に2日間放置されたガス処刑された死体は膨れ上がり、焼却で横隔膜が破裂し、腸が飛び出しました。また、炉の中で遺体を火かき棒で動かして燃焼を促進させながら、火葬の様子を観察することができました。装填が終わると、コマンドの親衛隊長(SS-Kommandoführer)が、炉が適切に満たされているかどうか確認しました。私たちは、彼のためにマッフルを一つ一つ開けなければならず、その瞬間、中で何が起こっているかを見ることができました。子供の遺体を大人の遺体と一緒に燃やしたのです。まず大人2人を入れ、次にマッフルの中に入るだけの子供を入れました。5、6人ということもありました。これは、比較的離れている格子状の棒に子どもの体が直接当たらないようにするためです。こうすることで、子どもたちが灰皿の中に落ちてしまうことを防いでいるのです。女性の体は、男性の体よりずっとよく、早く燃焼するのです。そのため、燃焼が悪いときは、女性の体を導入して燃焼を促進させることもありました。火葬が始まると、炉の火箱だけが温められ、装入物はゆっくりと燃焼していました。その後、火葬が次々と行われるようになり、炉は遺体の燃焼によって生じた燃え殻のおかげで燃えました。そのため、脂肪体の焼却の際には、一般的に消火が行われました。このような遺体を高温の炉に投入すると、たちまち脂肪が灰入れに流れ込み、そこに火がついて遺体の燃焼が始まります。「ムゼルマン」を火葬するときは、常に火箱に燃料を補給する必要がありました。シフトのボス(Vorarbeiter)が担当ごとに焼却した死体の数をノートに書き、それをSSのコマンド(Kommandoführer)長がチェックします。輸送ごと火葬にした後、ノートを持ち去りました。ゾンダーコマンドが解放されるたびに、さまざまなSSの衛兵やコマンドの責任者が立ち会いました。この中で私が覚えているのは、ジョルジュ、クーナス、クルシュス、シュルツ、ケルン、ケラーズ。シャイメッツは、すでに述べたように、第4火葬場でしばらくの間、コマンドフューラーをしていました。

[ビルケナウ・クレマトリウムには、おそらく、建物と敷地を警備する数名のSS、一定期間のゾンダーコマンドのシフトの仕事をそれぞれ担当する2名ないし3名のSSコンマンドフューラー、達成すべき「任務」の進展に応じて、1つ、2つ、4つのクレマトリウムを担当するクレマトリウム長で構成されるSS階層があった。ゾンダーコマンドのメンバーには、SSをモデルにした独自の階層があった。ゾンダーコマンドは30人から50人のシフトに分かれ、それぞれ1人または複数のシフトボス/ Vorarbeiterがカポを補佐していたようである。そのトップは、1つか2つのクレマトリウムに任命されたチーフカポ/オーバーカポであった]

コマンドフューラーは皆、クレマトリウムで働くゾンダーコマンドの囚人を不当に扱いました。時には、火葬場の責任者の一人で、後に転任したフォスが、輸送集団が来ず、仕事がないという単純な理由で、我々を追い詰めているゲオルグ・コマンドフューラーを批判して、こう言ったことがあるほど、彼らの残酷さは際立っていました。「Wenn du hast nicht was zu umlegen, dann bist du wild. Ich habe das schon genug」[意味は大雑把に「拭うものがなくなると、必ず発狂する。もういい加減にしてくれ」]このフォス以外に、この火葬場の活動中の責任者がいました。シュタインベルク親衛隊伍長(軍曹)、ヒルシュ親衛隊上級曹長曹長)とオットー・モール、プフ親衛隊軍曹(二等軍曹)(実際はブフ)、そして、ルブリン(マイダネク)から火葬場の清算後にやってきたマスフェルド親衛隊曹長(上級二等軍曹。 エリヒ)です。

モル上級曹長は、この中で最も堕落した人物でした。私が収容所に到着する前、彼は、ガス処刑された犠牲者をピットで焼却するバンカーでの作業を担当していました[ここからそう遠くない]。その後、しばらくは別の課に異動になりました。1944年、ハンガリーからの輸送を「受け入れる」ために必要な準備を考慮して、彼はすべてのクレマトリウムを担当することになりました。この輸送で到着した人々を大規模に抹殺することを組織したのは


資料35
[写真:ピエール・ベッソン]  

ドイツ国防軍のガスマスク GM ( または Gm ) 38 型、サイズ2[ref TM-E 30-451, 1943年9月1日の「ドイツ軍」及び1945年3月15日の「ドイツ軍ハンドブック」、米国陸軍省発行の技術マニュアル] 1940年12月に製造、「J」フィルターカートリッジを装着し「チクロン使用」、1943年12月にテストされた。青酸を固定するための主な吸収剤は、ヘキサメチレンテトラミン(またはウルトロピン)を含浸させた木炭、苛性軽石、石灰ナトリウムなどである。 

 

Page496

彼です。ハンガリーの輸送が到着する直前に、クレマトリウムVの横にピットを掘るように命じ[資料39]、遊休状態になっていたブンカー2とそのピットの活動を再開したのです。クレマトリウムの庭には柱が立っていて、輸送集団から新たに到着した人たちに、仕事が待っている収容所に行くこと、その前に風呂に入って消毒を受けることを告げていました。そのためには、服を脱いで、貴重品はすべて庭に置かれた専用のカゴに入れなければなりません。モルも、同じようなことを繰り返しながら、新入に語りかけました。あまりに多くの輸送集団が来るので、ガス室が新しい到着者全員を収容しきれないこともありました。余剰人員は一人ずつ射殺するのが普通でした。モルは何度か、生きたまま人を燃え盛るピットに放り込みました。彼はまた、遠くから人を撃つ練習もしていました[この2つの練習を関連づけたダヴィッド・オレールのスケッチ、資料40を参照]。彼は、ゾンダーコマンドの囚人を不当に扱い、殴り、動物のように扱ったのです。その時、彼は針金を使って、新入から取り上げた宝石を入れた箱の中から金目のものを取り出し、ブリーフケースに入れて持ち出したと、彼の身辺にいた者は話しています。ガス処分に来た人たちが残した物の中から、毛皮やいろいろな食べ物、特に脂肪を持ち帰ったのです。食料を手にすると、周りの親衛隊員に「不景気になる前に何とかしないとね」とにこやかに語りかけました。彼の指揮の下で、ゾンダーコマンドは強化され、約1000人の囚人を抱えるまでになりました。私がゾンダーコマンドに到着したとき、ゾンダーコマンドは約400人しかいませんでした。この人数は1944年1月か2月まで維持されました。この時、約300人のメンバーがルブリン(マイダネク)に護送されました。私がゾンダーコマンドに到着する前は、週に約50人の囚人が定期的に加えられていました。しかし、このような増強にもかかわらず、多くの人が亡くなり、私が働き始めた時には、400人を超える囚人がいただけでした。ルブリンに向かう車列が出発した後、私たちは100人残っていました。そして、20人のロシア人と、カロルというドイツ人をカポとして送り込んできました。ゾンダーコマンドは、数十名の囚人、とりわけ、金の鋳造者(Goldgiesser)とアウシュヴィッツ・クレマトリウムIの「ストーカー」を受け入れたので、1944年4月には、ゾンダーコマンドは約160名の囚人から構成されていたのです。月末には、ハンガリーからの輸送の(498ページに続く)


資料36:
[PMO neg. no. 859]

クレマトリウムVの8マッフル炉の廃墟、北西の角、1945-46年に撮影され、ローラーに載っている「Leichenbrett」(金属製の死体運搬用担架)がある。地上レベルでは、[人間]の灰皿が置かれた2つの下部開口部。背景には、丁寧に積み上げられた建物の瓦礫がある。

 


資料37
[PMO neg. no. 891]

1945年、アウシュビッツ・バウホフで発見されたクレマトリウムの設備。

中央:5つの火かき棒  
上:人骨やコークスの灰を受けるための3つの容器(neg. No.892)。 
左上:Krematorium IVの8マッフル炉の4つの火床から出土した金属部品または火かき棒(neg. no. 890)
右下:遺体を載せるための金属製担架を支える2組のローラー 


資料38

ダヴィッド・オレールによるスケッチ。1945年のもので、クレマトリウムIIIの炉室と、担架に乗せられた死体を装填する3人の捕虜を、ヘンリク・タウバーが説明したものとは若干異なる手法で描いている。端炉に見える一対の可動ローラーは使われておらず、ストレッチャーをガイドし、その重量を支える鉄棒や木片に置き換えられている。使用された火かき棒を忠実に再現していることにも注目。 

 

Page497

資料39
[PMO neg. no, 280] 

1944年8月、ゾンダーコマンドのメンバーによって密かに撮影された写真。撮影者は、現在パリに住むダヴィド・スムルクフスキと長い間考えられており、1945年から1968年までポーランドの出版物で公式にそのように指定されていたが、この頃アウシュビッツ博物館によって記録が正された。現地調査によって、この写真はクレマトリウムVの北のガス室(図面2036のクレマトリウムIVの14室と対称的な部屋)から、南東-北西の線に沿って、ガス室と捕虜収容所のフェンス35との間のクレマトリウムVの北の庭に掘られた5つの小さな火葬場の一つ(背景に見える)の方向に撮影されたと判明している。 


資料40

1945年のダヴィッド・オレールによるスケッチ。上級曹長が、ピストルによる射撃と生きたまま(あるいは半生で)炎の中に投げ込むという、彼のお気に入りの2つの娯楽を行なっている様子が描かれている。フィリップ・ミュラーは『Sonderbehandlung(特別処置)』(Verlag Steinhausen Gmbh, Munich 1979)の中で、この場面を完璧に描写している。

「[モル]は、それから、衛生検査官のように、脱衣室を素早く通り抜け、数名の若い裸の女性を探し、それらを火葬場[V]の裏庭の焼却ピットに押し込んだのである。哀れな犠牲者たちは、その光景を見たとき、恐怖に襲われ、自分たちに何が起こっているのかわからなくなった。迷子になり、その場に釘付けになり、彼らは本能的に恐怖の光景から目をそむけた。その様子をじっと見ていたモールは、彼らの苦悩と恐怖を楽しんでいるようで、背後から冷徹に撃ち、泡だらけ(註:プレサックの原文には「bubbling」とあるが、「burning:燃える」の誤りではないかと思う)の穴へと転落させた」

人物のあまりにアカデミックなポーズを除けば、この絵はクレマトリウムVを西から東に忠実に描いている。ただし、左側にコークス屋がないことと、煙突が煙を出していないことは、炉が使われていなかったので、火葬場が掘られてその埋め合わせをしたのだろう。クレマトリウムの右側にある樹木の屏風は、現在もそこにある。


資料41
1943年1月11日の建設管理部図面2036

[PMO file BW 30b-30c23 and neg. nos. 6234 and 20818/10]

Einäscherungsanlage für das KGL / 捕虜収容所の火葬設備
Deckblatt für die Zeichnung Nr 1678 / 図面1678の修正シート

この図面は、クレマトリウムVが鏡像であった将来のクレマトリウムIVを描いたものである。

 

Page498

ために1000人に増えました。モルとその部下は、ハンガリー人輸送の大量火葬の全期間中、彼らの行動と私たちへの接し方によって、私たちを絶望と苦痛に陥れました。収容所と外の世界との連絡がつくとすぐに、私たちは自由への道を見つけるか、あるいは死ぬか、反乱を組織することにしました。蜂起は1944年6月と決まっていたが、正確な日付はもう覚えていません。しかし、それまで何も疑っていなかった人たちにまで、その秘密を明かしてしまうほど、準備は整っていたにもかかわらず、実現には至りませんでした。この事件は、発覚したときには多くの犠牲者を出し、大変な迷惑をかけました。反乱開始予定日の直後に最初に撃たれたのは、我らがカポ、カミンスキーでした。そして、外部との接触を一切不可能にするために、クレマトリウムIVに移されたのです。そこに設置されたゾンダーコマンドから200人の囚人が選ばれ、ガス処刑のために送られました。彼らは、アウシュヴィッツ「カナダ」の害虫駆除室でガス処刑され[1]、クレマトリウムIIでSS自身によって焼却されました。

[ヘンリク・タウバーは、個人的に目撃したわけでもない怪しげなエピソードをここに報告している。事実、200名のゾンダーコマンドのメンバーが、ガス室が消毒のために使われていたので「正常」に見えたとしても、ガス室に閉じこもることを許可したとはとても思えない。殺人ガス室と同じように、入り口に同じタイプのガス気密ドアが見えるように取り付けられていたので、このようなドアを何ヶ月も開け閉めしていた、この仕事を知り尽くした200名の男たちが、反乱を起こさずにこの部屋に入ったということはありえない。このガスによる処刑は、まだ証明されていない]

だんだん苦しくなってきたので、厳重に警備され、厳しく管理されているにもかかわらず、収容所から脱出することを決意したのです。準備が完了すると、1944年9月に反乱が起こりました[日付に誤りがあり、実際には1944年10月7日土曜日の正午にクレマトリウムIVの焼失から始まった]。それはクレマトリウムIIにも広がりました。クレマトリウムIVでの反乱では、25人から30人のSSを殺し[誤った数字。 殺されたのは3人のSSだけ]、それから、散り散りになりました。逃げる前に、クレマトリウムIVに火をつけ、爆破しました[爆発は定かではない]。収容所内に警報が発せられ、SSはすべてのクレマトリウムを包囲し、逃亡した囚人をほぼ全員捕らえました。暴動が終わったとき、ゾンダーコマンドの1000人のうち、生きていたのは約190人だけでした[10月9日に生き残っていた212人のうち、10日に14人が逮捕・投獄され、198人が一時的に救われた]。私たちは全員、まずクレマトリウムIIIに収容され、その後、何人かはセクターBIId(懲罰コマンドの兵舎、男性収容所内の刑務所)のブロック11に移されました。その後、100名の囚人の輸送がそこを出発し[目的地はKLグロスローゼンであった。彼らがどうなったかは不明である]、さらに30名のグループがクレマトリウムVでの死体焼却のために派遣されました。60人はブロック11に残り、解体コマンド(Abbruchkommando)で、グロス・ローゼンに輸送される予定のクレマトリエンIIとIIIの解体に従事しました。  

[1944年11月26日のノートで「Unknown Author(作者不詳)」が言及したプロジェクト。クレマトリエンIIとIIIの換気システムについては、PartII、Chapter6のテキストを参照されたい。これは、おそらくAbbruchkommandoのメンバー自身の間で生まれた話であり、KLグロスローゼンとマウトハウゼンで脱衣室の排気装置を使ってガス室を設置したことに関する純粋な神話なのである!]

その後、クレマトリウムVの30人の「ストーカー」は、収容所が清算されたとき、約90人のゾンダーコマンド隊員が収容されていたブロック11に戻りました。1945年1月18日、私たちは、他のアウシュビッツのブロックの囚人たちとともに集められ、帝国の方向へ群れを作りました。20キロほど走ったところで 私は逃げ出したので、命拾いをしました。

ゾンダーコマンドに所属する病理医が4人いたことは、すでに述べたとおりです。最初は、彼らはブロックの中で私たちと一緒に暮らしていましたが、後に、クレマトリウムIIのコークス倉庫[18]の隣の部屋[23]に自分たちを据えました。これらの医師は、クレマトリウムIIとIIIの1階にある部屋[11]で、大きな石のテーブルの上で検死を行いました[クレマトリウムIIIのそれは、1943年4月17日と19日に設置され、20、21、23日にグライヴィッツのヨセフ・クルゲ社によって磨かれた(ファイルBW 30/34、1-5頁)]。そこで、彼らは、病院で死んだ囚人の死体を解剖し、脱衣室[2]とガス室[1]の間の廊下[3]で撃たれたある人物の死体も解剖したのです。モルは自分で彼らを撃つことが多かったです。彼らは、基幹収容所の[11]ブロックのバンカー[独房]から来る囚人や、収容所の外から来る囚人を撃ちました。囚人が銃殺されるために連れてこられるとすぐに、名前は知りませんが、伍長(軍曹)が火葬場にやってきて、これらの囚人が銃殺されたときの死体から肉の部分を切り取ることがよくありました。臀部と太ももから切り落とされた遺体の破片は、このSSの男が箱やバケツに入れて、車で持ち去りました。なぜ彼がこんなことをしたのかはわかりません。 

[この事実は、「火葬場」という環境に限ったことではなくダヴィッド・オレールによる初期のスケッチと後の絵画によって確認することができる。もしそれが特定のSSによって秘密裏に行われた犯罪行為であるならば、そして何事にも、恐怖にも限界があることを考慮して、ここではあえて紹介するのを控える]

この病理医たちは、解剖のたびに報告書を作成しなければならず、その後、SSの医師によって持ち去られた。

1943年4月中旬、私は、使用開始されたばかりのクレマトリウムIV[1943年3月22日に建設管理部からSS管理部に公式に引き渡された]に移されましたが、これは使用開始された2番目でした。それから、まだ1943年の前半に、クレマトリウムVが、

[1943年4月4日に使用開始されたが、ビエリッツのリーデル&サンの従業員は17日までそこで働いていた(ファイルBW 30/28、121頁)。前日から始まった「ガス密閉ドア」の取り付けが、カットヴィッツのフータで雇われていた6名の民間人によって完了した日である。(file BW 30/36. page 27)]

最後にクレマトリウムIIIが完成しました[1943年6月25日に引き渡された]。クレマトリウムIIIはIIと同じ構造でしたが、死体を装填するためのトロッコがそこで使われなかったという内部的な違いを除いては、同じでした。コークス屋の横の部屋には、クレマトリウムIIでは医師が収容されていましたが、クレマトリウムIIIでは、金歯をインゴットに流し込む金労働者(Goldarbeiter)が収容されていました。

クレマトリウムIVとVは同じ計画[資料41]で、建設段階BIIと「メキシコ」[BIII]の間を通る道路[Ringstraße/環状道路]の両側に、新しいサウナ[Zentral Sauna]の方向に向かって対称的に設置されました。これらのクレマトリウムには、それぞれ2つの4マッフル炉が設置されていました。

[図面上では「8マッフル火葬炉」となっており、4マッフル炉2基を1ユニットとして構成されている。このモデルは、トプフ&サンズ社のチーフエンジニア、クルト・プリュファーが1941年12月初めに設計したもので、彼は自宅で暇なときにやっていた仕事だ (Staatsarchiv Weimar, Bestand 2/555a, letter of 6th December 1941)。1943年7月7日のトプフの手紙によると、このタイプの炉は1941年12月4日に全国指導者SSがベルリンに発注していた(ファイルBW 30/27、24ページ)]

マッフル[図面2036のm1、m2]は左右一対でした。1つの火箱[g]が2つのマッフル[m1、m2]を加熱し、合わせて1つの炉の半分を構成していました。各炉には専用の煙突[c1、c2]がありました。脱衣室[9]とガス室[13、14、15、17]は1階に設置され、それらが設置された建物の部分は「ボイラー室」ほど高くないので、[建物の外の観察者には]火葬場の別館のような外観でした。ボイラー室[5]は脱衣室[9]と狭い廊下[7、8]で隔てられており、4つの内扉があり、2つの部屋の間を行き来できるようになっていました。脱衣室[9]は、外側に与えられた4つの小さな格子窓[実際には、北側の壁に4つ、南側の壁に4つあり、オリジナルの図面には現れないが、当時の写真では見える]によって採光されていました。もう一つの扉[3]は廊下[10]につながっており、その入り口の扉[16]はクレマトリウムの庭に面していた。この入り口は二つの窓[fとf']に挟まれていました。

[Seuil社から出版された『Album d'Auschwitz(アウシュヴィッツ・アルバム)』によると、f'ではなくfの窓の下半分は頭の高さまでレンガで覆われていた。これは、損害が発生したためである。服を着た被害者は、廊下(10)の扉(16)から落ち着いて入り、脱衣室(9)に案内された。裸で無防備で不安になると、彼らは廊下(10)に戻され、ガス室(13、14、15、17)に押し込まれたのである。シャワーのない1室目の内部や、密閉帯のついた重い入口の扉を見て、被害者が反り返ることもあり、脱衣所から到着した人たちの圧力とあいまって、この時点でパニック状態の人だかりができたのである。唯一の出口である玄関のドア(16)が閉まっていたため、窓fだけが残り、それによる被害を受けた]

廊下[10]の入口ドア[16]の反対側には、火葬場で働くSSのための台所である窓[正しくは二つの窓]のある部屋[図面2036に「Arztzimmer/医師(病理医)の部屋」と指定されている部屋、しかし、その部屋が実際に医師によって使われたかどうかは不明]、ゾンダーコマンドのメンバーが料理を準備する台所に通じるドアがありました。この部屋は、囚人に対するゾンダーコマンドの部屋に隣接していました[12]。クレマトリウムVでは、ゾンダーコマンドのブーツ職人、仕立屋、大工が働いていたのは、それに対応する部屋でした。クレマトリウムII[屋上スペース]にも同じような作業場があり、そこには、ガス処刑された人々の毛髪の山[ゴミ焼却炉の上の屋上スペースで乾燥]がありました。廊下[10]の3番目のドアは、鉄格子の窓のある廊下[13]と火葬場の庭に通じるドア[18]に通じていました。

[このクレマトリウムIVの扉は、Seuil『Album d'Auschwitz』の写真189で、背景と右側に見えるが、オリジナルの図面にはない]

この廊下[13]から、右側のドアは最初[14]のガス室に、反対側のドアは最も小さい[17]ガス室に通じており、別のドアによって、最も大きい[15]ガス室に通じていたのです。

[この配置は、13と17の間のドアの痕跡が残っているクレマトリウムVにのみ有効である。実際、この部屋の複合体は、当初は2つのガス室(14と15)が廊下(13と17)によって提供される予定であったが、実際には3つ(14、15、13と17)あり、これはしばらくの間クレマトリエンIVとVの両方の配置だったのだ。その後、Kr Vのみ、廊下(13+17)を2/3(13):1/3(17)の割合で分割し、4台装備された。ヘンリク・タウバーの記述は、上記の文章がKr Vに当てはまり、Kr IVのことを言っているように見えるため、2つのクレマトリエンの間で浮遊する傾向がある]

この廊下と、それに続く3つの部屋は、ガス処刑のための部屋として使われました。すべてガス密閉式のドアで、窓も内側が鉄格子[文書や証言がないため、バーやグリッドの形状は不明である]、外側がガス密閉式のシャッターで閉じられていた[資料42、43、44、45参照]。

[Kr IVのシャッターは、「Gasdichtenfenster/ガス気密窓」と呼ばれ、1943年2月28日の日曜日に、リーデル&サンの民間人が、翌火曜日に彼らの監督官が「Gasskammer/ガス室」と指定した部屋に設置した(ファイルBW 30/28、73頁と68頁)。ガスドア」と呼ばれるKr V.のドアは、1943年4月16日と17日に、フータの民間従業員によって取り付けられた(ファイルBW 30/36、27頁)]

この小さな窓は、外に立っている人の手で届くことができ、チクロンBの缶の中身を、人でいっぱいのガス室に投げ入れるために使われました[原則として、SSは短い梯子を使用して、そこに到達した]。ガス室は高さ2mほどで、壁には電気照明が設置されていましたが、換気装置はなく、

[実際に壁に設置されていた。「部屋」14と15にはそれぞれ4つの「Wand-Lampen versenkt / set-in wall lamps」 (file BW 30/43, page 33) があり、別の図面2036では 「kavernischen」 (file BW 30/43, page 6) として指定されていた]

死体を除去するゾンダーコマンドはガスマスクを着用しなければなりませんでした。死体は、(501ページに続く)

 

Page499

資料42
リーデル&ソン社の工程表 [PMO file BW 30/28]

このファイルのタイトルは「Tagesbericht. Einäscherungslanlage 5 (Krematorium 4) / 日報。火葬場の設置5(クレマトリウム4)」である。

73ページ。

1943年2月28日日曜日の「Tagesleistungen / 今日の仕事」の下に、クレマトリウムIVに関して、民間人の監督官が項目5として書いている。

Gassdichtenfenster versetzen / ガス気密窓の設置

(撮影筆者)


資料43
同上、68ページ

1943年3月2日(火)については、同じ民間人監督官が項目5として書いている。 

  • Fussboden Aufschüttung auffühlen. stampfen und Fussboden betonieren im Gasskammer 
  • ガス室で硬い盛り土をして、タンピングして床をコンクリートで固める。(写真:筆者撮影)   

 

Page500

(499ページの続き)床を引きずって、アクセス通路[10]に入り、そこで理髪師が髪を切り落とし、脱衣室に入り、この種の火葬場では、死体の保管室としての役割も果たしていました。そこは大きなホールで、[リーデル&サンの民間従業員がそう指定した]ガス室が掃除される間、死体が置かれる場所でした。そして、脱衣所と「ボイラー室」の間の狭い廊下[7、8]を通され、両端[7と8に位置]で歯科医が金歯を抜きました。「ボイラー室」[5]では、死体のマッフルへの導入は、私が述べたように、金属製のストレッチャーを使って行われました。ボイラー室」[5]の向こうには、コマンド長の部屋(Kommandoführer)とその横に他のSSのための部屋[1]がありました。 

[Aufenthaltsraum(休憩室)」と呼ばれるこの部屋は、囚人のためのものであったが、SSによって併合され、2つに分けられた。その表面の3分の1は、ガス室を洗浄するための水汲み設備で占められていたので、2つの小さな独房を入れるだけのスペースしか残っていなかった]

この後、狭い廊下[2、元々はクレマトリウムIVの東の庭に通じていたが、後に入り口のドアが塞がれた]、SSの洗面所とトイレ[3]、コークス倉庫[4]が続いていました。建物は全体がレンガ造りで、木造の屋根はアスベストシートとルーフィングフェルトで覆われていた[1944年10月初めのゾンダーコマンドの反乱のときに火災に役立った]。どの火葬場も、庭は籐と垣根で厚く囲われ、そこに藁のハードルが取り付けられていて、外界と隔てられていた。

[解放時に無傷で発見されたクレマトリウムVの南庭を囲む生垣の資料46を参照。これらの「カモフラージュ」垣根は、非常に遅く、1944年7月から8月にかけて設置され、クレマトリエンIVとVの周辺、特に後者の火葬場を隠すために行われた。一方、1943年11月6日のビショフからの書簡(ヘス裁判の第11巻、附属書7)が要求しているにもかかわらず、この命令が実行されたかどうかはきわめて疑わしい。クレマトリウムI(II)とII(III)のまわりに、収容所司令官ヘスの命令に従って、「緑の輪を作る」ことを要請しているが、この命令の実行はきわめて疑わしいままである]

(Kr Vの)庭には監視塔があり、機関銃で武装したSSが見張っていました。

[今はもう存在しないが、解放当時はまだあった。ワルシャワ高等弁務官事務所にある写真ref. 15492 (Luczko series)には、クレマトリウムVの廃墟の近くにあるものが写っている]

さらに、この地域全体が有刺鉄線で囲まれ、庭は強力なランプで照らされていたのです。1944年5月、SSは、クレマトリウムVの庭で、建物本体[北壁]と排水溝[「Graben L1」]の間に、のちにハンガリー輸送のガス処刑者の死体焼却に使われた5つの穴を掘るようにと命じました。建物と穴の間にトロッコ用の線路が敷かれていましたが、SSが不便であると考えたので、私たちはそれを使わず、ガス室から穴までまっすぐ死体を引きずらなければなりませんでした[資料39参照]。同時に、焼却ピットのある旧ブンカー2も再利用できるようにしました。私はそこで働いたことはありません。炉よりも穴の方が死体をよく燃やすことがわかったので、穴が稼働するようになってから、


資料44

クレマトリウムIのコークス貯蔵庫に保管されていた3つのガス密閉シャッター。左から順に分類: PMO II-5-64/1, -64/3 and -64/2。2種類のタイプがある。

  • 64/1は、蝶ナットを緩めてボルトを右に回し、固定バーを動かしてシャッターを開けることができる。シャッターを閉じるには、この順序を逆にする。      
  • 64/2、64/3は開閉が容易で、固定バーが2本のボルトナットでシャッターに固定されており、バーとシャッターが一緒に開くようになっている。ボルトの頭は内側に、ナットは外側にあり、この配置はもはや言うまでもない。       
         (写真提供:筆者)  

資料45

チクロンB導入用シャッター、PMO II-5-64/2、2番目のもの、オープン状態。シャッター(アウターラベット)とフレーム(インナーラベット)には、2枚のシールフェルトの跡が見える。このシャッターの後ろにグリルがあることは、ヘンリク・タウバーが報告し、ダヴィッド・オレールも口頭で確認したが、二人ともその形状を説明していない。一般には、犠牲者にチクロンBペレットを投げつけて散布したと考えられているが、クレマトリエンIIとIIIの「チクロンB導入欄」はこれを否定し、実際には吸収基材は常に再使用のために回収*されていた。クレマトリエンIVとVのガス室のシャッターのすぐ内側にあったはずの拡散と回復のメッシュあるいはグリッドの形態は、依然として不明である。 

(撮影筆者)

[翻訳注:「吸収体」は硫酸カルシウムという安価な材料であり、再利用のための回収には値しない]

 

Page501

クレマトリウムは次々と閉鎖されました。最初に停止されたのは、明らかに1944年6月のクレマトリウムIVであり[この日付は早いように思われるが、この種の情報が明示的ではなく間接的に与えられている他の記録を参照]、次に1944年10月に、クレマトリウムIIとIIIであったと思われます。クレマトリウムVはドイツ軍が逃げ出すまで続けられました。末期には、自然死した囚人や処刑された囚人の遺体を焼却するために使用されました。ガス処刑は1944年10月に中止されました[11月26日、ヒムラーはクレマトリウムの解体を命じ、ガス処刑の終了を公式化した]。今のところ、クレマトリウムとピットでガス処刑され焼却されたすべての人々の正確な数を示すことはできません。クレマトリウムで働く人々の中には、ガス処刑された人々に関する数字や最も劇的な出来事を個人的に、そして秘密裡に記録している者もいました。 これらのノートは、クレマトリエン近くのさまざまな場所に埋められていました。ソ連委員会の滞在中(1945年2月~3月)に掘り起こされたものもあり、ソ連が持ち去ってしまったのです。ほとんどのノートはまだ埋まっているはずで、回収することは可能なはずです。ガス室でガス処刑された人々の写真や、ガス処刑されるためにクレマトリウムに到着する車列の写真などがありました[発見されていない]。私がゾンダーコマンドの一員としてクレマトリウムで働いた期間には、合計で約200万人がガス処刑されたと想像しています。アウシュビッツでは、私が到着する前にクレマトリエンやブンカーで働いていた様々な囚人から話を聞くことができました。彼らは私に、「あなたはこの仕事を最初からしていないが、あなたが来る前に、さらに200万人がブンカー1、2とクレマトリウムIでガス処刑されていた」と言いました。アウシュビッツでガス処刑された人の数は、合計すると約400万人にのぼります。

 

[プロパガンダの象徴と化した 1945年5月17日のスラマ・ドラゴンの供述にも、同じような回答が見られる。「アウシュヴィッツでガス処刑された他の出身のユダヤ人の


資料46
[PMO neg. no. 860]  

クレマトリウムVの南庭を隠し、収容所の「Ringstraße / 環状道路」に接する生け垣の跡。その後、生け垣は撤去された。高さは3メートルと言われているが、カメラの位置からすると誇張されているようである。背景はクレマトリウムVの南側を隠している木々。


資料47
[PMO neg. no.888]

クレマトリウムIVの8マッフル炉の金属フレーム、右下はクレマトリウムIIとIIIのLeichenkeller 1の上部換気孔の亜鉛カバーが混ざっている。左上、フレームの部品で半分隠れているのは、クレマトリウムの窓の保護格子。1945年、バウホフ(建材置き場)で撮影された写真。


資料48
[PMO neg, no. 887]

クレマトリウムIVの炉の扉。1945年にバウホフで撮影されたクレマトリウムIVの火葬炉(Kr Vのものは同じ)のマッフルの、縦にスライドする「ギロチン」扉で、点検用の覗き穴がある。アウシュヴィッツ建設管理部がトプフ&サンズ社のコッホ監督に依頼した、クレマトリウムIVとV炉用の8個のカウンターウェイトの製作といくつかの滑車の修正(ヘス裁判の11巻の「金属加工」ファイル、注文番号137と175)には、位置や機能の表示なしにクレマトリウムの炉室に取り付けられていた10の「Handwinden/手巻き機」(PMOファイルBW30/43. 33ページ)、8個は8マッフル炉と呼ばれる二重4マッフル炉用で、2個は煙道ダンパー用であった。トプフの図面 D.58173(Bundesarchiv Koblenz, NS 4 Mauthausen/54)によると、クレマトリウムIVとVの焼却マッフルの開閉技術は、「Absperrschieber(tür)/スライド式遮断扉」で、上部の位置、すなわちマッフルが開いていたときに扉を保持するための炉の上部から突き出たハウジング(クレマトリウムIVの図面1678と2036で炉の断面に見える)があることが明確である。そのため、クレマトリウムのIVとVのマッフルドアは垂直に開き、IIとIIIのマッフルドアは通常のヒンジ式であった。これらのウインチ、カウンターウエイト、ドアは現在、基幹収容所のクレマトリウムIの旧コークス倉庫に保管されている。 


資料49
[PMO neg. no. 889]

1945年にバウホフで撮影されたクレマトリウムの窓の保護格子。 

 

Page502

正確な数を言うことはできません(1943年に焼却された7万人のギリシャユダヤ人を除く)。2つのブンカーと4つのクレマトリウムでガス処刑された総数は400万人を超えていると思います」と述べている。アメリカの歴史家ラウル・ヒルバーグは、『The Destruction of the European Jews(ヨーロッパ・ユダヤ人の破壊)』(Quadrangle Books, Chicago 1961)の数少ない真の専門家の一人であるが、アウシュヴィッツに到着した列車の数から、ユダヤ人の犠牲者は100万人と推定している]

この数字には、ユダヤ人とアーリア人の両方を含むヨーロッパの様々な国からの様々な移送者、および収容所に登録され、選別後にガス処刑のために送られた囚人が含まれています。

アウシュヴィッツ・クレマトリウムの解体は1944年秋に始まりました[Kr IVは10月に、Kr IIとIIIは11月末に]。部品は商品プラットホームに運ばれ、列車に積み込まれました。材料の一部はアウシュヴィッツに残され、[1945年]、アウシュヴィッツI[基幹収容所の北西約1km]の「バウホフ」(建設業者の庭)と呼ばれる建築材料が保管されていた場所で今も見つかっています。ドイツ人は逃亡を急いでいたため、すべてを出荷することができなかったのです。そこで発見されたのは、すでに述べたトロッコ、換気装置の部品[クレマトリエンⅡとIIIの脱衣室:PMO neg.nos 893、894、895、896]、クレマトリエンIVとVの火葬炉のフレーム[資料47参照]、

[実際、これらの部品はKr IVのもので、Vのものは1945年1月末の爆発で破壊され、その廃墟の中にねじれたまま残っていたのである。右側の観察者の影の中央には、クレマトリウム[IIまたはIII]のガス室の上部換気孔のカバーが10数枚見えるが、これはその後の毒物学的分析でシアンの痕跡を発見することになったものである]

同じ炉の扉[資料48]、灰入れ[資料26]、火刑台[資料27]、窓の鉄格子[資料49、文脈にもかかわらず、死体を戸外で焼くための鉄格子ではなく、確かに窓を保護するための鉄格子である]、炉の焼きごて[資料37]、ガス室のガス気密ドア[資料11、12、13]、脱衣室の衣類フックとベンチ[クレマトリウムIIとIII、資料10]、その他の金属と木の品々、です。

これにて、宣誓証言は終了し、審理は終了した。

証人
ヘンリク・タウバー

検事エドワード・ペチャルスキー

審査判事ヤン・セーン

裁判所書記官 ステファニア・セトマイヤー

「ドイツ犯罪調査クラクフ地域委員会」の丸いスタンプ、手書きで「証明された真のコピー」、ヤン・セーンのサイン入り。

*** 


結論

1985年、ヘンリク・タウバーの供述は、ビルケナウの殺人ガス室の存在に関して何も新しいことをもたらしていない。歴史的な事実であり、それを受け入れようとしない人たち以外には知られていることである。彼の証言が例外的に有効であることの証明は、1945年5月には入手できなかった、現在入手可能な歴史的資料といかにうまく対応しているかということである。彼の記述に対する主な批判は、クレマトリエンⅣとⅤに関する記述が相対的に弱いということである。クレマトリエンII、IIIについては、必要なことではあるが、あまりに詳細であるため、退屈になることがあるのと同様に、クレマトリエンIV、Vについては、ほとんど曖昧になってしまうのである。しかし、証言録取の終わりまでに疲れ果てていたに違いないタウバーに責任があるわけではない。

ヤン・セーン判事が、クレマトリエンIVとVをより具体的に扱うために彼を再公判に招集しなかったのは残念なことである。数日の休みを経て、彼の記憶から抜け出た多くのディテールが戻ってきたことだろう。たとえば、クレマトリエンⅣとⅤでは、ゾンダーコマンドのメンバーで「ストーカー」であったタウバーもドラゴンも、彼らが毎日扱っていた8マッフル炉の扉の開閉方法について記述していないからである。そうすることで、彼らは炉の外観を記述するようになったのであろうが、当時の写真がないため、比較と照合という手間のかかる作業によってのみ、炉の外観を再現することができるのである。クレマトリエンⅣとⅤの炉の内部構造を示す建設管理部の写真やトプフの図面がもっと発見されれば、この批判が無意味になることは明らかである。

***