著者による後書き

この資料は、ジャン・クロード・プレサックによる『アウシュヴィッツ ガス室の技術と操作』を翻訳したものです。

phdn.org

 目次 - アウシュビッツ ガス室の技術と操作 J-C・プレサック著

特定のページのリンクを貼りたい場合は、

このページのURL + #p + 三桁のページ番号

としてください。

[例:チクロンBの取扱説明書のあるページ(Page018)を指定したい場合]

https://holocaust.hatenadiary.com/entry/2020/08/21/031127#p018

Page537

著者による後書き 

ビルケナウでのユダヤ人絶滅に関する彼の立場と、
この研究を行うに至った個人的な経験について 

私はユダヤ人ではなく、一時は「修正主義者」であった。この本を読んだ後、私が今でもそうなのだと思う人がいるに違いない。その可能性は十分にあり、私は彼らを恨んではいない。「絶滅論者」と「修正論者」という、激しく対立する二つの流派の区別は、かつてのアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所に関する知識のある閾値に達した時点で意味をなさなくなるのである。私はこの閾値を越えてしまったのだ。

普通の人間なら、初めてアウシュビッツ収容所を訪れると、深い精神的ショックを受けるものである。歴史の重みが、それ以外の反応を許さないのだ。1979年10月のある晩、私は普通の旅行者だったが、証拠と絶望に圧倒され、基幹収容所である捕虜収容所で自殺しそうになったことがある。どうしたらこの自爆行為ができるのだろうかと、よく考えてみた。その退屈な夜以来、私は1979年から1984年の間に10回にわたって、合計3ヶ月近くをアウシュビッツ国立博物館でドイツの公文書を研究し、ビルケナウの廃墟を調べ、この巨大で驚くべきパズルのピースを理解し配置しようとしている。最初の数回の訪問で、収容所を囲む鉄条網を見かけなくなった。文書館がある24ブロックの1階の窓から直接見える。私自身がオシフィエチムの町に溶け込んでいるように、それらは私の目に見えなくなっていたのだ。前日バリツェで「LOT」双発機から降りた、ネクタイとスリーピースのスーツを着たフランス人を、多くの人に紛れてポーランド人のシルエットの中に見出すことは不可能だった。

年月が経つにつれ、私は国を覆う熱病を経験し、その行く手のすべてを一掃し、希望の誕生を見た。「ソリダルノス」のマントの下に刻まれた最初の文字、家族で歌う愛国歌、西洋のラジオ放送をほとんど聴かず、赤と白のアームバンドの爆発、ストライキと24時間生産を続ける座り込み、苦悩しながらも堅持し、東側に集結した機甲師団を待ちながら、それは決してやって来ないのである。夜間外出禁止令、閑古鳥の鳴く店、肉なしの日、2カ月間100グラムのコーヒーが配給され、回数券でウォッカ1本が手に入るだけという状況を経験した。元通りになることを体験した。つまり、かつてアウシュビッツと呼ばれたポーランドの南部にあるオシフィエンチムという町の、平凡で困難な日常を共有したのである。

お茶を飲む、物事がうまくいかずすべてが灰色に見えるときにハード・リカーで自分をノックアウトする、食事を抜く、ガソリンをいじる、ドルの価値を知る、「整理する」という動詞の意味を理解するなど、いくつかの悪い習慣を復活させた。また、チャルトリスキー・コレクションの宝石、レオナルド・ダ・ヴィンチの「エルミンの女」に魅了され、少ないもので満足すること、我慢することを学び、最後にポーランドとその国民に大きな愛情を抱くようになった。フランスから来たフランス人であることではなく、フランス人の心を持ち、フランスで生活していることに誇りを持った。そして、私は今、いかなる形の全体主義体制に対しても、生涯、無防備でいることができる。

私がアウシュビッツのクレマトリウムの歴史家になったのはまったくの偶然で、職業は薬剤師である。自分自身とはあまり関係がないように見える過去への興味の起源を探すこと、そしてこのような魅力のない話題を探すことは、私の幼児期に戻ることを楽しむことを意味する。

私の家族はポワトゥーから来た。両親は戦前、首都に惹かれ、政府からのオファーに乗じてパリ地方に移り住んだ。彼らは戦争に巻き込まれたのである。私の父は予備役の大尉で、北方で「素晴らしい」作戦を戦い、ダンケルクとそのスツーカに至り、海峡横断では最初の船がひどく損傷して継続できなくなり、途中で船を乗り換えなければならなかった。イギリスでの3日間の休養の後、フランスの戦いに参加するため大陸に戻されたが、ドイツ軍の捕虜になるのを免れ、休戦を数日先取りして無傷で生還した。自由貿易区で復員し、市民としての機能を取り戻した。レジスタンスから連絡がなかったのは、彼の地元のチーフという単純な理由である。医師であり、当時は軍人の階級であったため、自分より階級の高い密偵を採用することは避けたかった。父はキリスト教徒であったが、ある日、街でドイツ警察の巡査に鼻がセム系に見えることを指摘され、怖い思いをしたことがある。アラビア人が732年にシャルル・マルテルに敗北する前にポワチエに達していたことを示すほど彼の家系図をさかのぼることは実際には不可能であった。しかし、彼の遺伝子はこれを記憶していた。

1944年の初めに生まれた私は、ドイツ軍が去った時、生後6カ月であった。私の戦争に関する知識は、胎児や幼い赤ん坊の頃の印象にとどまっている。両親の話によると、1944年以降、食料がホメオパシーでほとんど食べられなくなった不愉快な時期を除いて、私たち家族は比較的戦争の影響を受けずに済んだようである。連合軍の爆撃で、母は地下室に避難せざるを得なくなり、大きくなったお腹が一歩一歩弾むように動いた。戦前、療養所で有名だったヴィルパントに住んでいたので、解放の際にはアメリカ人とドイツ人の戦闘を我慢しなければならなかった。何発かの銃声が家の中を通過したように見えるにもかかわらず、私は射撃の最中に丸太のように眠って、オリンピック選手のような冷静さでこれらすべてを受け止めた。ドランシーが近いにもかかわらず、純粋なカトリックの赤ん坊だった私に、「ピチポイ」という不穏な土地へ旅に出ようとは誰も言わなかった。他の小さな天使たちとは違って、私の名前と同じようなファーストネームを持っている子もいた。彼らはこの旅を強要され、約1700キロ東の「ピチポイ」(※)の空域に強制移送された。1941年9月7日から12月14日までベルリッツ・パレスで開催された注目すべき有名な展覧会に訪れた数十万人の観客は、彼らと私を一目で見分けることができるようになっていた*2。視力は1944年8月以来、一度も変わっていない。

父方には、シブレイの近くに住んでいた祖母しかいない。彼女は1915年の「海への競争」で夫を亡くした孤独な農民の女性であった。そして、ついにノルマンディー上陸作戦が始まり、その4日後の1944年6月10日、彼女の住む場所から75キロ離れた場所で、この地を永遠に刻む出来事、オラドゥール・シュル・グラーヌの悲劇があった(写真1)。

私たちのような遠縁の家族にも大きな影響を及ぼしたのだから、当時の親族の絆は強かった。私の最も古い記憶は、世界大戦の終わりと、この悲劇に彩られている。第2機甲師団の戦車やジープ、兵隊さんなど、当時を忠実に再現した玩具がかなりの割合を占めていた。ルクレール、ジュアン、タシニー、ドゴールなどの「解放」を、父が買ってきた雑誌で再発見したのは、私が読みこなせる年齢になってからであった。シャーマン戦車やハーフトラックのシルエットは、ルノー車のそれよりも見慣れたものだった。私の存在に軍事宇宙が割り込んできたのは、引っ越したからというのがその理由である。50年代から、私の両親はラ・ボワジエール・エコールで働いていた。ラ・ボワジエールは「パリ郊外の微笑ましい小さな村」であったが、1886年11月4日に「エコール・ミリテール・アンファンティーヌ・エリオ」が開校し、5歳から13歳までの子供たちが軍隊で育てられ、「名誉と祖国の崇拝のうちに育つ」ようになってから、ようやく学業に適した村になったのである。陸軍士官学校が近くにあるため(道路を渡るだけ)、私の視野は士官学校の制服の色である紺色のベールに包まれていた。このことに気づいたのは、かなり後になってからであった。

祖母が時々泊まりにきて、孫と一緒に楽しんでいた。両親がパリに行く木曜日は、彼女が私の面倒を見てくれた。 ロレーヌ地方出身の二人の幼い子供の喜びと悲しみを描いた、どこの学校でも見られる名作である、G・ブルーノの『二人の子供のフランス旅行』を読んでくれたり。レバンシストの宣伝のための特別な道具であり、1914-18年の愚かな虐殺で互いに殺し合った素朴な農民の世代に対する無意識のアリバイとして、我々の側で機能したのである。188ページの4人の男の頭の下にあるキャプションが有名である。「人間の4つの人種 - 白人類、人類の中で最も完璧な...」祖母の朗読は、祖母自身の逸話や物語のための口実というか、導入に過ぎなかった。親衛隊に破壊されたオラドールも、そのひとつにならないはずがない。「家族に会いに行く」という訪問の際に、この大虐殺を扱ったパンフレットや図鑑に出会うことは、珍しいことではなかった。白い遺跡に暗いSSの影が落ちている写真や赤い空のモンタージュは、幼い心にとても強い印象を残した。この間、実際のオラドゥール遺跡には何度か足を運んだと思うが、ほとんど覚えていない。20歳の時、夏の盛りにもう一度行ってみた。草やその他の植物が権利を取り戻し、いたるところに生命が息づいていた。自分の記憶と現在の現実との対比が、私には滑稽で両立しがたいものに思えたのだ。草木が生い茂る廃墟の中で考えたことは、独仏の和解と友好が欧州の柱となった今、もはや何の意味もないのである。私は、なぜオラドゥールの村が、教会を除いて、しかもドイツ人によって再建されないのか、理解できなかったし、今も理解できない。オラドゥールの人間的な経験は、その肉体と精神の中に祀られるべきであり、粗末な廃墟に象徴されるようなものではない。

10歳の時、ラ・ボワジエールの軍隊の側近に完全に調教された私は、ラ・フレッシュ陸軍士官学校に進学するために、陸軍士官学校の入学試験を受けなければならなかった。にもかかわらず合格し、ブリッツのユニフォームに袖を通した。見かけによらず、私は決して陸軍の生徒ではなかった。両親は、たしかにささやかな学費を払っていたが、その見返りとして、私が望めば自由に学校を去ることができ、学校の成績が悪いと、学校の管理者は私を追い出すことができたのだ。下級生には恐怖心を抱かせたが、学校教育の終わりには、通常の兵役とは別に、軍隊に対するあらゆる義務から解放され、非常に有益に思われる素晴らしい取り決めであった。そのため、多くの生徒がこの機会を利用し、軍隊に入るための準備クラスしか残っていなかった。海軍や空軍の士官学校では、本当の「軍国少年」が、無料の学校教育の「代償」として課せられた下士官という平凡なキャリアを必死で乗り越えようとしていたのである。私がこの「古びた」城壁の中で過ごした8年間に、一度だけ、先見の明のある将校がこの状態を嘆くのを聞いたことがある。これは、結果発表が行われたある日の会社でのスピーチでのことだ。アカデミーの下級生は軍隊にとって何の役にも立たず、事実上必ず少年たちを軍隊に敵対させた。1904年10月30日付の「Journal des Voyages」に、アネット少佐の士官学校に関する記事が掲載されており、その中で彼はこう書いている。「事実、生徒たちはあまりにも早い時期に兵舎での生活を強いられるため、時には軍隊に反感を持つようになり、その結果、得られる成果は必ずしも国家が払った犠牲と一致していないかもしれない」。半世紀経った今でも、その状況は変わっていない。

家庭生活から軍隊生活への移行は困難だった。孤独で個人主義的な少年だった私は、集団的で牢獄のような環境に飛び込まれたのである。私は、できる限りこれを受け入れなければならなかった。私が受けた知的、道徳的訓練は非常に価値のあるものであったが、1940年から50年の間に適したもので、それ以降の時代には全くふさわしくなかった。厳しい生活から逃れるための唯一の手段は、本を読むことと夢を見ることだった。本とは自由である。規律と学業、その結果の良し悪しが友人関係に直結する生活の中で、


訳者注:

* Pitchipoï(ピチポイ): ドランシーに収容されたユダヤ人の子供たちが、東方のユダヤ人が送られた未知の場所(アウシュビッツ=ビルケナウ)に名づけた名前。
** 「Le Juif et la France」(ユダヤ人とフランス)と題された展覧会。

 

Page538

写真1
(Personal archives)  

絵本『LA BETE EST MORTE!』 ...の79ページ目の写真。「La Guerre Mondiale chez lesAnimaux」 [獣が死んだ...動物の世界での世界大戦]、第2巻タイトル「Quand la bête est terrassée」 [獣が倒れたとき]。絵:カルヴォ、文:ビクター・ダンセット、「1945年6月に完成した印刷物。" "野獣がよく死んでいることを願って」1945年9月22日から配布された。Editions GP.80 rue Saint Lazare. パリIX。

ダンセットによるテキストは、彼の時代の反映であり、今となってはひどく時代遅れな印象を与える。しかし、カルヴォの絵は非常に優れており、そのスタイルはユニークなままだ。幸いなことに、この2冊のアルバムを開いた子供たちの大半は、1行も読むことなく、ただ退屈しないように絵を見たり、目を開けて夢を見たりすることを好んでいた。1977年第2四半期にFuturopolis社(130 rue du Théâtre, 75015, Paris)から単行本で再出版された。

ダンセットのテキストの翻訳

  1. しかし、蛮族が獰猛さの境界線を押し戻したのは、またしてもこの貧しい拷問された国であった。冷静で冷たく、秩序だった獰猛さ。このようにして、ある日、200人の隊員が小さな村を取り囲み、庭で働いたり、日向ぼっこをしているウサギを中心に向かって追いやったのである。彼らはすべての小屋、すべての巣穴、すべての揺りかごを空にし、この集団から平和な動物が逃げ出さないように隅々まで探した。オスは鉄格子に入れ、メスとその子どもは、それまで野蛮人ですら敬意を払っていた神聖な場所に入れたのだ。この人たちは、下品な仕事をするときでも、秩序がなければやっていけないのだ。蛮族の到着からわずか1時間足らずで、犠牲者はきちんと分類され、ラベルを貼られ、それぞれの場所に置かれた。そして、正確な命令によって、罪のない人々の残虐な虐殺が始まったのである。

    銃弾は、納屋に閉じこもった不幸な人たちを血まみれの藁の中に伏せさせた。殺人部隊の後、放火犯が死の仕事を完成させた。大虐殺だけでは十分ではなかったからだ。火葬が必要だったのだ。ゲヘナと化した納屋では、傷つきながらも生きている哀れなウサギたちが、窒息が始まる前に、火が獲物を食い尽くす前に、死体から身を引き出そうとしたのである。しかし、炎はどんどん近づき、追いかけ、包み込み、無情にも倒してしまう。そして、この地獄から抜け出すことができた稀有な犠牲者たちは、罪のない獲物を待ち構えている狼によって、即座に惨殺されたのである。恐怖の連続であった。街で、家で、畑で、殺戮が繰り広げられた。血はファサードを伝い、雨樋を流れ落ちたが、それでもまだ十分ではなかった。最大の罪はまだ残っていたのだ。恐ろしい銃口を持った狼は、残酷に準備された復讐の野蛮な喜びを裏切るような獰猛な表情で、躊躇することなくそれを手に入れた。

    そう、子供たちよ、彼らは野蛮な先祖でさえ敬意を払ってきた聖域をあえて冒涜したのだ。慈悲と慈愛が支配するこの場所をあえて汚し、母親と幼い子供たちが群がっていたこの平和の楽園をあえてチャイルドハウスに変えてしまったのだ。子供たちよ、バーバリアンが最初に窒息させ、次に焼いたこの無防備な動物たちの残酷な苦しみがどのようなものであったか、私は言葉にすることができない。聖域だった場所に、炭化した死体、黒ずんだ小さな頭蓋骨、焦げた肉片、骨、灰以外は何も見つからなかった。この魅力的な場所のすべての動物が、このようにして死んだのだ。892人の罪のない人々が死んだ。このような忌まわしい行為の前には、心がざわつく。想像力は、それぞれが生まれながらにして処刑人であるとしか思えない人々の極悪非道なサディズムの前に、慈悲を請い願う。

  2. 私の愛する小さな子供たちよ、このことを決して忘れてはならない。この惨劇を起こした狼たちは、普通の狼、つまり他の狼と同じ狼だったのである。戦いの最中でもなく、火薬の匂いで興奮しているわけでもない。飢えに苦しめられることもなかった。自分たちを守る必要もなければ、自分たちの犠牲者に復讐する必要もない。ただ、殺せという命令を受けただけなのだ。彼らは特別な宗派の狼だと言う者を信じてはいけない。そんなことはない! 信じてくれ、子供たち、私は死ぬまでそれを繰り返すだろう、良い狼も悪い狼もいない、野蛮主義だ、それは全体であり一つの種族だけだ 怪物、処刑人、サディスト、殺人者の種族だ。

    私たちは時々、足がないとか耳がないとかいう動物が生まれ、それを異常だと思うことがある。しかし、その種族は心臓を持たずに生まれてくるのが普通である。一番優しいのが、笑顔でお腹を裂くことができるのだ。
     
    その瞬間から、この貧しい国には恐怖の波が押し寄せた。一度にすべての場所で我々に立ち向かうことができないので、狼は極悪非道な獰猛さを示すことによって、我々を恐怖で麻痺させることができると考えたのだ。大量逮捕、強制移送、銃殺が行われた。バーバリアン自身が悪魔のような狂気の波に飲まれたようだった。しかし、彼らは、4年間も野獣の群れの血に飢えた本能を抑えるのに苦労していた猛獣の命令に従っただけである。

    ついに! 狼たちは、野蛮の主たちが私たちをよりよく惑わすために着せていた、正しさのマントを脱ぐことができたのだ!

    いよいよだ! 仮面を剥がし、血に飢えた狼の本性を見せることができるだろう。

 

 

Page539

外からのニュースは特に重要なものしか届かなかったのである。1958年5月、アルジェリアでサランとマスの一揆が起こり、学校は根底から揺さぶられた。1961年には、将軍の反乱があり、さらにアイヒマン事件が起こった。裁判がエルサレムで行われたことだけは知っていた。大虐殺についての理解はとても浅いものだった。ユダヤ人が絶滅したことは何となく知っていたが、その原因は全く分からなかった。この無知は、学校の集団生活によって強化された。そこでは、私を教育していた国家のさまざまな植民地政策の結果として、ベトナム人北アフリカ人の同志たちと昼夜を問わず絶えず接触していたのである。人種差別は理解できない。大人になればなるほど、私は軍服の中に、大多数の人々の粗雑な反射神経よりもはるかに優れた、異なる人種に対する寛容さと理解を身につけていたことに気づく―一般社会に戻ってから実感するようになった。18歳の誕生日に、外から一冊の本が届いた。ロベール・メルル著『La mort est mon métier』(英訳は「Death is my trade(死は私の商売)」)である。そこには、「アウシュビッツの工場」や創業者である「粉屋」について、私が望む限りの説明が書かれていた。私はこの作品に大きな影響を受け、歴史のこの側面に興味を持つようになった。人間がなぜ、どのように非人間的になっていくのかを理解できるようになりたいと思った。捕虜だったロバート・メルルは、捕虜生活から帰ってくるまで強制収容所のことを知らなかった。彼の好奇心は、ニュルンベルク裁判に参加したアメリカの精神分析医ギルバート博士が作成したルドルフ・ヘスに関する10ページほどの報告書[写真2]がきっかけとなり、さらに5ページほどの未発表の報告書が送られてきた。メルルはギルバートに詳細を問い合わせたところ、さらに5ページほど未発表のものを送ってもらった。メルレは、この拡大報告書でもヘスを語るには限界があると考え、パリの現代ユダヤ教資料センターを訪れ、そこでアウシュビッツに送られた人々の証言を読み込んだ。その後、彼はミクロス・ニーシュリ博士のフランス語版の原稿を読むことができたが、それはティベレ・クレマーによってハンガリー語から非常にうまく翻訳され、その一部が『Les Temps Moderne』に「S.S-Obersturmführer Doctor Mengele, Journal d’un médecin déporté au crématoire d’Auchwitz(中尉メンゲレ博士、アウシュヴィッツ火葬場に送られた医師の日記)」というタイトルで掲載される前のことである。これらの異なる資料を総合して、1949年から1951年にかけて書かれた歴史小説―私は 「小説 」という言葉にこだわっている―が、1952年にガリマール社から『La mort est mon métier』という題名で出版されることになった。西ドイツが再軍備を始めたころの作品なので、批評は非常に控えめだった。この本が有名になったのは、後のことである。というのも、クレーメルから、ニーシュリの文章から多くの資料を「借用」しておきながら、その出版に協力しなかったことをとがめられたからだ。 1961年にジュリアード社から『Médecin à Auschwitz(アウシュヴィッツの医師)』のタイトルで全文が出版された。[アメリカやイギリスでも「Auschwitz: a doctor's eyewitness account(アウシュヴィッツ:ある医師の目撃記録)」として出版された]メルルはニーシュリの記述に基づいていたので、その敷地、特にビルケナウ・クレマトリエンの記述とその発生の年代は、残念ながら不正確であった。ニーシュリは、「殺人兵器」の寸法と能力をあまりにも誇張したので、メルルは善意で、実際には本来の目的から逸脱した大きな火葬設備に過ぎない、少なくとも最初の3つの「死の大聖堂」を提示したのである。

最終試験に合格し、軍隊と決別することを決意した。民間に戻って、パリの化学工学の専門学校に通うために塾に通うのもいいかなと思った。私は自由であり、何の借りもない。しかし、結局のところ、安価で優れた学校教育を7年間受けるには、それなりの代償が必要だったのだ。軍隊生活に染まっていたので、家族以外の民間人の環境では3日しか我慢できなかったのである。 私は、すべてを捨てて、サン・シール陸軍士官学校入学の準備のために、ラ・フレッシュに急行した。3カ月間、ゲームをした。その後、将来の故郷であるコエトキダン陸軍士官学校への訪問を企画し、私たちを鼓舞する努力がなされた。私の中で何が起こったのか、今でもわからないが、帰国後、私は二度とこの地に足を踏み入れるまいと思った。こうして、学校生活は、主に教化を目的としたサバティカル(研究休暇)に変貌していった。今年がその塀の中で過ごす最後の年だと、何度も自分に言い聞かせ、1学期には見事だった学校の成績も、3学期には悲惨なことになっていた。あらゆることを試した。パラシュート、学校の費用でドイツ旅行、年末の祝賀会のための新しいスケッチ、つまり、真剣な仕事以外のすべてである。 コエトキダンの入試では、合格しないかと震えながら、身を削るような思いで臨んだ。しかし、その成功は、私にひどい良心の問題を突きつけることになっただろう。臆病な私は、合格を逃し、ドアをバタンと閉めて帰ることができた。ラ・フレッシュには、もう二度と行っていない。 


写真2
[PMO neg. no. 382] 

1942年7月17日、メタノールと合成ゴムを生産するために建設された巨大なモノヴィッツ工業団地の建設現場の一部を訪れたアウシュヴィッツ・ビルケナウの収容所長ルドルフ・ホース親衛隊少佐とヒムラー親衛隊全国指導者の間で、I Gブナ工場建設責任者のデュルフェルト主任技師補佐マックス・ファウストは、会話を交わしている。7月16日と17日の2日間にわたるアウシュビッツ、ビルケナウ、モノヴィッツの視察後、ヒムラーはヘスを親衛隊中佐に昇格させた。ロベール・メルルは『La mort est mon métier』(死は私の商売)の中で、ホースに「ラング」というペンネームを与えている。


私は陸軍士官学校を卒業したが、士官学校は私を卒業させたわけではない。8年間の肉体的、精神的な鍛錬によって、非常に厳しい軍隊のコンディショニングを受け、そのほとんどを取り除くのに15年もかかってしまったのだ。このような訓練は、一朝一夕にできるものではない。歩調を合わせて行進したり、かかとを地面に打ち付けるだけでは、普通に歩くことはできない。紺色の服を着て、同じ格好の仲間を見たからといって、その後の前哨戦の自由が有利になるわけではない。私たちはいつも苗字で呼び合い、名前を使うのは女性的だと思った。私たちが受け持つデイボーイには、このような不幸な習慣があり、私たちは適切な皮肉によって迅速に治療することにした。このような外的な痕跡は10年かけて消えていったが、内的な痕跡、つまり私の人格の本質的な核心が、まだ私に植え付けられたものに支配されているのか、それとももう解放されたのかを見極めるために、私は長く内省していた。私の青春時代の訓練は忘れられないもので、将校を生み出すためのものだったのである。体制に対する反抗心や、元ブルーション(Brutions)としての紛れもないニヒリズムにもかかわらず、私は20年間、「潜在的」士官として、その地位にふさわしい態度、思考様式、興味の中心を持ち続けてきた。私は、過去、現在、未来の軍事問題に関するあらゆることを勉強し、詳しくなった。しかし、それでも私は、より高度で破壊的な兵器の備蓄は、人間の努力とエネルギーの異常な浪費であり、この世界を癌のように蝕んでいると確信している。私は命令を下す方法を知っているが、誰の命令も受けなければならないので、命令をしてはいけないと考え、この力を行使したいと思ったことは一度もない。完璧な「海兵隊員」「パラ」「武装親衛隊」になるのは簡単だ。トレーニングやコンディショニングも似ている。必要な心理的行動と精神的抹殺の種類を正確に知っている。もし私が、サン・シールの候補者であった多くの仲間のように、「エリート部隊」に入りたいという誘惑に駆られたとしても、冷静な論理が私を思いとどまらせた。なぜなら、自殺を考えるほどの熱意は、もはや原子の現実に対して何もできないからだ。

両親の勧めもあり、化学の要素が多く、生活しやすいようにと薬学を学んだ。やはり、食っていかなければならない。私は1971年に資格を取った。フォンテーヌブローにある軍国間スポーツ学校で1年間過ごし、分析室の整備、射撃、スキューバダイビング、学校の隣にある連絡所の兵士とドイツ語の上達に励んだ後、再び優柔不断になり、独立した。

薬学部の学生だった私は、最初のロカムの仕事で得た収入で、ジャン・フランソワ・スタイナー著『トレブリンカ』(エディション・フイヤード)が出版された直後の1966年8月に、将来の妻となる女性を伴って、マスコミがこぞって取り上げる有名な「Konzentrationslager」の跡を自分の目で見てこようと決心したのだ。ポーランドでは17日間を過ごし、初めて「東方」と直接触れ合うことができた。ツアーは、太陽が暖めようともしない冷たいバルト海の砂浜から始まった。私たちは夕日を眺めるだけだった。スルプスクの後、私たちは流砂で有名なレバに行ったが、そこにはV1として知られるFi-103飛行爆弾の発射台のコンクリート跡[写真3]が残っていた。一時的にグディニア・ソポル・グダニスクの都市圏に居を構えることになった。私たちはグディニアで家族のために部屋を借りていた。私たちホストファミリーのアパートは、玄関のキッチン、トイレ、バスルーム、ベッドルーム、ダイニングルーム、ドミトリーからなる6人家族(出産予定の赤ちゃんは除く)。寝室は私たちに任せて、家族全員はダイニングルームに押し込めて寝た。私たちの部屋の壁には、ただ一枚の絵があった。マリアと幼子イエス。その家の愛人はドイツ語でこう説明した。彼らがその部屋を党のメンバーに貸すときはいつも、彼女は写真を布で覆った、と。この女性との会話や生活は、「外国人向け」のホテルに滞在するジャーナリストよりも、共産主義ポーランドの生活についてはるかに多くのことを教えてくれた。その国は、家族と一緒に暮らすことで初めて発見できる。グディニアでは、海軍博物館と、1939年から45年にかけて多くの海戦に参加した船で、現在は停泊し博物館に改造されている「ブリスカ」号を見学した。グダニスク(旧ダンツィヒ)では、H・スチャルスキーが指揮するポーランド軍守備隊が、第二次世界大戦の最初のドイツ軍の攻撃を7日間にわたって受け続けた「ヴェスタープラッテ」の跡地と伝統的建造物を訪問した。マルボルクに行くと、中世の荘厳なマリエンブルクの近くに近代的な建物を建てることの美学的矛盾を感じる。少なくとも3時間はかかるだろう。植物性樹脂の化石である琥珀の貴重なコレクションがある。スタッフの説明で、ポーランド人の激しいナショナリズムを知ることができた。ドイツ騎士団の要塞を設計したのは、自分たちの祖先ではないか、と思えるほどだ。最後に、キャンプ地の見学に出発した。最初の収容所は、グダニスクの東35キロにあるシュトゥットホーフ/シュトゥットウォで、当初はポーランド民間人のためのもので、「民間人収容所」と指定されていた。現在残っているのは、入り口と小屋の列がある「旧収容所」の囲い[写真4]、戦後再建された建物に収められた2つのシングルマッフル火葬炉[写真5]、一部復元された小さなガス室写真6]だけである。この囚人用ガス室がいつ設置されたかは不明である。寸法(長さ8m、幅3m、高さ2.30m、体積約55m³)は、BOOSやDEGESCHが建てたものの標準寸法に近いものである。南端と北端の2カ所にガス気密式のドアがある。1939-45 "の108と109ページに掲載されたこの部屋の写真と比較するとわかるように、ドアは解放時に失われ、フレームの湾曲した上部に合わせるためにレンガ造りが修正されたので、オリジナルではないようである。『1939-45 We have not forgotten』 Polonia, Warsaw 1962の108、109ページに掲載されたこの部屋の写真と比較すると、そのことがよくわかる。使用された薬剤は正確にはわからないが、外部ストーブ(写真6のドアの左側)の存在から、暖房された部屋で乾熱か青酸[Zyklon-B]が使用されたのだろう。この場合、ガスマスクを装着した作業者がペレットやポーラスディスクを床に散布した後、外に出てドアを閉めればよいので、外部の開口部から製品を流し込むことは必須ではない。サイクルの終わりには、2つのドアを開けて効率よく自然換気ができるようにした。 1944年6月22日から11月初めまで、約100人のグループのための殺人ガス室として使用された。このシステムは、アウシュヴィッツ・ビルケナウの元指揮官で、当時WVHA-SS(SS経済行政管理本部)D1部部長であったルドルフ・ヘスSS中佐の助言で導入されたようである。このガス室の歴史は、

 

Page540

クシシュトフ・ドゥニン=ワソヴィッチ神父の証言によって知られているが、1945年以降、「殺人兵器」の科学的検証は行われていない。つまり、この部屋が害虫駆除設備としてどのように機能したのかはわからず、その犯罪使用についての物証を提供できないのである。 犠牲者の数は1、2千人と推定される。

この訪問は、私たちに大きな印象を与えるものではなかった。若くて恋多き私たちの愛車ルノー4Lは、マズリア州のニーゴシン湖畔にあるギジッコ(旧レッツェン)に急ぎ足で向かった。葦に覆われた無人島をカヌーで探検したことは、忘れられない思い出となった。恋愛は異性の学生同士の楽しい遊びだが、知性はあまり豊かにならない。このため、私たちは一日かけて、ヒトラーがロシアでの作戦を指揮する前線基地であった、ギエルロズ村の近くにあるラステンブルク総統本部、通称「ウルフスシャンツェ」(狼の隠れ家)を訪問した。この巨大なバンカーは、今では全体主義的な誇りの崩壊した廃墟[写真7]となっているが、樹木などで塞がれてはいるものの、不気味な迫力を醸し出しており、地雷も多く、そのうちのごく一部は無効化されているが、危険な状態であることは変わらない。コンクリート道の一角にある空き地では、ヒトラーがさまざまな試作戦車のプレゼンテーションを楽しんでいた。例えば、189トンの戦車「マウス」は、時速20kmで150mm砲1門と75mm砲1門を搭載しているのが自慢である。ドイツ国首相ーは、モグラのような精神と重いものを好むという性格を併せ持っていた。バンカーの壁は驚くほど厚く、爆薬が仕掛けられていた。そのため、1945年1月にドイツ軍が大爆発を起こし、バンカー・シティを破壊し、周辺の湖の水によって下層の多くを浸水させたのである。

湖畔で気ままに過ごし、ひどい食事に見舞われた後、第2キャンプに向けて南下した。ポーランドに行くきっかけとなったトレブリンカ。その場所を示す道標はほとんどなく、見つけるのは困難であった。 シュトゥットホーフでは、「闘争と殉教の場」のガイドを考えていた。もうすぐだと思った私は、一軒の孤立した家を見つけ、ガイドブックと写真を持って、かつての絶滅収容所がどこにあるのか聞きに行ったが、知らないと言われた。がっかりしながらも道を進み、数百メートル先の木立の向こうに、キノコのような「トレブリンカ2記念碑-霊廟」[写真8]があり、その周囲には17000個の立石からなる象徴的な墓地があるらしい。このモニュメントに協力した3人のポーランド人アーティストは、無意識のうちにシニカルなユーモアに触発されていたのだろう。彼らの就寝時の読書には、ユリウス・シュトライヒャーが発行した反ユダヤ主義雑誌『Stürmer』の「老若男女向け」本、つまりユダヤ人を毒ガエルに同化させた『Der Giftpilz』は含まれていなかったようである。キャンプの入り口には、かつての鉄道がセメントの枕木で表現され、突然止まっていた。人っ子一人いない。完全に寂れている。マルブロックでポーランドナショナリズムを意識していた私は、トレブリンカでそれまで疑いもしなかったユダヤ人に対する態度を見るようになった。

かつてのキャンプは何も残っていない。来客を案内するような施設は全くない。入り口も、警備員も、ガイドも、煙に巻かれた80万人(公式発表)のユダヤ人犠牲者を追悼する絵葉書や本、パンフレットを売るキオスクさえもないのである。この「Nie ma(註:ポーランド語で「〜がない」を意味する)」の多さは、長くは続かず、夕暮れ時にワルシャワに到着した。8月中旬の首都は、9時過ぎには死んでいた。ホテルの外に求めていたナイトライフは、実はホテルの中にあって、私たちはそれに気づかなかったのである。 1964年8月、まだ半分しか再建されていないワルシャワで、「人民の小父」と呼ばれたスターリンが寄贈した234メートルの文化科学宮殿がそびえ立つ街で、若い人はどれほど悲しかったことだろう。それが、フランス人留学生として、英雄的な「ワルシャワ」を発見した私たちの印象である。1945年1月17日の解放後のワルシャワがどのようなものであったかは、想像もつかない。2,000のオラドゥールが1つになるなんて、フランス人には想像もつかない。この悲劇的な消滅を視覚的に実現するには、1944年の冬にオラドゥールのすべての通りを2000回通らなければならなかった。1985年に国家科学出版社から出版されたアルバムだけが、「ワルシャワ1945」を垣間見ることができるのである。荒廃し、略奪され、ダイナマイトで破壊され、燃やされた都市を、現像用の水さえないような厳しい状況の中で撮影したこれらの写真は、作者レナード・センポリンスキーの絶望的な視線を表している。


写真3
(著者撮影)

レバ地区にて、海岸の近くにある、かつてV1爆弾の発射場であったコンクリート製の監視所。


絵画や古代美術のコレクションがある国立博物館に行きたかったのだが、閉館していた。私は私たちの学生の身分を訴え、強調したが無駄だった。直接的な質問に対して、私たちは薬学の学生であると述べた後、私が得たのは 「Nie(ポーランド語の「Not」)」 だけだった。代わりに隣のポーランド軍博物館に足を向けた。その正面には、口径の異なる大砲がずらりと並び、その砲身は偶然にも東を向いていた。博物館では、特に17世紀のポーランド・フサールの有名な鎧を見ることができた。私の特殊な趣味から、航空機、戦車、大砲の野外展示に特に興味を持った。しかし、ワルシャワクラクフに向かう途中に立ち寄ったに過ぎず、多くの名所を訪れることはできなかった。

クラクフでは、バルバケインやフロリアンスカ・タワーに近い、フレンチ・ホテル(Francuski Hotel)に泊まった。丸一日、クラクフの中央広場(Rynek Glowny)と布市場(Sukiennice)のスタンドを見て回るという、クラクフを訪れる旅行者の伝統的な道を歩いただけである。翌日はヴィエリチカ、翌々日はオシフィエンチムと、一箇所に留まることのできない私たちは、塩鉱山の見学に出発した。

ポーランドでは標識が少なく、しかも目立たない場所にあるため、アウシュビッツにたどり着くまでが大変な道のりだった。ようやく目的地に到着した私たちは、午後いっぱい、最も「有名な」KZを訪ねることができた。私たちは「Stammlager(捕虜収容所)」(写真9)と呼ばれる収容所本館を駆け抜けた。私の記憶に残っているのは、あるブロックの壁沿いに何千枚もの囚人の身分証明写真と、その中から家族の一員を探す訪問者の姿だけである。「旧」火葬場(クレマトリウムI)については、日程表から欠落しているのが目立った。基幹収容所には、本当の人ごみではないが、たくさんの人が訪れていた。そして、ユダヤ人の大量絶滅の舞台となったビルケナウの番が来た。ここでは、「私たちだけ」。エントランスの建物に住んでいる警備員は、完璧なフランス語を話す。彼は、私たちが見るべきものを教えてくれ、BA III(ビルケナウの第3建設段階)では、SSは電気火葬場を建設する予定であり、そこで人々は直列に感電し、電気で焼却されるはずだったことを教えてくれた。その時、私はこの人が、ソ連のジャーナリスト、ボリス・ポレヴォイが1945年2月に『プラウダ』で発表した、「電流によって数百人が同時に殺される電気生産ライン:遺体はチェーンでゆっくりと動くコンベアの上に落ち、一種の溶鉱炉に向かって進む」という大量殺人を繰り返しているだけだとは知らず、その話をうのみに受け止めてしまったのだ。30年後、この伝説はまだ続いていたが、実現された事実ではなく、プロジェクトと化していた。レンガ造りのバラックが並ぶ女性キャンプを車で散策していると、突然、暴風雨に見舞われた。有刺鉄線に囲まれ、黒い監視塔に見下ろされた暗く長い木造の小屋の数々が、この激しい自然の中にあるのを見ると、まるでSSが収容所から立ち退いた直後にタイムスリップしたような印象を受ける。 嵐はすぐにおさまり、私たちはクレマトリエンに向かって進んだ。現在のような最後の記念碑・霊廟は建設中で、ドゴール将軍のポーランド到着に合わせて完成させた。クレマトリウムⅡの廃墟の前を、ほとんど見ることもなく通り過ぎた。説明も図面も写真もなく、内部構造もわからない建物に、どうやって想像を膨らませたらいいのだろう。第二下水処理場写真10]まで来ると、「ドイツ軍が人糞から自動車燃料を作ろうとした」という看板[写真11]を読んで、とんでもない恐怖に襲われた。しかし、これは事実ではなく、後に博物館の資料室で確認することになる。「Kläranlage II(第二下水処理場)」[図面12]には、スラリーの嫌気性発酵によってメタンを多く含むガスを生成し、関連するガスメーターに貯蔵できる消化器というものがなかった。私たちの精製工場では、この技術を誰も嫌悪感や不道徳感を抱くことなく、今も使っている。さらに進むと、クレマトリエンIVとVのエリアで唯一残っている建物が「Zentral Sauna」であった。奥の半開きの窓から入り、「こんな設備が一体何に使われるのか」と、機能を理解しないまま建物の中を通り抜けた。最後に、「森」のクレマトリエン、ナンバーIVとVを探した。しかし、そのようなことはなく、小屋の床がコンクリートで固められた跡があるだけだった。クレマトリエンⅣ4とⅤはそれしか残っていないが、私がそれを知ったのは1980年のことである。ビルケナウでは、私たちと同じように、4年間の残虐行為を想像することができない体験をした人が多かったのではないだろうか。有効な説明がなかったからである。

 

Page541

写真4
(個人的アーカイブ)

シュトゥットホーフ強制収容所、あるいは「旧」収容所、初期収容所の入り口。門から続く道の先には、戦後再建された高い煙突のある火葬場がある。


写真5
(個人的アーカイブ)

シュトゥットホーフ火葬場の2つのシングルマッフル焼却炉は、解放時にほぼ無傷で発見され、死体を装入するための金属製の担架とともに、ビルケナウ火葬場の経験にもとづいて開発された技術であった。


チェシンでポーランドチェコの国境を越え、ウィーンに向かい、ひどく恋しくなり始めていた西側の世界に戻ってきた。ポーランドを離れるまでに、私たちはいくつかの結論に達した。

  • ユダヤ人虐殺が行われた場所に無関心なところを見て、ポーランド反ユダヤ主義を知った。

  • ポーランドで虐殺が行われても何ら不思議はないと、周囲の雰囲気から推論した。

  • もっと一般的に言えば、東部では何もかもが灰色だという結論に達していた。

アウシュビッツ・ビルケナウの全容を知るには半日では足りず、本当は2、3日必要なのだと実感していたが、私は実際に現地を訪れ、多くの西洋史研究者に著しく欠けている知識を少しでも身につけた数少ないフランス人若者の一人であった。しかし、私の知識は不十分で、1978年から79年にかけては、私の地形的な無知がハンディキャップとなることになった。いつまでも若さゆえの無責任さを享受しているわけにはいかない。薬剤師になったばかりの私は、自分自身のためにニッチを作らなければならなかったし、強制収容所よりも他に心配することがあったのである。 その後も、現代史やSFを中心にたくさん読んだが、30歳を過ぎた頃から、「もういいや」と思うようになった―他人の考えを受け止め理解することは、賞賛に値する必要な娯楽であるが、最終的には自己中心的になってしまう。今度は私が何かを与える番だ、私が得た知識で何かを作る番だ、と。


写真6
(Photo of Polish origin taken from a work by K Dunin-Wasowicz) 

復元されたシュトゥットホーフのガス室。南端と西側面の様子。手前に見えるのは暖房用のストーブで、奥の屋根から煙突が出ている。この部屋は、元々物品の害虫駆除に使われたもので、後に殺人ガス室として使われるようになった。この混在は、絶滅ガス室と殺人ガス室とを区別することの難しさ、あるいは意図的に区別することを拒否したことが、30年以上にわたって生み出した混乱の極端な例であるといえる。 


私の読書と興味の統合は、歴史や政治小説を並行して読むことであった。このジャンルのモデルは、ソ連によるアメリカの侵略とその結果を扱ったC・M・コーンブルースの「Ce n'est pas pour cette année」(『サテライト』1962年1月号特集40 bis)と、連合国によるイギリス再征服の初めにイギリスのファシスト運動に参加し「最終解」を発見した若い看護婦の不運を描いた映画「L'Angleterre occupée」だと考えている。非常に低い予算 (1000万フランか数万ドル) で製作されたこの映画は、商業的には失敗であったが、舞台装置、制服、導入された年と正確に一致する軍装備品、安楽死が人道的に、しかし大規模に行われていた施設―致死注射とガスという二つの殺害方法が共存していた 「診療所」 ―での小さなガス室の提示という点で、商業的には失敗であったが、全面的には成功であったという点で際立っていた。この映画からの抜粋と、第二次世界大戦中に撮影された実際のシーンを区別することは誰にもできないだろう。

迷った末に、私は決断した。私は、1945年か1946年のドイツの勝利によってもたらされる宇宙を描くことにした。独創的なアイデアとは言えないが、この先どうなるのか見てみたかったのである。この異なる未来の政治的・軍事的クロニクルでは、冒頭で一通り舞台を設定する多くの小説家とは異なり、特定の問題や特定の時代を扱う各章ごとに登場人物の枠組みを一新したのである。

結局、私の小説は、ペーネミュンデとマズーリア湖(ポーランドでの休暇を利用した文学作品)を経て、バルカン半島クロアチアセルビアに続くという論理に行き着いたのである。私はザグレブに行きたかったのだが、1979年に2度試みたものの、実現できなかった。そこで、代わりに、すでに資料と個人的な印象を持っていたアウシュビッツ・ビルケナウの章に目を向けることにしたのだ。

*

 

Page542

写真7
(Photo by the author, August 1964)

ラステンブルク本部にあるヒトラー掩蔽壕。看板にはこう書かれている。「ヒトラーの元戦闘宿舎」、「狼の隠れ家」。 


写真8
(Photo by the author)

トレブリンカⅡ絶滅収容所の霊廟とモニュメント。 


写真9
(Personal archives)

KLアウシュビッツ。囚人の大半がポーランド人だった本収容所の入り口。「労働は自由をもたらす」というスローガンが掲げられていた。 


写真10
(Photo by the author)

Kläranlage/下水処理場IIの南の外周から、クレマトリエンIIとIIIから出て、次の交差点でZentral Sauna、カナダII、クレマトリエンIVとVに向かって右に進み、バンカー2に向かってまっすぐ進む経路を見ることができる。中央の地面には、右から生物浄化槽I、II、IIIがあるが、これらは完成せず、そのまま残っている。左の望楼は下水処理場の後に建てられたもの。 


写真11
(Photo by the author)

写真10の監視塔北側壁面の掲示下水処理場IIに関するもの 。


写真12a
[PMO neg. no. 20995/449]

右から「Kläranlage II」の精製槽II、III、IV。このタンクは、直径5〜10cmの勾玉を敷き詰めた菌床にロータリーディストリビューターで汚水を流し、曝気して溶液中の有機化合物を酸素化する目的で計画されたが、実際には使用されず、この写真のように1942〜43年の冬のまま残されていた。 仮に完成していたとしても、菌床が発生するまでに数カ月はかかっていたはずだ。写真に写っている11人の作業員のうち、囚人用のゼブラスーツを着ているのは2人だけである。他は外部の民間人。  

 

Page543

図面12
[PMO neg. no. 20943/8]

建設管理部図面1855
アウシュビッツ捕虜収容所の汚水処理施設IIの敷地図、建設段階II、作業現場18
縮尺 1:500
囚人68297が作図、1942年11月24日に確認
1942年11月25日、SS建設管理部責任者ビショフが承認
1942年12月10日、ウルムにある民間企業Südd [deutschlands] Abwassernninigungs GmbH (South German Waste Water Purification Co Ltd)によってチェックされた。
写真10、12aの撮影者の位置は、図面[34、36a]に示したとおりである。     

図面内の文字の翻訳

Zeichenerklärung / 記号の説明

ungereinigtes Schmutzwasser / 未処理の汚水
mechanisch gereinigtes - abwasser / 機械的に浄化された汚水
mechanisch und biologisch gereinigtes Abwasser / 機械的および生物学的に浄化された汚水
Faulschlamm / 汚泥

  • Zaun des KGL / 捕虜収容所の囲い
  • Vorflut KGL / 捕虜収容所排水路
  • Schmutzwasserkanal / 汚水路
  • Grob[b]rechen / 一次スクリーニング
  • Sandfang / サンドトラップ
  • Faulgruben / 分解床
  • Rohwasser ungereinigt / 未処理の汚水
  • Verdünnungsleitung / 希釈路
  • Graben A / 排水溝A
  • Entwasserungsleitung / 排水路
  • Schlammleitung / 汚泥水路
  • Feldbahn / 狭軌鉄道
  • Biological Tropfkörper / 生物浄化槽[回転噴霧器付]
  • Nachklärbecken / 最終沈澱用ベーシン
  • Pumpenhaus / ポンプ室
  • Verteilschacht für Verdünnung / 希釈分配井戸
  • Schlamm-Faulbecken / 汚泥消化槽[屋外型]
  • Schwimmschlammbecken / 浮遊汚泥槽
  • mechanisch. gerein. Abwasser / 機械的に浄化された汚水
  • Hoch wasserdruckleitung / 高水圧用コンジット
  • gereinigtes Abwasser / 浄化された汚水
  • Schlammleitung zum Trockenplatz / 乾燥床への汚泥流路
  • Hochwasserschutzdamm / 洪水防止用ダム
  • Königsgraben / 「王溝」[主排水溝]
  • Zur Weichsel / ヴィスラ川へ

図面1855は下水処理場Ⅱの最終図面ではないが、ステーションの主要な構成要素の実際の位置が示されている。最後のデカンテーションベーシンは、ステーションの南側に移設され、第4の生物学的浄化槽に置き換わることになった。この4つのベーシンは完成することなく、現在に至っている(建設管理部の写真: PMO neg. nos 20995/449 [写真12a], /450 and /452)。一次スクリーニングを改造し、強化した。浮遊汚泥槽は一度も掘られなかった。浄化ステーションは、ステーションの西側(図面にウルム社のスタンプがある場所)にある「仮設」の土のデカンテーションまたは沈殿盆地と結合していた。分解床だけが稼動した。  

 

Page544

[以下の記述は、1980年5月に書かれたメモをもとに、1981年前半に注釈を加え、一部のとんでもない発言や無関係な部分を削除して脚色し、この後書きのために必要な補足をしたものである] 。

ビルケナウでの行動に着手した。多大な作業と反省。章は順調に進行し、ほぼ完成した。並行した歴史に関する私の唯一の可能性は、大虐殺の規模を大きくし、ドイツ軍が勝利し、別の絶滅のメカニズムを見つけることであった。 解決済み[ビルケナウの入口で出会った民間人守衛の主張を引き継いで「改良」したのだが、それは、私が述べたように、1945年2月にソ連のジャーナリスト、ボリス・ポレヴォイが『プラウダ』で書いた想像に過ぎない]。そして......そして、疑問を持つようになった。私の旅は13年前にさかのぼる。しかし、私が感じた雰囲気は素晴らしいものであった。しかし、私が入手した史料の少なさと、矛盾から漠然としたものまであったため、私は突然クレマトリウムの存在(ガス室ではない!)を疑ってしまったのだ。惜しむらくは、このテーマに関する詳細な情報が不足していることだ。この間、「ホロコースト」という平凡なテレビ映画が放送され、再び話題になっていたこともあり、私の進退を阻んでいた。この疑問に取りつかれ、背中を押された私は、書くこと、書き上げることを阻んでいるこの壁を取り除くために、1979年10月末に5日間のポーランドへの飛び旅行を決行した。

午前10時にアウシュビッツに着いたが、記憶は役に立たない。すべてを再発見しなければならないのだ。11時までに問い合わせを済ませ、史料館に出向いた。仕事である。早速、大きな壁が立ちはだかった。「写真撮影は?禁止です」と最初に言われた「博物館が必要な資料を撮影し、プリントを送付してくれる」カメラもフィルムもカバンの中に用意して待っていたのに、がっかりだ[事前に問い合わせるべきだった。これは、西側(註:冷戦時代の表現なので、「東・西」の表現は当時の体制を意味する)でも東側でも、多くの美術館で行われていることである。私を惑わせたのは、ヴァンセンヌ戦争博物館にある1940年から44年までのポスター20数枚を、最小限の手続きで撮影することが許されていたことだった]。残念だ。本題は、仕事に取りかかることだった。後のことは後で考えよう。

アウシュビッツ国立博物館(PANSTWOWE MUZEUM OSWIECIM、PMO)の内容については全く知らなかった。絶滅を行う敷地内の建物の配置や建具をしっかり把握しておきたかったのだ。私は、ポーランドレジスタンスが多くの情報を提供することに成功したという印象を受けたので、その写真を見せてくれるように頼んだ。テーブルの上に置かれた3枚の写真を指差された。たった3枚? 少なくともその10倍はあると思っていた。しかし、間違いなく本物である3枚、そのうちの2枚はドア越しに撮影され、煙の立ち込める前で死体を引きずる男たちを写したもの、3枚目は森の中を走っているらしい裸の女たちを写したものだ[1983年末に、記録係は私にオリジナルを貸してくれた、大きな譲歩である、そうすれば私はクレマトリウムVの廃墟で密かに撮影した者の位置を突き止められた]。最初の2枚は、Kr Vの北側のガス室から、南東/北西の線上で、北側の鉄条網とクレマトリウムの間に掘られた火葬場のほうを見た写真である。3枚目は屋外で、撮影者はクレマトリウムの東側の壁から20メートルほど離れた場所で、腕を脇に抱えてカメラを手に持ち、火葬場の南側の壁に沿って西から東へ移動する裸の女性たちの方向に、逆説的にそれに背を向けて北東/南西線をブラインド撮影したものである。これは、私にとってかなりの恥ずべきことであった。わざわざ3枚の写真を研究するのは、まったくもって狂気の沙汰である。

彼らは私を安心させ、今度はドイツ製の他の写真を持ってきた(その後、『アウシュビッツのアルバム』に掲載された)。少なくとも、いくつかの確かな事実が明らかになり始めた。クレマトリエンがはっきりと見えた。35年前に戻って、当時の雰囲気に浸ってみた。このアルバムに目を通すと、他に3枚のアルバムを渡された。実はこれらは、博物館入口の映画館で何度も上映されたソ連映画収容所解放クロニクル1945』のスチール写真で、後から気づいたのだが、これを忠実に映していたのだ。静止画の中には、クレマトリウムⅡとⅢを拡大した状況図[写真13]と、そのうちの一つの詳細図[クレマトリウムⅡの地下室の建設管理部図面932]が含まれていた。午後1時、資料館の閉館に伴い、荷造りをしなければならない。そして、約2キロの距離をビルケナウへ。この犯罪の名所では何でも撮影できるように、カメラを首から下げて現場を調査した。しかし、撮影は2発にとどまり、すみません、写真で。なんという天気だろう。フランスではまだ晩夏だと思っていたのに、ここでは雨が降っている。カメラが記録できないものを、私の目はまだ見ている。全部、徒歩で回った。細かいが、びしょ濡れになりそうなほどの雨が降っている。2番目の下水処理場では、13年前と同じように、監視塔の張り紙を読み返して、バカバカしいほどの嫌悪感を覚えた。「Zentral Sauna」に到着すると、警備員がドアを叩いて入ってきそうになった。しかし、私は無駄にドアを叩いたが、何の反応もなかった。私は、寒さを感じていた。クレマトリウムVに行ったが、雑草が生い茂り、見つけるのに苦労した。他の多くの小屋と同じように、惨めな小さな小屋という印象である。高さ50〜100cmの壁に囲まれたコンクリートの床があった。私は灰の湖[ビルケナウの図面に消火用貯水池として記されているこの湖は、クレマトリウムIVの東にあり、私がここでほのめかしているようにVの向こう側ではない。私は後戻りしたのである]に行き着いた。完全な廃墟である。灰はとっくにベッドに吸い込まれていた。容赦なく降り注ぐ雨の中を帰る。 途中、雨に濡れてしまったので、しばらく物見櫓に避難していた。中はすべて壊れていたが、それでも出来栄えが非常に良いことがわかった。匠の技だ。梁と板材にダボを入れ、木材を処理したため、黒い色になっている。 内部はグラスウールで断熱されており、今でもあちこちに残っている。豪華な造りだが、強制収容所の労働力はとても安かった。

歯を食いしばりながら車に戻り、全速力で基幹収容所に戻った。続けて、アウシュビッツ1を訪ねた。事実上一人きり。私の足音は、ブロックのコンクリートの床に響いた。電灯もまばらである。濃い霧が立ち込めてきた。5時には真っ暗になった。まさに悪夢のような雰囲気だ。その後、独房で一人、パニックに襲われた。目に見える形で確認できたことは、大きなショックだった。クレマトリエンはあった、確かに。実は五つある。ローマ字で1から5までの数字が書かれている。Kr I 改造された火薬庫[または物品倉庫]。IIとIIIは鏡像の双子で、現代の写真でも確認でき、遺跡でも確認できる。IVとVも同様であったが、IVの遺跡は1、2立方メートルの石の山になっていた[私はここで勘違いしていたのである、雑草がクレマトリウムIVの輪郭を示す20センチほどの高さの壁を隠していたのである。私が見たのは、戦後の部分的再建の名残で、使われていないレンガの山だけであった]。周囲の環境は非常に憂鬱だった。気温の急激な変化 、パリで12度、ワルシャワで2度、クラクフでは氷点下。アウシュビッツの有刺鉄線だらけの気色の悪い風景は、濃い霧によってさらに悪化し、じめじめして、溶けて、惨めで、冷たい雨が突き刺さって、その上、私の寒い部屋、ラジエーターはほとんどぬるくなっていた。私は骨の髄まで冷え切っていた。夜が更けるにつれて、死というものが、どうしようもなく強くなってきた。私は、有刺鉄線を選んだ人たちを理解するようになった。

翌朝、その夜の危機は去っていた。窓の方を見て、私は衝撃を受けた。枠にうっすらと白い膜が張っていたのだ。夜中に雪が降ったのだ。資料室へ戻る。ただ、細かいところでひとつだけ素朴な疑問が残った。これらのインストールはどのように行われたのだろう? 私は、このテーマについて知っていることはほとんどすべて知っていると感じていたので、自分の読んだ本から学んだこと[事実上、ロバート・メルルが『La mort est mom métier』で提供した情報のみに基づいており、その本はミクロス・ニーシュリ博士の記述に基づいている]を確認するために、クレマトリエンの計画を熱心に依頼したのである。私は直接、メインの「クレマトリウムII」から始めた。持ってこられたのがこれだったので、選択の余地がなかったというのが実情である。

[年代順に1枚ずつドローイングを制作したアーキビスト心理的、方法論的なミス。しかし、西側の研究者は、通常、短期間しか滞在しないので、何枚の図面が存在するか分からず、時間もないため、最終図面にたどり着くことは不可能ではないにしても、不確かなものになる。この「提示」によって、アウシュビッツでのガス処刑に対するある種の「疑念」が説明できるかもしれない。プロジェクトはあくまでプロジェクト。アーキビストは、最終的な目録の図面から始めるべきだったのだ。私の疑問は、そこから始まったのである]

私が最初に見たのは、1942年1月23日の建設管理部図面932、「Entwurf für das Krematorium Grundriss vom Untergeschoss / Krematoriumのためのプロジェクト 地下室平面図」だった。虫眼鏡を外す(筆記のため必要)。私はそれに屈んだ。そして私の疑問は、復讐のように戻ってきた。特に、Leichenkeller I(死体安置室I、後のガス室)とLeichenkeller 2(死体安置室2、後の脱衣室)の間の接合部は狭すぎるように思えた。この通路は、外から降りてくる階段の途中にシュート状のスロープがあり[クレマトリウムIIIの廃墟に「Rutsche /死体シュート」[写真14]が見える、邪魔になっていたのである。 IIの場合、その存在は疑問視されている[写真15]。2003の図面では消えているが、DAWの金属加工工場に柵を注文して隠していることから矛盾している。 あるべき場所に積まれた瓦礫を移動させれば、問題は一挙に解決する]。では、2000名の人々が、脱衣室(Leichenkeller 2)からガス室(Leichenkeller 1)へと急速に移動し、適切な「治療」を受け、死んで、ゾンダーコマンドによって避難させられ、ささやかなサイズの一つの物品リフトに載せられ、

[『アウシュビッツ ある医師の目撃談』の中で、ミクロス・ニーシュリ医師は、クレマトリウムIIで6ヶ月間生活した後、自分の記述は「少しも誇張されていない」と主張しているが、「ちょうどよい大きさのエレベーターが4台あった」と述べている(49頁)。この本物の目撃者がなぜこれほど多くの重大な誇張を積み重ねたのか、その理由はまだわかっていない]

炉室へと運ばれ、非常に急速に焼かれて、この設備に起因するとされる巨大処理能力[1日に5000件の火葬]を実現することが本当にできたのか? 「工業的に」直線的と言えるかもしれないが、死体は生きている人の道の上を通らなければならない死のルート。Leichenkeller 1は、技術的な袋小路である。そして、移動のためのスペースを必要とするゾンダーコマンドの役割も考慮しなければならない。幸いなことに、ドアは大きかった。幅2メートルほどの二重扉。え? 二重扉? 二重扉のチクロンBガス室? 技術的に正しいかどうかはわからないが、私はこのことに大きな衝撃を受け、その驚きの反応に気づかされたのである。その若い女性は、私がホテルの暖房よりも暖かくないラジエーターに押しつけられて震えているのを見ながら、私の世話をしてくれていた記録係(タデウシュ・イワシュコ)を探しに行ってしまった。彼は何も言わず、一瞬姿を消し、また別の絵を持ってきた。1942年1月27日の図面934に、「Entwurf fur das Krematorium. Schnitte / クレマトリウムセクションのプロジェクト」と題された図面934では、16メートルの火葬場の煙突とその底にある強制換気扇が非常に大きく見えていた。そして、Leichenkeller 1と2の断面図が登場した。2は特にないが、L-K 1は上下にダクトを持つ立派な換気システムが搭載されていた。「Belüftung, Entlüftung / 換気、排気」「チクロンBの結晶が出す青酸ガスに汚染された空気を除去するためでなければ、なぜ排気をするのか」と、記録係は言った。この議論を前にして、私は揺らいだ。当たり前のことだった。私の落胆の表情が気になったのだろう、その瞬間からイワシュコは大物を持ち出してきて、何でもかんでも私に見せてくるようになった。ビルケナウの空撮写真。壮大に描かれた基幹収容所拡張の図面。建築の図面に興味がある人なら誰でも楽しめる。素晴らしい出来栄えで、しかもカラー。この親衛隊は確かに「kolossal(一大巨編)」を見ていた。千年帝国の大きな栄光のために、厳格で荘厳な公式建築と、親密で繊細な私的建築が存在したのだ。そして、その傍らで、「労働に熱心で勤勉な」スラブ人たちを皆殺しにするために死の工場を建設した。イワシュコの口癖はこうだ。「なぜ、こんな小さな収容所に、こんな大きな設備が必要なのか?」しかし、残念なことに、これらの「大きな火葬施設」の図面には、ガス室の存在を示すものは何もなかった。この欠如は、疑念を生むだけである。この不穏な疑いに対して、「信じること」。これは、アーキビストが私に言った言葉である。

[1980年以前のフランスでは、ガス処刑に関する「資料」が「大量」にあるように見えるにもかかわらず、具体的な証拠は全くなかった。このガス処刑の歴史は、事実上、人間の証言に基づいており、フォーリソン氏はこれらの証言のいくつかを時間をかけずにバラバラにした。このような状況であったため、従来の歴史家たちは彼に対抗する証拠をほとんど持っていなかったので、彼は「事件」の初期にいくつかの素晴らしい成功を収めることができたのである。アウシュビッツ博物館文書館には、誰も研究する必要性を感じなかったために未調査の文書が数多く含まれている。フォーリソンの間違いは、その重要性を過小評価したことである]

考えも及ばないこと。ユダヤ人絶滅に関する世界的で至高の説明は、ビルケナウで起こった210m²のポーランドの土地、クレマトリエンⅡとIIIのLeichenkeller 1の領域で起こったことを受け入れるか信じないかに還元できるものではない。その他、クレマトリウムIIの計画図面は、1枚ずつパラパラと持ってきてもらった。私が図面を返すたびに、別の図面を渡され、若い女性を背後に、勉強することになった。しかし、私の集中力はもはやそれほどでもなく、私が見たものは、アーキビストの言ったことを裏付けるだけのものだった。

 

Page545

でも、やっぱり全部見たかった。クレマトリウムIVの図面[11/1 /43の図面2036、1678への訂正用紙]が私の前に届いた。このときも、論理的な操作の流れに若干の疑問を感じたが[疑問は当然で、クレマトリエンIVとVはあまりにも多くの改造を施されたため、その機能は「産業」としての茶番になってしまった]。イワシュコに電話をして、安心した。急速に。そして、「専門家」[私の目には、それが彼のように映った]に立ち向かうには、あまりに新参者であったことだ。私は彼の説明を受け入れた。しかし、4つの装置の破壊力については、まだ内心不安を抱えていた。

[博物館の学芸員(館長)であるカシミエシュ・スモレンは、「もちろん、証拠があればの話だが」と、後で私に言った。一方、ガス室の存在については、疑問の余地がない。私はこれを聞いて、何も言えなかった。この危険な心理の欠如は、元囚人の側からは間違いなく不本意なものであったが、私の意見は、その後の面会で、正当か否かにかかわらず、私の要求を何一つ拒否せず、受け入れてくれたタデウシュ・イブシュコの理解もあって、それ以外は自由に確立されるようになったのである]

アウシュビッツの「工場」で破壊された犠牲者の数は、当初400万人と言われていたが、現在では100万人から150万人と考えられている。

[バーモント大学政治学部教授ラウル・ヒルバーグは、アウシュビッツに向かう列車の数から、レジスタンス組織が記録した到着した貨車の数と照らし合わせて、アウシュビッツに送られたユダヤ人の数を算出した。その結果、到着したユダヤ人の数は105万から110万であった。ジョルジュ・ウェラーズは、『Le Monde Juif』112号(1983年)に発表した研究「Essai de détermination du nombre de morts du camp d'Auschwitz(アウシュビッツ収容所での死者数把握の試み ) 」で、死者合計147万1595人、そのうちガス処刑は134万4000人と結論づけている。私としては、クレマトリウム炉の主張された処理能力と実際の処理能力との比較、および目撃者の供述と事実証拠との比較にもとづく主観的方法を用いて、ヒルバーグの結果に近い結果を得た]
註:このプレサック本の発表以降、現在に至るまでアウシュヴィッツの犠牲者数の標準となっているのは、アウシュヴィッツ博物館のフランシスゼク・パイパー博士の研究成果(110万人)である。こちらのヴァン・ペルトの報告書にあるページでその内容がコンパクトにまとめられている。

私はイワシュコと仲良くなっていたので、クレマトリエンⅡとⅢのLeichenkeller 1付近で発掘調査をすれば、この問題が解決するのではないかと提案した。彼は、その結果、ポーランド人が35年間もこの地を「整理」してきたと非難されるのだから、今さら何の価値もない、と答えた。私はさらに、「なぜ、クレマトリエンの図面を余分なコメントなしで公開しないのか」と尋ねた。懐疑的で回避的な答えが返ってきた。

[1979年11月、この考えはイワシュコにとって魅力的ではなかった。しかし、その後、彼やスモレンに励まされることになった。「自分でやる、ニュートラルな精神で」 それは結局、同時期にフォーリソンが提唱したものと全く同じ発想であったが、ニヒリズムの論文を支持するために最大限の情報を集めるという、異なる理由によるものであった]

その後も打ち明け話は続いた。イワシュコは、私に数年先行していた同胞の一人のことを話してくれた[1976年3月初旬]。


写真13

ビルケナウの全体計画の一部であるクレマトリウムIIとIIIの拡大図(3倍)、ソ連映画収容所解放の記録(1945年)』からの抜粋。


写真14
(撮影筆者)

クレマトリウムIIIの死体シュート「Rutsche」を北から見た部分図。   


写真15
(写真と説明は筆者)

クレマトリウムII遺跡を東西方向に見たもの。

写真内説明の翻訳

  • Leichenkeller 1 / [ガス室]       
  • Salle des fours / 炉室      
  • Emplacement de la glissoire / 死体シュートの位置      
  • Monte-charge / 死体リフト      
  • Leichenkeller 2 / [脱衣室]      
  • Escalier d'accès / アクセス階段      
  • Plafond de la salle des fours / 炉室屋根  

 

Page546

このフランス人は印象に残っている。最も不愉快な人物だ。このひどい男は、私と同じように公文書館に来て、クレマトリエンの計画も発見していた。

[図面932と934(クレマトリウムII)、2136(Kr III)、Kr 1の1つか2つ、ビルケナウ収容所の全体図面、1943年6月18日の図面2503。1977年の初めには、彼が参照したクレマトリエンIIとIIIの図面のコピーを受け取り、1977年の終わりには、博物館から1941年9月25日のKr Iの図面と1943年1月11日のクレマトリエンIVとVの図面2036の複製が送られてきた]

しかし、2日後には風邪を引いたということで荷物をまとめて帰ってしまった。帰国すると、すべてを惜しげもなく見せられたこの偽善者は、青酸ガス室が物理的に機能することはありえない、したがって、ユダヤ人絶滅は伝説であると主張する記事[78年11月16日の『Le Matin』、78年12月29日と79年1月16日の『Le Monde』]を書いている。アウシュビッツ・ビルケナウの殺人ガス室は存在しなかったと主張することは、歴史的なトリックであり、まさに嘘である。どうやら、この不条理を作ったのは、ある「ローリソン(Laurisson)」教授であるらしい。[イワシュコは、私が訪問する5ヶ月前の1979年6月12日に、LICRA(Ligue internationale contre le racisme et l'antisémitisme:反人種主義・反ユダヤ主義国際連盟)の弁護士としてベルナルド・ジュアンノー氏がPMOの文書館を訪れたおかげで、「フォーリソン事件」のことを知ったのである]

でも、いずれは真実に迫れると思っていた。私はひどい天候に阻まれ、収容所のスライド作成は計画の半分しかできず、その穴埋めは博物館から送られてきた50枚の写真で行った。イワシュコはいつも親切でフレンドリーで、私のカメラのフィルムが割れてしまったのを助けてくれたこともあった。二人のポーランド人警官の態度は全く違っていて、私は非常に不愉快な尋問を受け、新しく始めたフィルムのネガ12本を没収された。それは、私が不幸にもアウシュビッツ鉄道の橋(1941年3月1日にヒムラーが従者を伴って、ビルケナウ地区を10万人の戦争捕虜のための新しい収容所(KriegsgefangenlagerまたはKGL)建設の場所にすべきだと手を振りながら示した有名な橋)を撮影したというだけの理由であった。ビルケナウ方面へ向かう側線と、有刺鉄線で囲まれた一番近い工場(当時の!)、どうやら警察用の機器を製造していたようである。丸1時間、私は「西側のスパイ」という居心地の悪いポジションを味わうことができたのである。

それでも、私は自分の疑問に対する答えを見つけるためにやってきて、まだ絶対的な確信がないとはいえ、それを手に入れたのである。ちょうどその時、フランスの元囚人たちが万聖節のために特別に来ているのに出くわした。そして、私の歴史的好奇心の高さを褒め称え、「リレー」「トランスミッター」と呼んでくれた。元囚人の金髪の女性医師は、私が何らかの形でメディアに証言できないかどうか探ろうとした[この女性の動機がわかったのは、後になってからだった。西側にはこの問題の本当の専門家があまりに少ないので、彼女は私を「共闘」させることが非常に望ましいと考えていたのである]。しかし、私は丁重にお断りし、自分の身分を明かさず、取るに足らない人間であることを宣言した。当時は、この恐怖を信じない人、信じられなくなった人がいることも知らず、この元囚人の要望を理解することができなかった。1935年生まれのポーランド人作家で、1970年に祖国を離れてカナダに移住したアンジェイ・ブリヒトのような人々が、『Excursion Auschwitz Birkenau(アウシュヴィッツ・ビルケナウの小旅行)』(1966年と1980年1月、NRF、編集ガリマール、フランス語版)で書いている。「私はこの廃墟(クレマトリウムII)を見て、これほど多くの人々がこのような悲惨な建物で焼かれたとは信じられなかった」と言い、「ここ(ビルケナウ)で実際に何が起こったのか、すべてが存在したのかさえ、誰が知ることができるだろうか」と言うのである。

元囚人たちとの会話の中で、再びローリソン(Laurisson)の名前が出てきたのだ。そのため、私は彼に連絡を取り、彼の考えを聞くことにした。5ヵ月が過ぎた。二度にわたる電話での予備会談の後、私は件の紳士、フォーリソン教授(正確な綴りはこちら)に会った。見た目は普通である。50歳くらいで、いかにも学者という感じだ。電話口では、やや酸っぱい声を出していたが、彼は至極まっとうなことを言っているように思えた。

最初の打ち合わせは4、5時間に及んだ。私は、頭がパンクして出てきた。頭が割れるような痛みだ。二人とも、同じように問題に取り組んでいたのだ。図面を通して。目に見えるもの、具体的なもの。曖昧な証言を基にするのではなく、その著者の目には常に真実であっても、様々な要因によってしばしば変形されるため、大きな歴史的価値を持たない。互いの情報の洪水のような状態が、あっという間に始まってしまった。私はそれなりに知っていたが、彼はその100倍以上のことを、しかも真剣に、文句のつけようのない文献に裏打ちされて深く知っているようだった。

[ノートから抜粋した本文の終わり]

私は、1980年3月末から12月まで、ロベール・フォーリソンと仕事をした。その後、彼のドグマが最優先され、本格的な歴史研究が不可能になったため、連絡を取り合いながらも、会う回数は減り、1981年4月に最後の別れが来たのである。彼の主張の強さは、純粋に、事実の知識において彼がリードしていることにかかっていることを理解する前に、私は彼に追いつかなければならなかった。そうして初めて、彼の主張の価値を公平に判断することができるのである。私が最初に深く考えさせられ、助けられ、そして認めざるを得なかったのは、1980年9月のピエール・ヴィダル・ナケの論文「La mémoire d'Auschwitz(アウシュヴィッツの記憶)」であった。2つ目は、私自身がPMOの資料室で調査し、3回の滞在(1980年8月25日〜30日、10月4日〜17日、11月11日)で見つけた資料である。3つ目は、1981年6月1日、パリ高等法院で行われた「フォーリソン裁判」でのベルナール・ジュアンノー氏の訴えである。しかし、1980年8月末の時点で、当時はまだ気づいていなかったフォーリソンは、もはや私を彼の無条件の支持者の中に数えることができなくなっていた。彼の理論は、博物館の資料やビルケナウの遺跡との歴史的な直接対決に、たった2日しか耐えられなかった。それは、運命の皮肉にも、急ぎすぎた研究の結果であり、同じく2日しかもたなかったのだ。

ある二人組に出会った。ロベール・フォーリソンとピエール・ギヨームだ。一人目は歴史学者で「右派の無政府主義者」を自称していた。二人目は一人目を支持し、彼を出版し、自らを「左翼の無政府主義者」だと考えていた。この二人は、最も対照的なカップルであった。会合が行われたのは、ピエール・ギヨームの家で、彼がパリを訪れた時にフォーリソンを泊めてくれたのだ。なぜギヨームがフォーリソンを支持したのか、私には理解できない。ギヨームはすでにポール・ラシニエの著作を出版していたので、もう一人の修正主義者、フォーリソン(文書・資料批判家、リヨン第2大学古典・近代文学・文明学部教授)の著作に興味を持つのは当然と思われた。

なぜ、彼らと一緒に仕事をしたのか? 私の疑問に対して、的確な答えを持ってきてくれたからである。第二次世界大戦後に生まれた人々は、もはや何かをあまり信じていない。人間の行動の偽善性、情報の組織的改ざん、意図的な事実の歪曲により、彼らはいかなる公式の情報源、「公認の信念」、「専門家の意見」に対しても、より一層の疑念を抱くようになった。これは、何事も受け入れる前に、その真偽や意味を自分自身で確かめるという姿勢である。そのために必要な開放性が「透過性」であり、それがある種の「脆さ」につながっている。アウシュビッツの場合、自分の自由を守りながら、両者(2人しかいない)の主張に耳を傾け、その妥当性を判断し、必要であればさらに踏み込んでいくことである。ある紳士、大学教授は私にこう言った。「ビルケナウの火葬場の機能を疑っているのですか? もちろん、そうでしょう。なぜなら、彼らは人々を絶滅させるために機能したことはなく、ガス室もなかったからです」。 一方、その直後、あるユダヤ人団体のメンバーから、「この問題で自分を苦しめるのはやめなさい」と、「私有財産」にとどめるべきこのテーマに関する研究を放棄するようにと、不運にも忠告されたことがある。

私が初めてフォーリソンと接触したとき、彼の研究の位置づけは、1979年8月のアントニオ・ピタミッツによる『Storia Illustrata261号のインタビューに要約されていた[セルジュ・ティオンによる「Vérité Historique ou Vérité Politique」でフォーリソンが修正、訂正、コメントした後に出版、La Vieille Taupe.に掲載、1980年4月]。アウシュビッツ、マイダネク、ストリュートフ(ナッツバイラー)のガス室が彼の目下の標的であった。マイダネクのものは、彼にはとても滑稽に見え、反論をあまり発展させることができなかった。彼によると、ナッツバイラーの元司令官ヨーゼフ・クラマーの自白は、化学的に不可能であるという理由から、殺人ガス処刑の非現実性を立証したのである。アウシュヴィッツに関しては、博物館から提供されたクレマトリウムIの2つの図面(1941年9月25日のトプフ&サンズ図面D.59042と44/9/21の建設管理部図面4287)を比較して、原図にない建物の「再配置」を示すことによって、ガス室を想像することができたのである。この成功に刺激されて、彼は、ビルケナウ・クレマトリエンⅡ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴにまで議論を広げ、主として、収容所の初代司令官ルドルフ・ヘスの自伝に対する「内部批判」[彼は、実際にはブンカー1、2で起こったエピソードを語っていた!]を用いて、その主張を展開した。彼は、ブッヘンヴァルト[実際には存在しなかった]、ダッハウ、マウトハウゼンのガス室[ピエール・セルジュ・シュモフの著作がその存在を証明している]をさらに激しく攻撃するようになった。オリエンブルク(註:原文に「Orienburg」とあるがそのような表記に該当する強制収容所はない。近い表記として「オラニエンブルグ(Oranienburg)」を指すようであるが、同強制収容所はWWⅡよりも前に廃止されているので、同地に新たに設立されたザクセンハウゼン強制収容所を指すものと思われる)[液体シアン酸を使ったものが有効であったようだが、その使用方法は不正確で、もっと説明が必要なようだ]とラーフェンスブリュック[戦争末期に、バラックを大まかに改造した場所でチクロンBによる小規模なガス処刑が行なわれた]。フォーリソンは、自分にとって大切な方法を用いて、伝統的な著者の著作の背後に隠れて、自分の否定を確証したのである。マルティン・ブローシャート医師の有名な書簡(1960年8月19日付『Die Zeit』掲載)「No gassing at Dachauダッハウでのガス処刑はない)」は、ダッハウベルゲン・ベルゼン、ブッヘンヴァルトにガス室が存在しないことを立証し、これを旧帝国の領土全体に一般化して、彼のダッハウとブッヘンヴァルトの「処刑」作業を容易にしたのである。オルガ・ワームザー・ミゴーは、「Le Systême concentrationaire nazi, 1933 45」 (PUF 1968)によって、マウトハウゼンやハルトハイムのガス室は神話であると断言した。彼は、敵の武器を奪って敵に回すという原則を採用した。さらに、セルジュ・ティオンの『Vérité historique ...』の出版は、彼が受けていた「迫害」に対する「道徳的保証」と、何よりも「アンネ・フランクの日記が文学的デマにすぎない」ことを明らかにする壮大な戦術的勝利をもたらしたのである。彼のデモを読んだ人々は、それが有効であると考えた[後にフォーリソンを最初に阻止したピエール・ヴィダル・ナケでさえも]。疑念が生じたのは、1986年になってからだ。ハリー・パーペ(オランダ戦争記録研究所[RIOD]所長、第二次世界大戦史国際委員会事務局長)らのチームは、厳密な資料調査によって異なるバージョンの「日記」の信憑性を証明した『De dagboeken van Anne Frank(アンネ・フランクの日記)』をアムステルダムで刊行した。これがフランス語で読めるようになれば、ここフランスでも最終的な判断ができるようになるはずである。しかし、フォーリソンが推奨するようなテキストの精査には限界があり、原資料を用いた唯物論的アプローチの前では無価値となることが、すでに証明されているのである。 

ガス室の細かい技術的な点を熟知していない人々、つまり99.999%の人々にとって、フォーリソンの主張は啓示であった。きめ細かく磨き上げられた、揺るぎない名品。フォーリソンと向かい合って座り、1時間でも2時間でも彼の話を聞けば、誰もが揺さぶられ、彼の大義に完全に改心するはずである。200kgの資料、200枚の写真、10年の読書、4年の集中作業に裏打ちされ、自分のテーマにどっぷりと浸かった彼が、スタート時に何を言うのか。 

「私が言いたいのは、有名なガス室も戦争の捏造に過ぎないということである。このプロパガンダの発明は、第一次世界大戦中に流布された「チュートリアルの野蛮さ」に関する伝説と比較される。その頃すでに、ドイツ人は完全に想像上の犯罪で訴えられていた。手を切り落とされたベルギーの子供たち。はりつけにされたカナダ人、石鹸に変身した死体など」

人はただうなずくだけで不思議そうに聞いていた。この抜粋では、メッセージを伝えるために使われるトリックの一つを紹介している。嘘(ガス室は戦争のプロパガンダにすぎない)を打ち出し、それをすぐに、よく知られた真実(1914-18年にイギリスが捏造したドイツの犯罪[写真16])で覆い、誤った最初の仮定を守るために持ち出したのである。このプロセスは、1982年にギヨームが出版した80ページのパンフレット『L'incroyable Affaire Faurisson』(信じられないようなフォーリソン事件)に、LICRAが控訴院で申し立てた結論とそれに対するフォーリソンの回答が書かれており、可能性の限界まで押し上げられた。このように、真実と嘘と不当な解釈が入り交じり、事実上、解明が不可能なレベルにまで達しているのだ。私自身、偶然にも「専門家」になってしまったが、「専門家」であっても、穀物と籾殻の区別をつけること(註:「separating the grain from the chaff」は「良いものから悪いものを選り分ける」の意)は困難であった。フォーリソンスタイルの最高傑作の一つである。控訴裁判所の判事たちは、この陰湿なレトリックに影響されることを許し、1983年4月26日の判決でそれを「確認」したのである。「今のところ、誰も彼(フォーリソン)を嘘で有罪にすることはできない......」というのは、彼を知っている者にとっては馬鹿げた結論である。しかし、ダッハウでの「ガス処刑」を語るとき、皮肉な笑いを抑えることはできない。 

 

Page547

写真16
[Personal archives]

1941年にベルリンで出版された反英国のプロパガンダ冊子のダストジャケット。1914年から18年にかけてイギリス人が発明し出版した「恐ろしいドイツの犯罪」を糾弾している。

タイトル:『ENGLISH LIES in the World Wars(世界大戦における「イギリスの嘘」)』ヴェルナー・シェーファー著、表紙イラスト:パロ。- ...

表紙の文字の翻訳

  • 卑しい小さな軍隊...
  • 十字架につけられたカナダ人...
  • 切り落とされた子供たちの手...
  • 死体工場...
  • ベルギーでのドイツの残虐行為... 

写真17
(Source: Express Newspapers) 

ダッハウ火葬場の建物にある4つの消毒用ガス室のうち、最初のガス室の扉、1945年5月初旬。

写真内の文字の翻訳

  • ガス処理の時間:午前7時30分~10時30分
  •  注意!ガス!危険!開けないでください! 

ダッハウ火葬場[写真17a]は、死体安置室、4つの火葬炉のある炉室[写真17b]、「Brausen / シャワー」と刻まれたガス室と考えられる部屋、1から4までの番号が付けられた4つの消毒室から構成されていた。この写真と「(殺人)ガス室」の混同はいまだに残っており、1982年の時点で、この種の写真はパリのトロカデロ広場で開催された「国外追放展、1933-45」で「ダッハウガス室」として紹介された。

消毒用ガスの性質は不明だが、そのサイクルは3時間であった。


写真17a
(Communicated by Serge Klarsfeld. Source unknown) 

収容所解放時のダッハウ火葬場の眺め。建物の外で火葬を待つ死体の山を部分的に隠しているのはアメリカ兵。 

 

写真17b 

4つの炉がある部屋の中で、元捕虜が戦場記者たちのために死体を扱っている。 

 

Page548

「...彼らは、ダッハウにあるこれらのオートクレーブの一つの写真[写真17]をいまだに私たちに見せようとする不遜な態度をとっている、...制服を着たアメリカ兵がガス処理の時刻表を解読している写真[写真18]がある」

1945年当時、アメリカの戦争特派員たちは、情報不足のために簡単に誤解したことは明らかである。しかし、情報量に事欠かない(200kg)フォーリソンも、他人の誤りをすぐに糾弾する彼もまた、道を踏み外してしまったのだ。オートクレーブと思いきや、実は単なる消毒用のガス室で、オートクレーブを正常に作動させるために不可欠な温度計も圧力計もない。そして、本物のオートクレーブに出会った時、彼はそれが消毒用ガス室であると考えた(例えば、ビルケナウ中央サウナの3つのオートクレーブ)。フォーリソンは文学者であって、科学者ではない。この話で悲しいのは、ダッハウ博物館やブリュッセルダッハウ国際委員会の当局と彼が交わした書簡で、彼の主張に反論できず、歴史的責務を果たせなかったことを認めざるを得なかったことである。壁の部分的な解体まで含めた真の技術的な分析がなければ、現状ではどのバージョンも受け入れられない。

フォーリソンの研究方法は、テキスト分析に基づくもので、研究対象の問題に関係する文書を詳細に批判するものである。彼は、かなり特殊なアプローチの提唱者である。彼の考えでは、迅速に介入し、激しく打つことが必要である。一種の「コマンドー」的な手法だ。アウシュビッツには1、2回しか行ったことがなかったが、すぐに理解できたという。この「新しい理解」を裏付けるために、彼はポーランドから豊富な資料を持ち帰り、素人目にはそれが真実であり、説得力があるように見えるのである。私自身の仕事のやり方が違う。私は、粘り強く自分の道を歩んでいくので、ドキュメントを「拾う」という点では、成果が出るのが遅く、短期的にはあまり実りあるものではなかった。中期的には、私の粘り強さが実を結び始めた。そして長期的にそれは望まない結果をもたらした。写真だけでも、フォーリソンは200枚くらい持っていると思うが、そのほとんどは、私が知っているものである。アウシュビッツに関しては、写真7枚と図面3枚。(PMOから)セルジュ・ティオンの『Vérité Historique...』に掲載された。ヴィルヘルム・シュテークリヒ著『Le mythe d'Auschwitz』』(La Vieille Taupe 1986)に掲載された16点のうち、「Illustrations [comments by Faurisson]. Le mythe d'Auschwitz en images. Une extermination… improbable… invrasiemblable… impossible…fictive(イラスト[フォーリソンによるコメント]。写真で見るアウシュビッツの神話。絶滅...ありえない(improbable)...ありえない(invraisemblable)...ありえない(impossible)...架空のもの)」というタイトルで掲載されたもの。FIVEはすでに「ティオン」に掲載されていた。私としては、収容所と囚人やSSの生活に関する当時の写真だけを考えると、セルジュ・クラースフェルド(とPMO)が『L'Album d'Auschwitz (Seuil 1983)』の出版のために189枚提供してくれたのだが、これにはオリジナルのアルバムからハンガリーユダヤ人の絶滅に関係のない未発表写真63枚が含まれていない。PMOは、元囚人ローイン・ルドウィックが密かに撮影して埋めた、解放後に発見された52枚の写真のコピーを渡してくれた。その後、博物館から『Bauleitung Album(建設管理部アルバム)』(未発表、原本はヤド・ヴァシェムが所蔵)の397枚の写真のうち、いくつかはルドヴィクが「整理」したものと同じである。それから、4枚のポーランドレジスタンスの写真があるが、そのうち使えるのは、SS守備隊の3枚と、ヒムラーが1942年7月17日に行ったモノヴィツ訪問に関する30枚だけである。解放時の収容所の様子については、ソ連の映画『クロニクル...1945』から数百枚のスチールが撮影されている。1945年から46年にかけてのポーランドの出典のうち、スタニスワフ・ルークフコが撮影したものは不明(数十枚?)。ポーランドにおけるヒトラー派の犯罪を調査するワルシャワ中央委員会から、ルクフコシリーズ5枚と、出所不明の約30枚のうち5枚が送られてきた。この最後の写真には、整地中のクレマトリウムVの廃墟を撮影するポーランド軍のカメラマンが写っており、解放直後のビルケナウで1945年のソ連映画以外の映画(ニュース映画か)が撮影されたことを示唆している。そして、アウシュビッツの無数の「現代」写真に言及する必要はないだろう。

フォーリソンのコマンドー襲撃の結果と、私自身のポーランドでのじっくりとした忍耐強い調査との違いが、それを物語っている。どちらがより多く所有したいとか、そういう誤解はしないで欲しい--これは小学生のビー玉遊びではない。これらの写真は重要な歴史的資料であり、中には我々の理解を深めるために不可欠なものもある。時には、1枚以上の写真のおかげで証言が確認されたり否定されたりすることもある[1944年11月の戦争難民委員会の報告書は、奇妙な点がいくつかあるにもかかわらず、この方法で認証された]。1940年から1946年の間にアウシュビッツで撮影された写真は、他にもたくさんあるに違いないと思われるかもしれない。確かにそうなのだが、私たちが知っているのは、このリストだけなのだ。私はそのすべてを知っており(現代の写真は約700枚、解放を含めると1000枚以上)、そのほとんどを現地に位置づけ、多くの写真の日付を多少なりとも正確に把握することができる。ある日、PMOの「予備品」(収容所にあるさまざまな物品)の担当部署で、私は、正規の制服を着てガスマスクをつけたSS隊員が、高さ40cmほどの煙突のようなものにチクロンBの缶を注ぎ込んでいる写真に出くわした。彼はクレマトリウムIIかIIIのガス室の屋根の上にいるように見えたが、彼の背後に見える火葬場の窓の一つの窓ガラスの配置は、どの図面や写真とも一致しなかった。私は、このサービスの担当者に本当のことを言うまで問い詰め続けた。その作品は、1961年9月20日に作者が交通事故で亡くなったため、未完成のまま終わったアンジェイ・ムンクの映画『La Passagère(パッセンジャー』からのスチール写真である。私は幼い頃にフランスでこの映画を見たことがあり、すべてのシークエンスを覚えているわけではないが、この写真を他の写真と比較して研究した結果、その外観とそのように紹介されているにもかかわらず、本物ではないことが証明されたのである。

フォーリソンは、昔も今も、このような研究を行うことができない。しかも、彼は図面を読むことが全くできない。私のような素人に巡り会えたのは、彼にとって幸運だった。1980年2月の最初の接触以来、長い共同作業セッションが続き、ポール・ラシニエの著書を必読としたのを皮切りに、修正主義者の議論の基礎をすべて学ぶことができた。筆者も疑問は持っていたが、現在のような資料がなかったため、比較的軽いものだった。ロベール・フォーリソン博士の「大聖堂」的な発言に比べれば、彼の臆病な発言は学生のそれである。後者は、殺人ガス室だけを否定し、それ以外のもの、すなわち、強制送還、強制収容所、苦しみ、栄養失調、奴隷労働、不当な扱い、病気、疫病、火葬場は否定しない。いや、ガス室だけだ。ガス室が取り壊されれば、あとはすべて追随して糾弾される、という戦略だ。彼は、私が図面を読み解く才能があることをすぐに見抜いた。「肯定的な」 結果を得るために、彼の目的を助けるために、彼は彼のファイルを私に開き、私にそれらに取り組むように言わなければならなかった。そして、それが私のやったことである。私とフォーリソンの共同作業は、彼が収集した文書だけであった。彼の驚くべき仮説は、文字通り私を誘惑したのだ。しかし、そのアイデアは刺激的であったが、結果的にはマイナスとなった。早速、側近に試してみた。ユダヤ人でない人たちは、日々押し寄せるユダヤ人のハッタリのひとつに過ぎないと考えた。ユダヤ人であった者は、暴力的な反応さえしなかった。そして、そのような人たちの姿は、私に、超えてはならない限界があることを教えてくれた。私の主張は考慮され、私の誠意は認められたが、それでも彼らの父、母、兄弟、姉妹は回復せず、家族全員が消滅してしまったのだ。フォーリソンはこの点に関してまともな答えを出していない。彼によれば、技術的に絶滅させることが不可能であった100万人に何が起こったのかを説明していない。ギヨームは、「アウシュビッツから120キロ離れたセル駅で移送された」と、主人の声を代弁して宣言した。

[この距離の示し方は、常に正しくあるために真実と嘘を織り交ぜた「フォーリソン方式」の典型である。アウシュビッツから120kmのところにあるコセルやコズレは、真実でありながら同時に偽りでもある。コセルはアウシュビッツから82キロ、グリヴィツェ、ミコロフ、ティチを通る北ルートでは97キロ、ラシボルツ、リブニク、ゾリー、プシュチナ、ブルツェシュを通る南ルートでは120キロのところにある。フォーリソンは、この奇跡的な駅がアウシュビッツの西にあることを省略している。コズレからオシフィエンチムへ行こうとする合理的なドライバーは、北側のルートを取るだろうが、それは間違いである。最短ルートがベストではなく、真のルートはマスターが示す南側のルートしかない。フォーリソンの文献、発言、説明、論証はすべてこのように「loaded(含みのある、罠が仕掛けられている、のような意)」されているのである。彼の真実は、存在しなかった事実をもっともらしく解釈したものである

フォーリソンによる福音書では、95万人の人々がコズレ駅から田舎に消え、地球の四隅に広がっていったとされている。それ以来、誰も彼らを見つけることができないでいる。

私は、1979年2月15日にフォーリソンがLICRA(反人種主義・反ユダヤ主義国際連盟) の告発に答えるために裁判所に出頭する召喚状を受け取っていたことを知らなかった。その他、ANFROMF(フランスのために命を落としたレジスタンス戦士と人質の全国遺族会)、UNADIF(全国強制退去者・抑留者・行方不明者家族会連合会)、FNDIR(レジスタンス強制退去者・抑留者全国連合会)、CAR(レジスタンス行動委員会)、l'Amicale des deportes d'Auschwitz et des camps en Haute Silésie(アウシュビッツ・上シレジア収容所収容者協会)、MRAP(反人種主義・国際親善運動)、les Fils et Filles des Déportés Juifs de France(フランス国外追放されたユダヤ人の息子と娘たち)などが原告に加わり、UNDIVG(国内戦災者・被害者連合会)も登場する予定であった。私は、彼を阻む法的な足かせを徐々に見つけ出していっただけなのだ。彼の目下の関心は、自分の身を守ることであった。裁判については、ストリュートフ(ナッツバイラー)のガス室の問題が当面の課題であった。私は講習を受け、パリのパレ・ド・ジャスティスでストリュートフ裁判の公文書を調べるのに同行した。それが、「誠実で几帳面」な先生をより心配にさせるエピソードにつながったのである。86人のユダヤ人犠牲者がストリュートフのガス室で死を迎えた(アウシュビッツから送られた女性30人と男性57人のうち、1人は銃殺、残りはガス処刑)。管理上の痕跡を残していたのである。囚人の数に関する週報によると、1943年8月14日には90名のユダヤ人がおり、そのうち30名が死亡して「去った」、1943年8月21日には、残った60名のうち、さらに57名が死亡していることが示されている。死因は(不確かでも)通常、報告の反対側に記入されていた。しかし、この87人のユダヤ人に関する報告の反対側には何も書かれていなかった。しかも、収容所での死亡は、ナッツヴァイラーの市役所に報告され、記録された。この死んだユダヤ人のことは一切書かれていない。この2つの文書が決定的な証拠となる。フォーリソンは、保存されているすべての週報を調べた結果、1943年8月14日と21日の週報は、それまでローマ字で書かれていたものがゴシック体で印刷されている、という説明をした。この書式の変更に戸惑ったSSは、「Entlassung / 解放」と書かれた行に87人を記すのではなく、誤って「Todesfalle / 死」と書かれた行に記入してしまったのだ、と。彼の稚拙な言い分が、警鐘のように私の耳に響いた。最初の警告音は、ティオンの「Vérité historique...(歴史の真実...)」314ページの次の一節を読んだ時であった。

「私はアウシュビッツ博物館の関係者を一人作ってみた。ヤン・マッヘルさん、[クレマトリウムIの]場所に来てください。炉を見せた。彼に「本物ですか?」と尋ねてみた。彼は「もちろんです!」と答えた。そして、私は炉の1つの口に指を通した。私は煤がないことを示した[J-C Pressacによる強調。35年後に煤を見つけるとは!]。照れくさそうに[なぜ?]、これらの炉は「復元」であると教えてくれた[博物館自身の写真がそれを証明している]」

このような発言をすると、教授の評判は落ちる。

フォーリソンは裁判でますます忙しくなり、私はアウシュビッツの「いわゆる」ガス室についての研究を続けることになった。匿名を条件に引き受けた。そして実際、私は最後までそうだった。私は、歴史的な不正確さに対して、確実な証拠をもって反論することができる場合、その訂正が個人を傷つけないのであれば、躊躇なくそれを行う。もしそうであれば、まず助言を求めるか、あるいは控える。きちんとした仕事をするためには、平穏と静寂が必要だが、裁判の雰囲気では不可能である。

4月から5月にかけて、私は証拠写真を徹底的に研究した。その後、提供された断片をもとに、私は17枚の製本図面を作成した。図面を読んで、これらの火葬場の建築と配置を理解しやすくするために、そのほとんどはカラー[アウシュヴィッツのクレマトリウムIの3枚、ビルケナウ(とナッツヴァイラー火葬場)のクレマトリウムIVの4枚。クレマトリウムIIIの2枚、クレマトリウムIIの8枚]で描かれていた。8月11日、ワシントンで開かれた修正主義者の会議で、彼は私に手紙を書いた。「数人の人に見せたら、彼らは、それが卓越したものであると認め、とても感心されました」私は、虚勢を張ることなく、トロイの木馬のように働いていたのだ。その報酬として、私は休暇を過ごしていたアイルランドに、彼の原稿「Vous avez dit Kremer?(クレマーと名乗ったか?)」のコピーを持ち帰ることができた。[この原稿は、後に「Mémoire en defense」(弁護のための陳述書)となり、「フォーリソン事件」の発生と展開、そして彼自身の説明を、私は追うことができるようになったのである。私は目の細かい櫛で(fine-tooth-comb:徹底的に調査する、の意)慎重にすべてを調べた。「Vergasungskeller /ガス処理用地下室」 を 「ガス発生地下室」 とする彼の解釈は、その文学的形式は完璧ではあったが、技術的には無価値であることがすぐにわかった[後で調べてみると、アーサー・R・バッツの著作『20世紀のデマ』から引用していたようだ。バッツはマサチューセッツ工科大学の出身だが、技術的なことに関してはフォーリソンと同じように絶望的である]。ヨハン・パウル・クレマー[1942年8月30日から11月18日までアウシュヴィッツKLに赴任した予備SS医師]の日記への批判については、私は(またもや!)疑問を感じていた。私は、「Zonderaktion / 特別行動」という言葉の説明と「last Bunker」という表現に(また!)疑問を感じており、フォーリソンの議論はあまり説得力がない。このように、修正主義者の晴れ渡った空にわずかな雲を見つけたにもかかわらず、私はこの「狂った仮説」が正しいと判明する可能性が非常に高いと心から信じるようになったのである。作業を

 

Page549

進めるうちに、フォーリソンの資料には隙間ができ始めていた。 「もっと資料を探してきてほしい」と言われ、博物館に行った。私は自由に行動することができたが、具体的な仕事はクレマトリウムIの「再構成」を現場で確認することと、1948年にワルシャワで出版されたヤン・セーン判事のポーランド語著書『ポーランドにおけるドイツの犯罪(Les crimes allemands en Pologne)』の引用を注意深く確認することであった。そして、ワシントンからの最後の指示が来た。「クレマトリウムIIとIIIの廃墟に入る」、ビルケナウの「Bauabschnitt/建設段階」Iの「消毒」バラックを訪ねる。7月、フォーリソンは、スウェーデンの修正主義者フェルデラーのように、いたるところで「虚偽」を見ようとする傾向に対して、私に警告を発していた。「本当に虚偽はなく、本当に存在したものを誤って解釈しているに過ぎない」私は、アウシュビッツ・ビルケナウの「正史」を「修正」する準備を、もう十分整えた。 

 

[前節の一部と以下は、
アウシュヴィッツクインテット
と題した1980年8月25日から30日の私の訪問の短い要約である] 

 

初日:1980年8月26日 

 

8時ちょうどにアウシュビッツの資料室に出向いた。私は、タデウシュ・イワシュコに「事態は深刻だ」といって、ティオンの本を渡した。アウシュビッツ、『20世紀のデマ』...イワシュコは身じろぎもせず、ただ私の訪問の目的を聞いてきた。私は、フランスの極左の一部によって支持されているフォーリソンが脅威となりつつあると言った。彼は、自分の土地で戦わなければならなかった。技術を研究し、チクロンBガス処刑を合理的に説明し、反論の余地のない歴史的資料でこれを裏づけることが必要であった。イワシュコは私の見解を理解していたが、修正主義者との話し合いは、どのような文書が作成されようと不可能であると確信しており、決して賛成しなかった[そして彼は正しい]。彼は、ティオンの作品を単なるパンフレットとしか考えていなかった。そして、私の誠意に対して疑念を抱いた。私が真実を語っていたのか、それともフォーリソンが送り込んだ使者なのか、どちらかである、と。しかし、彼の個人的な意見がどうであれ、私を公式に非難することはできないので、私が要求した書類を提出しなければならなかった。

この会話は、やや緊張した雰囲気の中で行われた。私のアプローチ作業は、私が存在を知っているものを十分に理解していなかったので、厄介なことになった。博物館から送られてきたネガは、私が注文した150枚のうち59枚だけで、規格に合わないということで返品した。1979年11月と同じ図面を持ち出し、私はそれをコピーして覚えていた。最終的に私は初心に帰り、ホーエス裁判の巻を請求した。ようやく、必要な文献を見つけることができ、少し前進することができた。午後1時、資料館は閉館となり、私は荷物をまとめなければならなかった。この最初の接触は、あまり実りあるものではなかったが、私は正しい道を見つけたのである。 

午後は、ビルケナウでの調査。午前中の曇り空から一転、晴れ間が広がった。目的地:消毒兵舎、Bauwerken/作業所BW 5a、5b。5b(女性)は開いていたが、5a(男性)は閉まっていた。5bを急遽訪問し、写真を撮りまくる。内部は、フェルトのシーリングストライプを取り付けた厚いドアの3部屋。ガス室?[いいえ、私は間違っていた。これは熱風消毒室だった。私は、チクロンBを消毒剤として使う「本物の」ガス室を、気づかないうちに通過していた]その後、クレマトリウムIIの隣にあるBA.I汚水処理場へ行った。その他の写真もある。殺人ガス室とされる部屋の一つであるクレマトリウムⅡのLeichenkeller 1にやってきた。そんな謎に包まれた210m²の空間を、ぶらぶらと歩いてみた。空は晴れ渡り、日差しは心地よい暖かさ。廃墟の上に生えている雑草が元気だった。その緑色の濃淡が夏を告げている。このLeichenkeller 1とは対照的に、屋根は巨大なスラブに折れている。2枚のスラブが屋根のようなものを形成している[写真15左端]。茫然自失:この「屋根」の棟から中に潜り込むことができ、写真を撮るのに十分な明るさがあった。考古学的な夢。私は自分の目を疑い、その発見に魅了された。そして、ある確証がすでに得られていた。6月、工事図面の貧弱な写真を調べていて、その通りだと思った。「死体安置用地下室1」の上部の換気ダクトは、木製の非常に原始的なものであった。コンクリート製の天井には、ホッチキスで止められた当て木が少し残っているだけで、それで十分だった。その中央には、ほぼ無傷の柱があり、それが天井の一部を支えていた。この柱の足元で、50cmの水面下。クレマトリウム地下の図面932にあるような排水溝の一つを見ることができた。クレマトリウムIIに直結するこの排水溝があることで、図面上で確認していたことが裏付けられ、歓喜に包まれた。Leichenkeller 1では、青酸ガスが排水溝から建物内に漏れ出し、部分的に空気を汚染する可能性があったため、ガス処刑は不可能だった。天井には、霜のために型枠の撤去が遅れていると書かれた1943年1月29日の建設管理部の手紙を思い起こさせる板材が貼られていた[誤った解釈。それは、ガス室に備え付けられた24個のダミーシャワーのうちの1つを設置したものである]。この特別な場所から抜け出して、私はさらなる驚きに遭遇することになるのである。植え込みに隠されたマンホールから、Leichenkeller 1の基礎につながるシャフトを発見したのである。私は、レンガの壁にはめ込まれた金属製のはしごを使って、そのひとつに降り立った。この「ガス室」は、ふるいよりも多くの穴が開いていた。これではガス処刑は当然不可能で、上の建物とその周囲は青酸の毒性で死に至るような影響を受けているはずだ。私はクレマトリウムIIIに走った。マンホールの設計が違っていて、梯子のないコンクリートパイプのため、マンホールに降りられなかったことを除けば、同じ所見であった。観光客の一団が近づいてきたので、森の中に消えることにした。「Kläranlage / 下水処理場」IIを通り、Zentral Saunaに到着した。いつものように閉まっていたので、建物の裏に回って開いている窓を探したところ、すぐに中に飛び込むことができた。私は、フォーリソンによれば唯一の本物の「ガス室」である衣服消毒用オートクレーブの写真を撮った。最後に、草木で完全に埋もれているクレマトリウムVに行った。写真を撮ってもあまり意味がない。1階は建設管理部の図面の通りだった。そして帰り道、ついにクレマトリウムIVの廃墟を発見した。コンクリートの床と、各部屋の輪郭が残っているだけだ。もういいやと思い始めた。「Morgen ist auch ein Tag/明日はまた別の日」

 

2日目:8月27日 

 

9時。資料室。私は、イワシュコに、「Badanstalten fur Sonderaktionen / 特別行動のための風呂」という用語を含む文書(複数可)を見つけることを依頼した、この用語は、Krematorien IVとVのガス室を指定するものである[誤り。1942年8月21日のメモでは、この表現はブンカー1、2を指しており、まだ建設されていなかったクレマトリエンを指しているわけではない]。多くの作家が好むテーマのひとつであるにもかかわらず、彼はこの表現に馴染みがない。それはどこから来るのか? あまり嬉しくない。私は主張しなかった。前日の発見がどんどん頭の中に入ってくる。「komora gazowa(註:ポーランド語で死刑用ガス室のこと)」の周りにある「穴」の話をしないではいられなくなるほどだ。そして、「どう思う?」と聞いてきた。咄嗟に私はこう答えた。「地盤が常に湿っているため、下部の換気ダクトに水が浸入していた。このシステムは、この水を排出する役割を担っていた」彼は姿を消し、私はヘス裁判の第11巻を勉強することになった。その後、彼は戻ってきて、さらに別の計画、18/6142の建設管理部図面1300、「Krematorium-Entwassering / クレマトリウム排水溝」を広げた。まさにドタバタ劇。排水システムの配置からガス処理は不可能という私の仮説は崩れた。さらに、遺跡で発見された立坑は換気装置とはつながっておらず、排水溝とつながっていた。図面1300は、廃墟と正確に対応している。図面932とは異なり、Leichenkeller 1の排水システムは、現在、他の建物の排水システムとは全く別の「自動的なもの」になっている。この下水道はもはや他の下水道と合流することはなく、直角に折れてクレマトリウムから来る外部の主な下水道に流れ込んでいる。このように排水を分離することで、危険な汚染の心配がなく、何度でもガス処理をすることができる。Leichenkeller 1の排水には、明らかに改造が加えられていたのだ。第11巻では、露天掘りでの焼却に基づいた幻のクレマトリウムVIの痕跡、赤と白の「農家」、ブンカー1と2の図面、クレマトリウム建設に関する書簡と命令の抜粋を発見し、4つのグループに分けた。Schlosserei /金属加工工場のファイル、火葬炉の責任者トプフ&サンズ社とアウシュヴィッツ「中央建設管理部」との間の書簡、フータのファイル、これは4つの火葬場の外壁を建設した会社、Tageslohnliste/毎日の工程表(aおよびb)である。この資料をすぐに翻訳することはできないので、イワシュコに頼んで、コピーして持って帰れるようにしてもらった(夢だったんだ!)。当時のポーランド情勢が悪化していたため、私の要望には応えられないと思ったが、翌日には返事を出すと約束した。北部は、全国に広がるストライキの影響を受けていた。

午後には、ビルケナウに戻り、係員を動員した。クレマトリウムIVをもう1度確認すると、排水システムも図面通りになっていた。係員の説明では、クレマトリウムVの裏にも見るべきものがあるとのことだった。森の中を数分歩くと、小さな窪地に出た。彼は腰をかがめて、土をこね始めた。一瞬にして理解した。人骨の破片だ。バケツいっぱい。彼は私をビルケンヴァルトに連れて行き、また、半分埋まったトレンチがその内容を物語っていた。骨を砕く。それは私に大きな影響を与え、自分自身にもかかわらず、私をひっくり返したのである。私たちは引き返し、彼は「カナダ」[新しく到着した人の荷物や家財が保管されている小屋]に向かった。ナイフ、フォーク、スプーン、ハサミ、バリカンが表裏一体となって、焼け焦げ、錆びついた状態で大量に置かれているのだ。また、「Zentral Sauna」に行きたいと思った。彼は鍵を持っていなかったので、今では伝統となっている奥の窓から入った。3台のオートクレーブの前に、私は彼に尋ねた。「Komora gazowa?」「Niet Nie! Para!(違う!違う!スチーム!)」フォーリソンは間違っていた。彼が本物の「ガス室」として紹介した衣類の消毒用オートクレーブは、ガスではなく蒸気を使用していることが判明した。その先には、4つのレンガ造りの消毒室[通称「トプフ消毒炉」]があった。そこで、どんな消毒剤を使ったのか知りたくて、その脇にある「Heizerruben/焚き口」にも入ってみた。 すべてが水浸しになってしまったが、それでも炉床は残っていた。これが熱風室だ。T、チクロンB、トリトックス、ヴェントックスなどのガスもだめだ。フォーリソンに悪い知らせ! 27日の仕事はこれで終わりである。

 

3日目:8月28日 

 

陰気な天気。Bewölkt/曇っている。9時、資料室。イワシュコは、前日に依頼された図面を用意していた。KrⅠを改造した「Luftschutzbunker für SS Revier mit einem Operationsraum / 手術室を備えたSS病院の空襲対策用シェルター」のものは、「古い」クレマトリウムがテーブルの上に広げられたものである。6月の時点では読み取れなかった、フォーリソンのファイルにある写真の詳細を記す。しかし、全く同じ絵ではない印象があり、一瞬パニックになる。もし、博物館が一つの建物の異なる図面を出し続けるのであれば、それは私が何らかの理論を提示する根拠にはならないように思われる。この図面4287は、1944年9月2日付のものである。フォーリソンは、これが1943年7月のものだと考えていた。写真に写っていた文献は読み取れなかったので、博物館からの手紙から日付を割り出したのだ。心配だ。でも、すべて合致している。それは、彼が『ティオン』に写真を掲載した図面(317ページ、写真8)の確かなものだった[次の旅行で、銘文の異なる同じ図面が2枚あることに気がついた。最初の絵のトレースから印刷された2枚目の絵(フォーリソンのもの)は、水道管と継ぎ手に関するものだった。墨汁で元の図面に追加されていたのだ]。この思いがけない問題に、私はイワシュコと向き合った。「再建された煙突、ひどく再建された2つの炉、炉室と死体安置所の間のドアが元の位置から1メートル離れて設置され、ガス密閉ドアが模造され、外部ドアが窓に改造され、窓が作り直され、死体安置所/ガス室の仕切り壁が壊され、チクロンB導入オリフィスが戦後に設置されているこのクレマトリウムI、本当に元の状態なのか?」彼は再建を確認し、見解を説明した。重要なのは、建物そのものの内外装ではなく、実際に多くの人がチクロンBで窒息死した殺人ガス室という「イメージ」を再現することであった。私はこれを受け入れて、クレマトリウムIに関する彼の確認を喜び、消毒バラック、BW 5a、8/11/41の図面801を研究していった。「Wasch und Brauseraum / 洗面・シャワールーム」、そしてそのすぐ上に「GASKAMMER」と書かれているのに驚いた。シャワーとガス室が結びついたことで、囚人の頭の中では、シャワーがガス室になっていたかもしれないのだ。可能性。その図面は、今残っているものとは一致しない。その後、BW5aと5bの一連の図面が続き、新しい部屋が作られ、サウナ(本物!)、消毒室につながる技術設備が設置され、建物が徐々に進化していることがわかる。「Gaskammer」という用語はまだ登場していたが、1943年7月5日の最終図面2540では、ガス室は熱風発生器に接続された室に置き換えられていた。

[BW5aは、実際には、チクロンBを使用する害虫駆除室が設置され、その後、ガス操作に必要な装置が取り外され、その部屋に2つの熱風消毒室が設置されたのである。BW5bには、もう一つのチクロンB害虫駆除室が設置された。これはその後改造されることなく、当時のまま残っており、東側の壁には2台の換気扇が見える。最も原始的な方法で設置されたこの二つのガス室が、実際にチクロンBで機能したことは、その壁が(外側も内側も)青く変色している事実が証明している。この活用により、2つの結論が導き出された。第一に、ガス室の使用は複雑なビジネスであるというフォーリソンのテーゼが誤りであったということ。彼は、アメリカの超精巧な処刑用ガス室を研究した結果、アウシュヴィッツの「殺人装置」は、その単純さゆえに、技術的に機能し得ないという結論に達したのである。第二に、アウシュヴィッツでの消毒剤としてのチクロンBの使用が明確に立証されたので、従来の歴史家のように、

 

Page550

チクロンBのすべてが絶滅のために使われたと主張することはもはや不可能になったことである。収容所内には、大小25のチクロンB害虫駆除室が実際に稼働していた]

そして、「Zentral Sauna」のファイルを研究し始めた。このサニタリー施設は、名ばかりのサウナである。トプフ社によって設置された4つの「消毒室」があり、その横にあるピットに設置された炉床で作られた熱風を利用していた。3台のオートクレーブは図面に記載されていたが、詳細は不明だった[建設管理部のアルバムが発見され、圧力計の存在により厳密な意味でのオートクレーブであることが確認された]。イワシュコは、このセッションの最後に、ストライキの脅威を感じながら、「次の日は頑張って仕事をしよう」と話してくれたが、バスの運行がないため、出席する可能性は低いとのこと。私の資料室での仕事は、そこで事実上終わりを告げた。

 

4日目:8月29日 

 

翌朝9時、私はアウシュヴィッツ博物館資料室の鍵のかかったドアの前に姿を現した。私は電話をかけた。なんとなく顔見知りの職員がドアを開けてくれた。「Pan Iwaszko?(イワシュコさんは?)」と聞いてみた。「Nie! Strajk!/ ダメ!ストライキ!」私は疑った。その男の口調は、どこか不機嫌そうだった。私は言葉の流れをジェスチャーで止め、良いストライキができるよう祈った。それがすべてを変えた。彼の不機嫌さは消え去り、私たちは友好的に別れたのである。

... 私はまだ午後を満たさなければならなかった、太陽はゆっくりと現れていた。私はビルケナウに行くことを決めたが、研究者としてではなく、観光客としてである。KGLの監視塔に続く道路にスピードを上げて到着したとき、衝撃が走った! 煙を上げている機関車が4台の貨車を押している。キャンプ地の手前で停止した。見慣れた朱色のユニフォームを着たシルエットが、攻撃的なアルザス人を拘束していた。Feldgendarmerie(野戦憲兵)の警察。独特の帽子をかぶった親衛隊が颯爽と歩いている。貨車には、黒っぽい服を着た、青みがかったダビデの星がついた腕章をした一団が待機していた...私は、ビルケナウを題材にしたポーランドアメリカの合作映画「Mur」の撮影が始まったところに来ていた。Feldgendarmerieはポーランド民兵で、SSは若い兵士である。ユニフォームも装備も非の打ちどころがなく、本物を保証するものであった。エントランスの建物の前にグレーのキューベルワーゲンが停まっていて、その脇に颯爽とした親衛隊大尉とその運転手が立っていた。私は知り合いになった。カトヴィツェ出身の俳優さんは、ドイツ語が上手だった。彼はすぐに私の仕事ぶりを見抜いた。「Artz?/ 医者か?」「Nein. Apotheker.(いいえ、薬剤師です。)」私が車のエンジンに熱中していると、長身の一般人で、金髪の薄毛のよく肥えた40歳くらいの元締めがやってきて、私にちょっかいを出し始めた。フランス人であろうとなかろうと、写真を撮ることは許されないと私に理解させた。なんだこれは...軍学校での8年間、私はある本を読むこと、ある映画を見ること、あれをすること、これをすることを禁じられていた...「行動」が始まると、私は不法な写真を撮り始め、しばしば困難な状況下に置かれたが、何事も逃げず、何事も止めなかった。 絵の連続である。荷馬車のドアが開け放たれ、ユダヤ人たちはスーツケースを持って荷台に飛び降り、荒れ狂うSSによって容赦なく略奪され、嫌がらせを受けた。このすべてには、Feldgendarmerieがますます制御が難しくなる犬の荒々しい吠え声が伴い、撮影が次々と行われ、このシーンが必要な獰猛さの程度に達するまで繰り返された。その結果、苦労の末に達成することができた。最初の「アクシオン」では、錆びついた引き戸が開かず、監督の怒りと周囲の笑いを誘うというアクシデントがあったが、あまりに平穏に進行していった。ユダヤ人たちは静かに列車から降り、無言で収容所の門に向かって歩き出した。足元に犬を寝かせた6人のFeldgendarmerieの第二列がバックアップするSSの列を無視して、無関心で沈黙した。一般に信じられていることとは正反対の極にある、歴史的な本物の反応である。SSが輸送集団を1、2分で「降ろす」方法を身につけるには、午後いっぱい、何度も何度も繰り返し行う必要があったのだ。このことは、ポーランド民兵や兵士であっても、獰猛さは生まれつきのものではなく、学ばなければならないことを示している。夕方には、その技を完成させた。若い兵士が役になりきって、自分たちと同じポーランド人のユダヤ人エキストラに殴りかかる、純粋な暴力のシーンを見たのだ。その雰囲気に興奮した犬たちは、もはや手に負えなくなった主人を二度も砂埃の中に転がした。狂気...だが、その条件付けは成功したのだ。 

時間が経つにつれて、私はこの誘発された残虐性に酔いしれてしまった。そして、選ばれた俳優や女優が参加する、より親密なシーンの撮影が始まった。冒頭、黒ずくめの服を着た4人の若い「ユダヤ人」がトラックに寄りかかっているのに気がついた。しかし、それらは決してありふれたものでも、普通のものでもなかった。とても贅沢なモデルだ。筐体の高級感を強調するためにデザインされたトラップ服を着て、女王のように着飾った。しかし、アメリカ人であることは確かなのだが、このゲームは控えめで、厄介だが進取の気性に富んだ密猟者たちから注意深く「保護」されているようであった。この魅力的な装飾は、夕方、投光照明の下で登場した。その時の彼らの素直な顔、苦しんでいる顔、そして殴りかかってくる野生の親衛隊の姿が涙を誘うほど対照的だった。

結局、遺跡に沈む夕日を見るためにクレマトリエンに向かった。中央の道を門の方へ戻ってくると、左手に煙がモクモクと見え、突然、高い煙突が真っ黒な煙を吐き出した。ユダヤ人、彼らは焼かれていた......フィクションだ。煙突のないクレマトリエンが背後にあったため、墓の向こうからこの煙突に興味をそそられたのだ。映画のために建てられたこの小屋は、ビルケナウ[B IIa、検疫部門]に唯一残っている無傷の厩舎型小屋の列の中心にそびえ立っていた。「Mur」の「Schwerpunkt」(重心)が移動し、B.IIaの小屋の前と中で撮影していることに気づかなかったのだ。夕食後、ビルケナウに戻り、翌朝7時に民間の警備員と待ち合わせをして、煙突と現場に残された車両を撮影した。

 

5日目:1980年3月30日

 

ビルケナウの夜明け前の霧の中、午前7時30分。警備員は焦る様子もなく待っていた。彼と出会ってから、いつも正しいフランス語で話しているのを聞いていたが、時々、理解できなくなることがあるような印象があった。でも、少なくとも彼の前では母国語を話すことができたのだから、問題ない。私は写真を撮り始めた。フィルム1枚を丸ごと乗り物に費やした。そして、煙の出ている煙突のほうへ。小屋の文脈に溶け込むように何度か接近して撮影し[写真18]、そのうちのひとつに回り込んで、その構造を見ることができた。底面には、4本の重い梁でできた支持枠が見える[写真19]。それは、クレマトリウムIの煙突をかなり忠実に再現したもので、四角い部分を伸ばした菱形をプラスチックで覆い、レンガ造りをイメージして着色し、上部は煤で黒くして、幻想を完成させたものである。中には、煙の出る装置が置いてある屋根の近くまで梯子がかかっていた。無駄な時間を過ごさずに済んだのはラッキーだった。10時にはすべて解体され、撤去されていたからだ[特筆すべきは、世界的なストライキの最中に、何の問題もなく撮影が行われたことだ。ドルの力はすごい]。

そして、捕虜収容所と資料室に戻った。もう、新しい研究をする時間はない。私はイワシュコに、「コピー」を希望する図面や文章の参考文献を確認し、彼の目を盗んで美術館に正式な依頼書を書き込んだ。その中には、クレマトリエンの図面の一部、BW 5a、5bとZentral Saunaのほぼすべての図面、その他ヘス裁判の第11巻の文書(法的証拠書類)が含まれていた。書いている最中も。今までの経験でがっかりしていたので、この書類は1枚も見ないと思っていた。[それが間違いであることが判明した。博物館は私の注文を完璧に、そして丁寧に叶えてくれた。しかし、私は次の訪問で、個人的に配達を受けることになった]イワシュコは、フランスの元囚人のところに持って帰るべき立派な本があると話していたが、持ってきていなかった。ストライキによるトラブルか? [次の旅行から戻ると、私はこの本をジャック・ジルベルミン氏に届けた。彼は14歳でアウシュビッツに強制移送され、その後ブナ=モノヴィッツに送られたのである。この男は、その後の私の仕事において、目立たないが重要な役割を果たすことになった]

この旅の結果、私の修正主義的な「信念」が大きく揺らいだのは言うまでもない。その「被害」は深刻であることが判明した。フォーリソンの理論は、藁をもつかむ思いで、一掃された。私はまだ、ガス処刑の現実を完全に確信していたわけではない。なぜなら、私の質問にはまだ答えがないものもあり、(自分で見つけることになるだろう)しかし、その存在を否定することには疑問があった。オシフィエンチムポーランドが私を無力化したのである。 

 

[「OSWIECIM QUINTET」または「NEUTRALIZATION」の概要終了]

 

1980年9月、フォーリソンとギヨームは、アウシュビッツ博物館で手に入れることができたものの価値を評価するために、私の家にやってきた。私は確かに多くの写真を撮ることができ、それはフォーリソンがその場所より具体的なイメージを形成するのに役立つと思ったが、書類を持ち帰ることはできなかった。実際、相手[LICRAの代理人、ジュアンノー弁護士]から送られてきた書類を持ってきたのは、彼らだった。こうして9月に送られてきた資料は、量的に見ると、ちょっと大変な量であった。まるで偶然のように、これらの文書をふるいにかけると、私が PMO で見つけたのと同じ証拠が次々と現れた。フォーリソンは、この類似性のおかしさに気づかなかった。イワシュコの指示で、私とジュアノーはまったく別々に、同じ種類の「証拠品」を選んだが、これらは、フォーリソンがほとんど反論することができなかったので、彼が嫌った種類の文書であった。私が持っていたときはドイツ語やポーランド語の文書で、まだ翻訳する必要があったのだが、彼らは翻訳してくれていたというのが、敵側の無意識の優しさだった。これらの正当な翻訳は、不完全ながらも、私にとって大きな助けとなった。訳文がおかしいと思ったら、博物館へ持って行き、イワシュコの助けを借りて原文と照らし合わせてみた[特に原文がポーランド語である場合]。いつもチェックしていて正解だった、そうすることで、意味がはっきりするからだ。しかし、この検証はポーランドへの出張を意味するため、数カ月間にわたって行われ、フォーリソンはその「恩恵」を受けることができなかったのである。さらに、不明瞭な文章が理解できるようになると、それはしばしばフォーリソンを否定する証拠となるのである。9月の会合では、少なくとも、フォーリソン自身が完全に驚いていた証拠の範囲を示すことができた。そのほとんどが証言に基づくもので、これらは疑わしいとして組織的に拒否された。しかし、最も危険な文書資料は、アウシュビッツ博物館からのもので、私もそれを確認することができた。そこで、アウシュビッツガス室解体に全力を傾けることになった。もし、ビルケナウの建物のこの礎石を取り除くことに成功すれば、他の部分も一緒に崩れてしまうだろう。絶望的な解決策ではあったが、私たちのリソースに見合った唯一の論理的な解決策であった。フォーリソンは、それにすべてを賭けることを余儀なくされた。私は、クレマトリウムの建設に関する文書を研究し、これらの建物に殺人ガス室が設置されなかったという証拠を見つけるために、努力を重ねることになった。加えて、有望視されていた収容所内の消毒の研究も継続されることになった。アウシュビッツへの訪問は、仕事上の活動から見て、できる限り長い時間をかけて2回行った。1980年10月4日から17日までの14日間と、11月11日から21日までの11日間。その直前、雑誌『エスプリ』第9号(1980年9月)に掲載されたピエール・ヴィダル・ナケの論文「Un Eichmann de papier」とポール・ティボーの序文「La mémoire d'Auschwitz 」を読み、その中で、「アウシュビッツの記憶」という言葉が紹介されていた。この記事には困ったが、それ以上のことはない。私は、数少ないPMOの資料を研究し、修正主義者の事例をよく理解していたので、この記事に対して、自分の立場を確信して、正直に返答し、批判することができたのである。P・ティボーの2つのフレーズを残している、「思い出を再現しよう」と「どうしてこんなことになったのか 」である。(厳密には、私が付け加えた)、そして、ピエール・ヴィダル・ナケの次の発言である。 

戦争が終わり、悲劇がある意味で世俗化され、それが私たち、つまりユダヤ人にとって、ヨーロッパが大虐殺を発見した今、かつて持っていた特権的な言論の権利を大きく失うことになっても、受け入れなければならない。

これは、第二の「アウシュビッツの記憶」を確立しようとする非ユダヤ人研究者に門戸を開いたのである。私は後に、この差し伸べられた手を握り、ヴィダル・ナケを大いに驚かせることになるのである。 

資料室にて。クレマトリエンIIとIII、IVとVの図面や、建設に関する資料の研究を始めた。BW 30/1 から 30/24[+ 30/19a。30/20には2枚の図面が含まれている]に収められている、4つのクレマトリエンの図面26枚が存在する。書類はファイルBW 30/25から30/31にある。クレマトリウムの作業場(Bauwerk)は、建設管理部によって次のように番号付けされたので、このように呼ばれている。BW 30 [Kr II]、BW 30a [Kr III]. BW 30b [Kr IV]、BW 30c [Kr V]。この分類は、建設管理部が完成した建築物の作業場につけた番号を知っていれば、簡単に使うことができる[たとえば。クレマトリウムIはBW IIとされ、空襲シェルターに転用されたときはBW 14とされ、すべての汚水処理場はBW 18とされ、中央サウナはBW 32とされた]。しかし、素人にはややわかりにくい。1980年にはBW30のファイルは30/31までしかなかったが、1986年に資料室に記録された最後のファイルはBW30/46であった。つまり、歴史研究は静的なものではなく、より多くの資料が発見されることで進展していくものなのだ。ファイルBW 30/43は、私自身がワルシャワに、30/

 

Page551

45と46はベルリンに勉強に行った結果、生まれたものだ。馬鹿みたいだが、これは私の誇りである。

これらの旅行はすべて私の自費で行われた。私はフォーリソンに何の借りもなく、彼専用のロボットでもない。私は、小説のために必要な資料を完成させるためにこの仕事を引き受けたのであり、図面やファイルを掘り下げるにつれ、ますます可能性が低く、弁解の余地がないことが分かってきた「狂った仮説」を支持して、これをあきらめることは問題ないだろう。彼の戦いは、私の戦いではない。私はまず、アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所の創設者で元所長であるルドルフ・ヘスSS中佐について、独自に研究を続けた。彼の「自叙伝」の原稿は、フランスの極右勢力によって長い間「神話的」であるとされていた。フォーリソンは、それが偽りのソビエトポーランドスターリン主義共産主義者の本部から直接出てきたものだと主張した。この原稿をイワシュコに頼んだら、何のためらいもなく持ってきてくれて[写真20]、自由に閲覧することができた。一番印象に残っているのは、ヘスは、数百ページにも及ぶ文章を、一度も消しゴムで消すことなく書き上げたことだ。最初は、これは彼の最初のバージョンではなく、以前から描いていたものの結果ではないかと思った。私は間違いなく間違っていた。多くの人々は、非常に自制心があり、このような方法で書いている[私自身とはかけ離れている!]。私は、当時、自伝的な部分[約半分のページ]しか出版されていないことと、ヘスが接触した高官や第三帝国のさまざまな機関について書いたメモは、事実上すべて不明のままであったことを発見した。私は、ヘスの原稿が鉛筆で書かれていたことを付け加えておこう[囚人の場合には普通の制約であるが、修正主義者の目には、アウシュヴィッツ博物館のポーランドスターリン主義者の職員による改竄が容易になったので、きわめて重要であった]。また、1959年にルネ・ジュイヤール社から出版されたコンスタンタン・ド・グリュンワルドのフランス語訳は、平凡な品質であることがわかった。唯一の有効で使えるフランス語版は、イエジー・ブラブレクによる『Auschwitz vu par les SS(SSが見たアウシュビッツアウシュビッツ国立博物館、1974年のものである。残念ながら、この版では、アウシュビッツに関係する部分のみが紹介されている。しかも、この本の序文(イエジー・ラウィッチ著)は、いささか過剰である。ヘス[収容所司令官]が、夜中に[看守も?]、11ブロック[「死のブロック」として知られている]の地下室[どんな快適さか]に[強盗のように]滑り込んで、囚人エレオノーラ・ホディスのところに行き、彼女を妊娠させることに成功したという彼の説明に従うのは難しい[一方、ニュルンベルクアメリカの精神分析医ギルバート博士は、ヘスがあまり女好きでなかったと主張していた]。また、ラウィッチは、ヘスの裁判のために尋問を指揮し[写真21-25]、彼の信頼を勝ち取りヘスが待ち受けている運命についてわずかな幻想を抱きながらも、完全に率直に話させることに成功したヤン・セーン判事が、「クライアント」の話の真意を誤って判断していたのだと主張している。イェジー・ラウィッチと、ヘスに数え切れないほどインタビューしたヤン・セーン[写真26]、どちらがヘスをよく知っているのだろうか。 


写真18
(Photo by the author)

B.Ia.の小屋の列の上にそびえ立つダミー火葬場の煙突  


写真19
(Photo by the author)  

 映画「MUR」のダミークレマトリウムの煙突。

 

Page552

写真20
(Photo by the author)

ルドルフ・ヘスの回想録の「神話的」原稿、そして、あるいは「悪名高い贋作」。タイトルは「Mein Psyche, Werden, Leben und Erleben」(私の精神、生活、経験)で、PMOの文書館に保存されている。イギリスではPan Books社から『Commandant of Auschwitz』というタイトルで出版された。 


写真21
[PMO neg. no. 1255]

ルドルフ・ヘスSS中佐、アウシュヴィッツの元司令官、その後SS-WVHA強制収容所監察局D1部部長、1946年4月5日(註:原文ママだが、4月15日の誤り)にカルテンブルンナー弁護側証人としてニュルンベルク法廷に出廷後、1946年2月11日(註:これも誤りで、3月11日(深夜)、あるいは3月12日(未明))にフランツ・ラングの偽名でシュレスヴィヒ・ホルシュタイン北部のフレンスブルクでイギリスに逮捕された[公開版では3月に]。1946年5月25日、アメリカ軍からポーランド当局に引き渡される。


写真22
[PMO neg. no. 1251]

1947年3月11日、ワルシャワポーランド最高裁判所での裁判の冒頭で、アウシュビッツの元指揮官、ルドルフ・フランツ・フェルディナンド・ヘス。

 

写真23
[PMO neg. no. 1256]  

1947年3月11日から29日までワルシャワで行われたアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所の創設者ヘスの裁判での被告人の様子。

 

写真24
[PMO neg. no. 1257] 

ヤン・セーン判事が作成した告発文の朗読の中で、計画死の技術者であるヘス。 

 

写真25
[PMO neg. no. 1259]  

1947年4月2日、ポーランド共和国の名において下された判決によって死刑となったヘスは、1947年4月16日にアウシュビッツ基幹収容所のクレマトリウムIの裏で絞首刑となった。 

 

Page553

もはや、ヘスを常習犯や暗殺者と考えることはできない。彼は、5月31日の夜、マルティン・ボルマンに命令されて、「ロスバッハ自由軍」の5人の仲間(ベルナルド・ユリッシュ、ゲオルク・ファイファー、エミール・ワイマイヤー、カール・ザベル、ロベルト・ゼンス)とともに、元教師のヴァルター・カドウに、ヘスの古い仲間のひとりであるアルベルト・レオ・シュラゲーターをフランス人に引き渡して、フランス人に撃たれた疑いがあると(証拠がない)、殴打する行為に参加していたことは認めている。その罰が処刑に発展したのである。ユリッシュは集団殺害を糾弾し、それにもかかわらずザベルと共に現場に戻って遺体を簡易埋葬したヘスは、10年の禁固刑に処された。この「快楽と歓喜(frais et joyeux)」*[『Les crimes politiques en Allemagne』E J Gumbel, NRF, Paris, 1931 page 149]の犯罪は、 当時の悪化した愛国主義にその存在理由を見いだしたのである。アウシュビッツでのヘスの役割は、法的な意味での死刑執行人であり、人種差別的な全体主義体制の中で最も卑劣な仕事をこなしていたのである。彼は、自分たちの狂った命令が実際に実現することを考えることができない高官たちのために、汚い仕事をしたのだ。『アウシュビッツの司令官』173-4ページで、ヘスはこう書いている。 

親衛隊全国指導者は、党の高官や親衛隊の将校をアウシュビッツに送り込み、ユダヤ人絶滅の過程を自分の目で確かめさせた。彼らはみな、その光景に深い感銘を受けていた。それまで、この絶滅の必要性を声高に訴えていた人たちも、「ユダヤ人問題の最終的解決」を実際に目の当たりにすると、黙ってしまった。 私や部下たちは、どうやってこの作戦を見続けることができるのか、どうやって耐えることができるのかと、何度も聞かれた......誰にもうらやましがられない仕事だった。

ヘスは自分のしたことに全責任を負っていた。1945年当時は、「こんなことをする人間は怪物だ」と思う人が大多数だった。しかし、1974年以降、人類の半数以上が同じことができることが科学的に証明された。アメリカの社会心理学ミルグラムは、著書『権威への服従』の中で、正常な個人の60%が潜在的なヘスやアイヒマンであり、「権威主義」的な環境で生活するとその割合が増えることを実験によって実証している。唯一の例外は31歳の若い女性で、彼女は自分の行為によってモルモットが危険にさらされると感じた途端、主催者が実験を続けるように強く命じたにもかかわらず、実験を続けることを拒否したのである。彼女の拒否の理由は、彼女がドイツ出身で、ヒトラー政権下で青春時代を過ごし、「あまりにも多くの残虐行為」を見てきたと考えたからだという。彼女は実際に「予防接種」を受け、合理的な命令の構成要素の限界に非常に敏感であった。

ナチス政権は、人種差別に基づく全体主義政権であった。犠牲者であるユダヤ人は、1933年以来、非常に悪者にされていたので、この中傷の論理的帰結である彼の絶滅は当然のことであり、この行動に適した国で実際に実行され得たのである。他のヨーロッパ人は、ユダヤ人を待ち受ける運命について漠然と知っていたが、自分たちの知的安心感のために、ユダヤ人の完全な「拒絶」が意味する本当の運命は何かという単純な問いを自らに問うことを避けたのである。本書は、これまで第三帝国の一部の「入門者」にしか知られていなかった絶滅プロセスの環境と方法を、事件から40年後に可視化することができるはずだ。

ヘスは、100万人から150万人を殺した無数のガス処刑を組織し、積極的に参加したため、絞首刑にされたのである。彼は、この方法によって、戦争によってもたらされた状況によって、あらかじめ運命づけられていると思われる人々の不必要な苦痛を避けたいと主張した。彼は『アウシュビッツの司令官』178ページでそのように述べている。

何万人ものユダヤ人がアウシュビッツから移動させられ...しかし、これはフライパンから火にかける程度の問題であった...しかし、その一方で、囚人たちは慣れない重労働に従事し、配給物資は減り続けていた。もし、囚人がそのままアウシュビッツガス室に連れて行かれていたら、多くの悲惨な目に遭わずにすんだだろう

ヘスの考えでは、ガス処刑は穏やかで人道的な死であった

写真21から25は、晩年のルドルフ・ヘスを撮影したものである。「ガスによる穏やかな死の技術者」がどのようなものであったかを知りたいという私たちのニーズに応えてくれる。直接の関係者、強制移送者、ユダヤ人、その他の人々、その家族、一部の歴史家を除けば、彼の顔を知っている人はほとんどいない。処刑直前[写真25]のヘスは、完全に心の平静を取り戻したようだった。彼は落ち着いた様子だった。この驚くべき結果は、ヘスの宗教的な傾向と、ポーランドのヤン・セーン判事の知的な態度に起因していると私は考えている]

訳者注
* frais et joyeux" - 新鮮で楽しい、楽しい雰囲気の中で数人が良心の呵責を感じながら犯した犯罪。 


写真26
[PMO neg. no. 21023/1]  

1945年5月、ビルケナウを案内するポーランド人判事ヤン・セーン氏[1]。見学者にはカンタベリー学長H・ジョンソン博士[2]やオックスフォードのJ・D・アイ神父[3]などがいた(出典:『Auschwitz. Hitler extermination camp.』 Interpress, Warsaw 197)。写真は、B.Ⅱd(Mannerlager / men's camp)の洗濯小屋を含む小屋11と13の間の2つの「閉じた」ヤードのうちの1つで撮影されたものである。ヤン・セーン氏が、特製の馬に乗って行われる殴打の刑について説明しているところ。法的な最低ラインは、裸のお尻に10回というものだった。11号小屋は、懲罰コマンドの捕虜を収容するため、閉鎖されていた。


写真27
[PMO file BW 30/28, page 73]
(PMO microfilm 1256)

Tagesbericht. Einäscherungsanlage [EÄA] 4 [Krematorium IV](クレマトリウムIV)。[リーデル&サンの従業員は、毎日の業務報告書とタイムシートで、クレマトリウムIVとVに言及するときに、「通常の」呼称と公式の呼称と自分たちの呼称を混同したので、前者をEÄA 3またはEÄA 4またはKr 3と、後者をEÄA 5またはKr 4またはKr 5と交互に呼ぶことがある!]。

クレマトリウムIVに関する1943年2月28日の報告で、項目5はこうなっている。

「Gas[s]dicthenfenster versetzen / ガス気密シャッターの取り付け」

 

Page554

私は、DAW(Deutsche Ausrüstungs Werke / ドイツ機器製作所)「Schlosserei / 金属加工工場」ファイルとして知られているBW 30/31ファイルを研究していた。このファイルには、「Zentral Bauleitung der Waffen SS und Polizei, Auschwitz OS/武装親衛隊及び警察中央建設管理部、アウシュヴィッツ、上部シレジア」によって、「Bauwerken / 作業現場」5a、 5b、30、30a、30b、30cおよび32[それぞれB.I 害虫駆除施設、四つのビルケナウ・クレマトリエン及びZentral Sauna]に対して1943年に出された「Bestellscheine / 注文」 が収録されていた。私は43年2月13日にKGL クレマトリエンIVとVのために「12 Stück gasdichten Türen ca 30/40 cm/ ガス気密式ドア12枚 約30x40cm」を作るという命令を発見した。これは現場監督タイクマンのサインと建設管理部の主任SS大尉ビショフの連署がある。クレマトリウムIVとVの3枚の既知の図面には、ガス気密の開口部については書かれていなかったが、私は、サイズから考えてドアではなく、このタイプのシャッターが1943年2月13日に発注され、24日と25日に作られ、26日に完成したという証拠を手に入れた(このことは発注書の裏面に刻まれている)。そして、ビエリッツの民間企業リーデル&ソンが行ったクレマトリエンIVとVの作業に関するファイルBW 30/28の中で、彼らの「Tagesleistungen / デイリータイムシート」の中に、「Gassdichtenfenster versetzen / ガス気密シャッターの取り付け」[写真27]と書かれた1943年2月28日の報告、1943年3月2日の報告の2つが見つかり、この中に、次のような記述があった。「Fußboden betonieren im Gasskammer / ガス室内のコンクリート床」[写真28]。したがって、1943年3月2日、文民労働者は、「Einäscherungsanlage 4 / 火葬場施設 4」[クレマトリウムIV]の西部にある部屋を、2日前に「ガス室」という言葉で正式に指定した、なぜならば、彼らはそこに「ガス気密シャッター」[現在そのうちの3つは「旧クレマトリウム」の旧コークス倉庫に保管されている]を取り付けておいたのである。

私は、この2つのファイルをすぐに結びつけることはできなかったし、この「発見」の価値を理解することもできなかった。フォーリソンはちょうど『Mémoire en défense. Contre ceux qui accuse de falsifier l'Histoire. La question des chambres à gaz [弁護のための陳述書。歴史を改竄したと私を非難する者たちに対抗して。ガス室の問題] (La Vieille Taupe, 1980)』を出版したところだった。議論はすべて、ノーム・チョムスキーの有名な序文に関するものであった。フォーリソンが、神聖な表現の自由の名の下に、最も著名なアメリカ人ユダヤ人(彼は教授が関与した解体作業について、実際には何も知らなかった)によって、彼の本の前置きをさせることで勝利を収めたことは、私の心配のタネであった。アウシュビッツだけが重要で、特に私が見つけたがコピーを持っていない文書が重要なのだ。11月21日にフランスに戻り、27日にギヨーム宅でフォーリソンに会った。ラ・ヴィエイユ・トープのメンバーが行き交い、時折私たちの周りに集まってくる中で、私は彼と対峙したのである。私は彼に、当時のアウシュヴィッツ博物館の資料室には 「ガス」 の痕跡が多すぎて、彼の仮説の妥当性を信じ続けることができないと言った。

彼からは気持ちを切り替えてほしいと言われたが、私自身、未発表の「犯罪の痕跡」を見つけてしまった以上、引き返すことはできない。裁判まで「中立」でいてほしいということだった。そう約束すると、彼は「Mémoire en defense」のコピーに次のような文章を刻んでくれた。

ジャン・クロード・プレサックへ

シュリーマンと呼ばれる彼は、実際に見つけることのできる稀有な求道者の一人なのです。アウシュヴィッツの物質的・材料的現実が何であったかを冷静かつ公平に判断するために、絶滅論者と修正主義者のどちらにもつかないという、これまで採用してきた態度を維持してくれるよう、私はこの「覚書」のコピーを彼に捧げます。

尊敬の念をこめて
R・フォーリソン

1980年11月27日、ピエール・ギヨーム氏の自宅にて。

彼の献身的な努力によって、私は彼の弁護を害することがなければ、自由に研究を続けることができた。新しい証拠を前にして、フォーリソンとギヨームは優柔不断になり、スポンジを投げ捨て、ビルケナウで殺人的ガス処刑が行われたようだと公式に宣言する可能性を見出した。しかし、今更引き下がるには、純粋な否定にこだわりすぎたのか、相手方は懸命に追いかけてきていた。フォーリソンから自由裁量権を与えられたことで、私は一人で、やや戸惑いながら、半ば強引に探求を始めたのである。その文書は、クレマトリウムにガス室が設置されたことを私に証明したが、この確信によって、この設置が実際にどのように機能したのかという問題が解決されるわけではない。他のメンバーとの面会も少なくなり、連絡もほぼ途絶えた。私は、フォーリソンが持っていた、そして私が取り組んできた資料を自分自身のために再構成しなければならなかった。実は、フォーリソンはアウシュビッツに関する貴重な資料をほとんど持っていなかったので、博物館はその穴を簡単に埋めてしまったのだ。青酸の使用は高度なガス室を必要とする複雑な事業であるというフォーリソンの断言を完全に否定した害虫駆除施設に関する私の研究を少しでも生かすために、私は、このアウシュヴィッツ・ビルケナウの殺菌消毒施設に関する論文を書くことにしたのである。そして、フォーリソンは最後の数回の会合で手を貸してくれたが、それは、私の注意を「殺人とされる」ガス室から遠ざけるためであり、また、万一、「中立的」な第三者が予想外の「否定派」の結果を発見したときに、問題を混乱させることができるようにと願ってのことであった。同じ手順は、アンリ・ロケスの作品、『Les confessions de Kurt Gerstein. Etudes comparatives des differentes versions(クルト・ゲルシュタインの告白。各バージョンの比較検討)』1985年6月、にも見られる。火災が真正面から迫ってきた場合、その対策として、独立した横方向の火をつけるという方法がある。フォーリソンはロケスの背後にいたのであり、今もいるのだ。私は、ビルケナウの衛生設備、すなわち、汚水処理ステーションIとII、および計画中のIII、多数の仮設デカンテーション槽、Zentral Sauna、ブロックBW5aと5b、収容所に存在したすべての消毒ガス室について系統的に研究した。得られた成果の一部は、特にガス室に関するものについては、本書の冒頭で紹介されている。一方、下水処理場に集められた材料は、ほとんど活用されていない。

私が定期的にオシフィエンチムを訪れることで、イワシュコは次第に私を信頼するようになった。彼は、クレマトリエンの「公式」な起源について私が寡黙であることを知っていた。その見返りに、フランスとポーランドの間で、PMOの文書資料に関することを郵便で送ることを申し出たのだ。それが、アウシュビッツに送られたフランス人の中で最も若い生存者の1人であるジャック・ジルベルミン氏との出会いだった。1945年、6人家族のうち生き残ったのは、自分と兄だけだった。父、母、2人の姉はアウシュビッツで亡くなっていた。知り合いのイワシュコから派遣されたことを告げると、とても丁寧に迎えてくれた。しかし、向かいの席の青年があまり正統派でない意見を持っていることがすぐに分かり、戸惑いを覚えたようだ。彼は、私の話や自分の過去を考えれば、私を追い出すこともできたはずだが、そうせず、私が好きなように行動できるようにすることが心理的に良いと考え、援助を申し出るまでになったのだ。後で聞いた話だが、彼は、自分や仲間が死んだら、その記憶の「鍵」を誰に託せばいいのか知りたかったのだそうだ。彼はユダヤ人社会を理解するために必要な最低限のことを教えてくれたのである。それから私たちは友人になった。彼の友人であると同時に、フォーリソンと、たとえ散発的であっても連絡を取り続けることは不可能だった。ジルベルミンの家族は「ばらばら」になっただけだった。私は1981年の3月か4月にフォーリソンと完全に決別した。私がフォーリソンの下で働いていたことを知っていながら、彼が私に友好の意を表している間、ジルベルミン氏は側近の誰にも私のことを話さなかったが、それは彼がそうしてもおかしくないことだった。さらに、彼がジョルジュ・ウェラーズと、ゾンダーコマンドの元メンバーである、残念ながらお会いすることができなかったアルター・ファインジルベルクを知っていることも知った。6月には、フォーリソン裁判のいろいろなセッションに一緒に行ってくれた。

その中でも、1981年6月1日の午後のセッションは格別であった。ベルナール・ジュアンノー氏が話していた。当時、私は、彼がLICRAの顧問弁護士として、自らポーランドに行ってガス室に関する資料を探し、「...ジェノサイドは、これまで言われてきたように、主張されてきた規模で行われたのか」と正直に自問したことを知らなかった。私は、偉大な弁護士が3、4時間にわたって立派に弁論し、人間の歴史の中で最も陰鬱な時代の一つであるこの事件の悲惨さを法廷の前に生き生きと描き出すのを聴いたのである。その内容は、1984年にEditions de Minuitから出版された「Les chambres a gaz, secret d'Etat(国家機密であるガス室」を予見させるもので、徹底した厳しさだった。殺人ガス室の存在を証明する証言や既知の資料が容赦なく列挙されており、文字通り度肝を抜かれた。もちろん、フォーリソンはその場にいなかった。ジュアンノーさんの話を聞けば、何百万人もの犠牲者の記憶を平気で踏みにじることはできないことに気がつくだろう。法廷という堅い枠組みにもかかわらず、ジュアンノー氏が初めて問題の全体像を示してくれたので、私は痛烈な内省の午後を過ごすことができたのだ。私が彼の言葉に強く反応したのは、後から気づいたことだが、私はまだフォーリソンの思想を強く孕んでいたからだ。しかし、その感動は、フォーリソンの誤った主張に対するジュアンノー氏の冷徹な非難に、ある種の不自然さを見いだすことを妨げはしなかった。

彼の場合は主に証言に基づいていたが、いくつかの重要な「資料的痕跡」も提示された。事実上、すべての既知の証人が引用されたが、ヘンリク・タウバーは、彼の供述と利用可能な史料を比較した結果、現在では最良の証人であることがわかった。確かに引用された証言は本物であり、今も本物であるが、証言の正確さ、著者がそれを書き、あるいは記録させた時期によって、その信憑性の程度はかなり左右される。「Trois ans dans une chambr a gaz a Auschwitz(アウシュビッツガス室での3年間)」 (Pygmalion, Gerard Watelet, 1980) [1979年、『アウシュビッツの目撃者』のタイトルで米国で出版された。] の中のフィリップ・ミュラーについてどう言えばよいのだろうか。彼の記述の15頁には、クレマトリウムIの「丸い赤レンガの煙突」が記述されているが、彼は1942年5月に収容所に到着したので、この状態で見たことはありえない、一方、1941年9月のクレマトリウムIの図面によると、この煙突はすでに角型断面であった。この本は、有能な歴史家が注釈をつけるべきだったと言う以外に、何が言えるだろうか[この誤りは、アウシュビッツ博物館から指摘されたものである。私自身は他にも気づいていたが、これには気づかなかった]。ペリー・ブロードの宣言は、ポーランド民族主義を煽り、数百メートル離れたブンカー1と2を並べたものであるが、彼の証言は、それがどのような状況で、誰のもとで書かれたかを知るまでは、本当に利用できるものではない、と言うほかはないだろう。ミクロス・ニーシュリ博士の著書『アウシュヴィッツ:ある医師の目撃証言』には、彼が6ヶ月間暮らしたクレマトリウムⅡに関するすべての数字が平均4倍にされているが、私は、オリジナルの原稿を見つけて、著者がなぜこれほど誇張したのかを理解できるまで、休むわけにはいかないという以外、何と言ってよいだろうか。ベンデル博士のビルケナウに関する主張については、彼自身の真実しか認められないのだが、彼が下手な証人であったということ以外に、何を言うことができるのだろうか。クルト・ゲルシュタインによるベウジェツのガス処刑の複数のバージョンについて、彼が多言語話者であったということ以外に何が言えるだろうか。彼が提示した数字について、耐え難い光景を目撃した不安定な男の過剰な感情論を反映しているということ以外に何が言えるだろうか。1945年4月13日のアルター・ファインジルベルグの供述については、クレマトリウムIの一つの火葬マッフルに一度に12体の死体が投入されたと述べているが、物理的に不可能であったということ以外に、何が言えるであろうか。1980年9月29日、パリの公証人ピエール・アッタルに提出された彼の宣言は、彼の年齢と受けた苦痛のために、彼の心の中には描写しがたい曖昧な絵だけが残っていたとしか言いようがない。1944年8月にクレマトリウムVでのガス処刑と焼却を秘密裡に撮影した功労者であり、クレマトリウムの屋根に登って作業を行ったと主張し、地上で撮影したこれらの写真の父権を60年代に奪われたデヴィッド・スミュレフスキについては、この功績の唯一の生存者であることを除いて、なんと言えばよいのだろう。元クレマトリウムIIIゾンダーコマンドのメンバーのダヴィッド・オレールが1981年に私に、SSは人肉のソーセージを作っていた(Kremawurst)と冷静に語ったことについてどう言えばよいのだろうか。彼はまだ自分に課された悪夢に生きていて頭に浮かんだことは何でも口にしたのに対し、私が手にした1945年から47年の彼自身の絵は真正の傑作であった。これほど多くの特異な、あるいは空想的な証言について、われわれが言えることは、クルト・ゲルシュタインの「告白」に対してアンリ・ロック[フォーリソンと読んで欲しい]のように振る舞い、その証人が真の証人ではないと結論付けてはならないということ以外にはないだろう。その代わりに、ジョルジュ・ウェラーがロケスの「論文」に反論したように、既知の文書に照らして証言の価値を評価し、その証言が含むかもしれない奇妙さや誤り、さらには嘘を、個人の性質、彼が苦しんだこと、見たこと、見られなかったこと、いた場所、追放された日、証言や説明の日の関数として説明しようと努めなければならない。これらはすべて重要なことであり、正しく批判されうる証言を検証、確認、拒否する際に、十分に考慮されるべきものである。優れたアウシュヴィッツ史研究者は、元囚人やSS隊員に直面したとき、あるいは、どちらかの手記を読んだとき、その人物が本物の証人であるかどうか、その証言の長所と短所をすぐに見抜くことができるはずである[数年前に『Paris-Match』から『メンゲレ博士の手記』が出版されそうになったとき、アウシュヴィッツとは関係のない最後のページの1段落だけを読み、明らかに偽物であることが分かった]。ジュアンノー弁護士は、必ずしも歴史家としての控えめな態度をとるわけではないが、これらの重要な証人について、その証言は限定的であるにせよ、言及するのは正しいことだった。

ジュアンノー弁護士には、絶滅がポーランドで行われたので、フランスで欠けている「物質的証拠」を見つけるためにポーランドに行く必要があることは明らかだった。彼は、マイダネク収容所での物理的な痕跡をもとに、「親密な確信」を得たのである[写真29]。

その中で、個人的に特に印象に残っている看板がある。ここで、ごまかしを使いたくないのですが、私が行ったマイダネクのガス室の写真[写真30]を紹介する。この閉じたドアを見て欲しい。金属製のバーがあり、覗き穴がある。この覗き穴は、消毒中の髪の毛を検査するために使われたのだと思うだろうか?  この壁の下のレンガを見て欲しい。この赤いレンガは、青酸を吸ったために青っぽくなっているのだ

 

Page555

写真28
[PMO file BW 30/28, page 68]
(PMO microfilm 1256) 

Tagesbericht. Einäscherungsanlager 4 [クレマトリウムIV]。1943年3月2日のこの日報には、やはり第5項目にこうある。

  • Fussboden Auffühlen, Stampfen und Fussboden betonieren im
    Gas[s]kammer  /  
  • 床をハードフィルで覆い、タンピングしてガス室の床をコンクリートで固める。 

写真29
(Personal archives)

マイダネク強制収容所チクロンBを流し込むSS軍服の死者を描いたポーランドの切手で、1946年4月29日発行、1946年7月1日まで有効。218,000枚が印刷された。J Wilczykデザイン、Cracow People's Pressによる写真製版、10枚綴り 3/4。

[出典:「ミシェル」切手カタログ Schwanenberger Verlag GmbH.ミュンヘン]

翻訳

この切手は、チクロンBを使った殺人ガス処刑を記念して発行された唯一の切手である。


講演の最後には、このテーマに立ち返った。

青酸は、壁の奥まで浸透するように何カ月も使い続けなければ、これほど深く消えない痕跡を残すことはない。

紺色に染まった赤土のレンガは、彼にとって、殺人ガス室の存在を示す物的証拠であり、目に見えるものであった。問題は、このガス室が害虫駆除設備としての特徴をすべて備えていることだ。人を殺すために使われたことがないとは言わないが、それは今でもあり得ることだ。しかし、プルシアンブルーの痕跡があれば、それは間違いなく害虫駆除目的で使用されたものであることを示している。ビルケナウでは、BW5aの西棟が典型的な例である。壁のレンガはプルシアンブルーで汚れており、特に、室内で青酸の蒸発温度まで上げるために使われたストーブの部分がそうなっている。外側には換気扇を取り付けるための穴が2つ開いている。アクセスには2つの保護用エアロックがある。1941年11月8日の801と1942年9月25日の1715の二つのアウシュビッツ建設管理部の計画では、このそでには「GASKAMMER」と記されている。ガス室ではあるが、害虫駆除[Entlausung]のためのものである。さらに、カナダ1の害虫駆除ガス室のガス気密扉には、点検用ののぞき穴があった。1944年5月か6月に撮影された『アウシュヴィッツ・アルバム』の写真が、それを証明している。しかし、図面上の表示と実際の使い方が一致していたと、どうして断定できるのだろう? 技術マニュアルや元受刑者の証言によると、青酸と接触している時間は、使用量によって数時間から丸一日と差があり、これが壁への含浸を説明するものであった。一方、殺人の場合は、シラミや虫よりも人間の方が青酸に弱いので、チクロンBの使用量も少なかった。注入された毒は、被害者が少し吸い込み、残りは換気扇で除去されるため、接触時間は短く、壁に染み込む暇もない。実際、クレマトリウムⅡのガス室跡では、その壁に青く染まったレンガを見ることはできない。このことをジュアンノー弁護士に説明するのは、マイダネク博物館の関係者の役割であった。さらに、この博物館は、殺人ガス室の存在の証拠として、「Gaskammern für Zyklon Blausäure」を示す図面の一部[写真31として提示されたものの左側]を彼に渡したが、これはこの図面の誤った解釈であった。この展示物[No 80]は、フォーリソンに対する証拠ファイルに掲載されている。 これは、ベントックス(アクリロニトリル)とチクロンBを使った混合害虫駆除設備のプロジェクトで、実行されることはなかった。デゲッシュの技術者なら誰でも確認することだろう。パリのCDJCで、私はこの博物館からジュアンノー弁護士に渡された資料や写真を知ることになった。マイダネクの殺人ガス室や害虫駆除ガス室が真の歴史家を待っていることは、残念ながら、西側では私だけが知っているわけではない。1944年以来、この収容所は無傷でロシアの手に落ちたという事実を考えると、軽い動揺を覚える。

フォーリソンは、ジュアンノー弁護士がポーランドから持ち帰った大量の文書を「恥ずべき寄せ集め」と呼んだ。このとき、彼は恥ずべき二枚舌ぶりを発揮した。「修正主義者の細胞」は、アウシュビッツに関するこのような優れた歴史的資料を受け取り、それを翻訳したことを喜んでいたのである。このような不随意的な「贈り物」によって、私たちは敵よりも速く前進することができたのである。証拠があるだけでは不十分で、それを十分に活用することが必要なのだ。ジュアンノー弁護士は、BW30/31ファイル(「金属加工工場」ファイルと呼ばれる)を利用し、悲惨な結果を招いたのである。彼は、1943年3月8日付の命令71号を引用した。

 

Page556

クレマトリウム[IV]、BW 30b.cのために、エアフルトのトプフ&サンズ社に雇われた監督コッホの指示により、フォーク型アンカー2つとSchaurohre/検査管8つを製作、アンカー4つを短くし、滑車12つを修正。

この8本の検査管は、5枚[!]のガス密閉扉の覗き穴として紹介されたが、実際はKr IVの大きな8マッフル炉の8枚のギロチン扉のためのものであった。ヘス裁判の第11巻の附属書15にある「金属加工工場WL」と呼ばれる別のファイルから、彼は、「ガス室用の覗き穴のある、気密性のある枠付きドア1個のための金具」を製作する1943年5月28日の注文No 459を抜き出している。実際にアウシュビッツ本収容所の消毒設備のために、覗き穴はシラミではなく、ユダヤ人が死ぬのを見ていたと述べている。この命令は、実際には、犯罪との関連はなく、本物の害虫駆除ガス室、おそらく「捕虜収容所」ブロック1のものであったという唯一のものである。ジュアンノー弁護士には、真の歴史家としての仕事をする時間がなかったのだ。その責任は、発見された資料の価値を認めなかった従来の歴史家にある。これらの歴史家は、ジュアンノー弁護士とその翻訳者を、有名な「暗号」と「カムフラージュ」によって何度も迷わせた。この「Sonderbehandlung/特別待遇」という言葉には、ある種の暗号性があったことは認めざるを得ないが、CDJCに保存されているいくつかの文書では、この言葉は明確に「解読」されている。しかし、ある言葉を別の言葉に置き換えて、コード化だけで解釈しようとする頑固な姿勢が、異常事態を招いているのだ。「Leichenkeller 1」がクレマトリウムⅡのガス室のコードネームであると言うのは、ばかげたことである。翻訳者のように、断言することは。 

「Leichenkeller」はドイツ語には知られていない用語であり、1941年から1944年の間、SS の非常に閉鎖的なサークルでつかの間存在していた。

危険なバイアスが感じられる。1942年7月22日に発行された、アウシュビッツからデッサウへの5トントラックの移動認可の宣言。

「...収容所でガス処刑するためのガス[チクロンB]を受け取るためだ、発生した伝染病と戦うためだ」

これが暗号化されているというのは全くの誤りだ。チフスが収容所で流行していたことは、SS予備兵ヨハン・パウル・クレマー博士が1942年8月30日にアウシュビッツに到着したときの「日記」で確認している。1942年7月29日の認可は、さらに緊急のもので、やはり消毒のためである。これに対して、1942年8月26日の「特別処置のための材料」、1942年10月2日の「ユダヤ人の再定住のための材料」を要請したもの[写真32]は、持ち帰ったチクロンBがビルケナウのブンカー1、2への供給に使われるとする「暗号化」はどこにあるのだろうか。暗号化はない。スペードはスペードと呼ぶ(註:「a spade is called a spade」は不適当・不適切等に思えてもありのままに呼ぶこと意味する比喩表現)。消毒用ガスの一部が殺人用ガスとして使われたのは間違いないだろうし、その逆もある。もしSSが暗号を使いたかったのであれば、例外なく、すべての移動許可証に、消毒目的のガスについて記載されていたはずだ。私がPMOアーカイブで閲覧したすべてのファイルと図面の中で、「暗号化」された文書や単語に出会ったことはない(一度だけ、1944年6月の図面を除いて)、さもなければ、どのようにして「犯罪の痕跡」を見つけることができただろうか? 「カモフラージュ」の神話は、1943年11月6日の書簡[ヘス裁判第11巻附属書7、ファイルBW 30/34、14頁]にもとづいており、そこでは、建設管理部の責任者ビショフが、ヘスとの会話の後、クレマトリウムⅡとIIIの周囲に緑のリングを形成するために、農業部長のSSシーザー少佐に多くの低木と若木を注文したことが記されている。解放当時、実際に植えられた木の幹は、私の親指ほどの太さであった。なんというカモフラージュ[Tarnung]なのだろう。伝統的な歴史家たちは、「Tarntung」という言葉すらないこの手紙のおかげで、クレマトリエンのカモフラージュという考えを導入し、それが「暗号」という寓話に合うという理由で文書に拡大したのだ。「カモフラージュ」により、ごく普通の文書が高度に「犯罪」であると主張することが可能になるのである。そのため、何もないところから証拠となるものを作り出し、フィクションを構築することが可能なのだ。クレマトリエンIIとIIIは、決してフェンスで隠されていたわけではない。なぜ、火葬設備が「特別行動」に適した道具に改造されたかというと、もし、行動がこれらの建物の中で行われるためでなかったら、その壁は完全に活動を隠していたのである。クレマトリウムIVとVは、クレマトリウムVの大きな炉が使用不能になり、建物の近くに野外火葬場が掘られたので、1944年7月から高さ3メートルの垣根で「カモフラージュ」された。SSは、到着した犠牲者がこのような野焼きを見たら、制御不能のパニックに陥るのを避けたかったのだ。実際、一定の裁量が働いていた。SSは確かに、ビルケナウでユダヤ人をガス処刑していることを放送(Broadcast)しなかった。しかし、上シレジア州全体は、KLアウシュビッツで何が起こっているかを、多かれ少なかれ正確に知っていたのである。ウォルター・ケンポウスキーは、その著書『Allemands, le saviez vous?』(「ドイツ人よ、あなたは知っていましたか?)[ドイツ語から翻訳され、1980年にアンカー社から出版された。この地域に駐在していたために質問された一人のドイツ人(作家、1910年生まれ)]は、次のように述べている。

何が起こっているのか、よく分かっていた。私はポーランドの辺境を警備していたのである。1941年8月のことである。私はザコパネ(アウシュビッツから100kmほど離れた場所)に住まいを構え、2人の可愛いユダヤ人女性に言い寄っていた。何の問題もなく... そして、銃撃が始まった。何としても秘密にしておかなければならない。パトロールから戻ると、何人かの兵士が言いに来た、「結構な人数を撃っているじゃないか。可愛い女の子が2人いたよ」と。その後[1943年]、私はクラクフで列車を見たが、ガスで動くクレマトリウムの炉があるとささやかれていた。私は言った、「そこには子供がいる」と。貨車の中で泣きながら、水を求めていた。隣にいた女性が言った、「彼らは求めていた」と。娘は言い返した、「でも、ひどい!」。しかし、母親は繰り返した、「頼まれたから」。その後、ベルリンに向かったが、そこでは誰も私のことを信じてはくれなかった 、「ハンス、思い込みが激しいな」とね。みんな反ファシストだったがね、 「ガス炉のことは理解できない」とね。  

ストリュートフの写真集にまつわる公聴会での出来事について説明したい。ストリュートフ裁判の証拠品として保管されていたアルバムは、3ページが切り取られていた。コルマンが持っていたものは完成していた。(私が調査した)両方のコピーには、1945年にフランス軍事司法長官が描いたガス室の平面図の写真があるが、オリジナルのトレースには何かが削られている、すなわち、水が注ぎ込まれた漏斗のまわりの外側の保護ケーシングであり、それを保護するためであることは間違いないだろう。トレースの原本が裁判のファイルから消えてしまったため、この「改竄」の証拠を見つけられないことに激怒したフォーリソンは(証拠を前にして、彼は可能な限りのことを自分の説明に変えようとした)、弁護人のドラクロワにこのことを指摘させたのだ。ジュアンノー弁護士が「書類をいじった」と非難する人はいない。この事件で面白いのは、ドラクロワ弁護士が1枚だけ改ざんされたと思っていたのに、実は2枚とも同じものだったということだ。

私はジュアンノー弁護士を絶賛する一方で、彼の弁論を批判しているように見えるかもしれない。実は、この事件は1981年のことで、その後、アウシュビッツの歴史に関する研究が進んだおかげで、彼の発言を批判することが可能になったのである。それはともかく、ガス処刑の発端となった歴史を見事にまとめあげた彼の功績は誰も認めるところだろう。彼が、ガス室で犠牲者がどのように一緒に押しつぶされたのかについて、反論の余地のない証拠を見つけたこと、しかもそれがドイツの情報源からであったことを、誰も否定することはできない。ガス処理用トラックには、SSが1平方メートルあたり9体か10体のユダヤ人を詰め込んだ。彼は、クレマトリエンIIとIIIのLeichenkeller 1の210m²に少なくとも2000人を収容することが可能であることを、見事に「教授」に証明してみせた。これは非常に限定的なケースと思われるが、ジュアンノー弁護士のデモンストレーションは見事だった。

私がジュアンノー弁護士の訴えをここまで強調したのは、それまでの「伝統的」な歴史と、現在展開されている「精密主義的」な歴史の分岐点であると考えるからである。これは、証言に基づく方法と、証人の証言の価値を評価することが可能な文書に基づく方法の2つの作業方法から構成されている。1980-81年、私はLICRAや他の協会がフォーリソンに対して起こした行動に反対していた。魔女狩りの匂いがすると考えていたからだ(1982年7月のソルボンヌ大学コロキウムでレイモンド・アロンが述べたように)。今は、フォーリソンの論文に「攻撃されている」と感じた人たちに、他に防御の選択肢はなかったと思うのだ。この裁判がもたらした主なプラス面は、すべてのガス室に関する歴史的研究に大きな弾みをつけたことである。というのも、法学博士のヤン・セーン判事が中心となって行ったヘス裁判が終わってから、殺人ガス室が実際にどのように機能していたかという問題は、次第に忘れ去られていったからである。ヤン・セーンは、その調査結果を、1946年にワルシャワの『ポーランドにおけるヒトラー派犯罪調査中央委員会』の紀要Iに発表し、1955年には『Wydawnietwo Prawnicze』(法律出版社)の特別刊行物に掲載し、最後に、1957年に改訂・完成した新版で、英語版のタイトルは単に『Auschwitz Birkenau』となっている。ポーランド人は、ヤン・セーンの死後、彼の研究をそれ以上追及することはなかった。なぜなら、ポーランドでは、ごくまれな例外と政治的な理由を除いて、誰もこの明白な事実を疑わなかったからだ。アウシュビッツ国立博物館のスタッフは、数々の裁判のための資料作りや、アウシュビッツ周辺の多くの副収容所の詳細な調査など、より緊急な仕事を抱えていた。西側でガス室の存在をめぐって論争が起こることに、彼らは少なからず驚いていた。事実は明白であり、例えばオシフィエンチムでは祖父母の証人が子供や孫にその話をしたのだから、彼らにとってこれは全く無益なことのように思われた。祖父母や両親の言葉を誰が疑うことができるだろうか? フォーリソンに訴訟を起こした人々を弁護するならば、この問題は彼らもフォーリソンも予期していなかった複雑さであったと言わざるを得ない。そして、「絶滅論者」と「修正論者」の本当の対決は、パリのパレ・ド・ジャスティス(Palais de Justice, Paris)で、退屈で緊張を抑えた長時間の審理で行われたのではなく、1700キロも離れた旧KLアウシュビッツの24ブロックの1階で、ポーランド人文書館長と歴史に情熱を持つフランス人の薬剤師が行ったことも、疑わなかったのである。フォーリソンは1980年8月にすでに負けていたが、ミュージアムでは、両者の試合は[決して本当の敵ではなかった]始まったばかりだった......

1981年7月8日、パリ高等法院第一審でフォーリソンに対する判決が下された後(3日に発表)、私は研究を続けたが、裁判資料はまだ私の疑問にすべて答えてはいなかった。私は1人だったので、ジルベルマン氏は、私を助けてくれそうな人物として、ジョルジュ・ウェラーズ氏を紹介してくれた。ウェラーズさんは、私の知識を証明するものを出してくれという。私は、「ビルケナウ・クレマトリエンIV、Vの実現と研究」と題する、約30枚の写真に裏打ちされた20ページほどの短い論文を書いた。IVとVを選んだのは、IIとIIIに比べてドキュメントの量が少なく、扱いやすいからだ[これは事実でもあり、事実でないこともあるのだが]。 1981年7月末にこの研究書を渡し、待つことにした。

そんな中、偶然見たテレビ番組で、アウシュビッツの元移民がキャンバスに絵を描いていることを知り、クレマトリエンの写真で見たことのある特徴を認識することができたのだ。一番印象に残ったのは、ガス処理を見ている顔の写真である[写真34]。私は、ダヴィッド・オレールという画家の名前に注目し、急いでジルベルミン氏に電話をかけた。いくつかの問い合わせの後、私たちは、クレマトリウムIIIのゾンダーコマンドの元メンバー、囚人106144のオレール氏[写真33]の家を訪れた。それは天啓だった。絶滅に直接参加した人たち[ユダヤ人とSSの両方]の典型的な反応として、彼はすぐに、自分が描いた最も恐ろしいものを私たちの前に突き出したのである。彼の付随する説明も同じようなものだった。私たちは、クレマトリウムのような錯乱状態の中で漂っていたのだ。しかし、キャンバスや下絵は、私たちの鼻先に嬉々として押しつけ、私たちが嫌な顔をしているのを見るのが楽しみで、まったく別の言葉で語っていた。それは真実であり、ほとんど写真のような正確さだ。彼は、いつも文句ばかり言っている、気難しい老人である。しかし、クレマトリウムとビルケナウでのユダヤ人絶滅に関する彼の絵による証言は、私たちが知る限り最高のものである。追放から戻った後、彼は見たもの、経験したものを描き始め、1945年から1947年の間に、彼の作品の基礎となる約100点のスケッチと[図面]を制作した。その中から、ビルケナウの宇宙を描いたキャンバスを約30枚描いた。視力の衰えとともに、キャンバスのサイズも大きくなっていった。1945年、彼はクレマトリウムIIIの平面図(BW 30a、B 360 Hではない)[写真35]を記憶から再現し、断面図を描いていた。彼はこのクレマトリウムの生ける屍のシーンを提示した。ダヴィッド・オレールのドローイングは完璧ではないが、正確な観察の証であり、他では知られていないディテールを含んでいる。彼の仕事の真実性を評価するには、1943年3月4日にビルケナウに到着したときに見たクレマトリウムIIIの建設のスケッチ[写真36][ドランシーからの993名のユダヤ人の第49回RSHA輸送集団]と、1943年6月からダヴィッド・オレールがしばしば働いていた炉室のコンクリートの屋根を流しているときに、3月に撮影した建設管理部の写真[写真37]を比較すれば十分であろう。歴史的に見ても最も貴重な初期スケッチ集は、現在、そのすべてを公開することはできない。というのも、1976年1月、イスラエルの「ゲットーの戦士の家」での展覧会のために50枚がミリアム・ノビッチに貸し出され、オレール氏のもとに戻らなかったからである。彼はよく、「記憶の半分を奪われた」と言っていた。

 

Page557

写真30
(Photograph by Maître Bernard Joeanneau)

1979年6月にマイダネク強制収容所で撮影された写真のコピーで、殺人ガス室と思われる殺菌ガス室の一つを写している。検査用ののぞき穴のある二つのドアの間にある黒っぽいレンガはプルシアンブルー色であり、「Blausäure/青酸」、言い換えれば、「チクロンB」という名称で害虫駆除剤として販売されていた青酸またはシアン化水素が長期間使用されたことを示している。 


写真コピー31: 

ポーランド語テキストの翻訳

マイダネクの新しいガス室のドイツ語図面。この建物には、VENTOXガスを使用するのに適した6つの大きなガス室と、チクロンガスを使用するのに適した12[実際には8]の小さなガス室があった。図面はドイツ軍によって、給水装置の設置のためのものであると指定されている。このプロジェクトは実現されなかった。図面はマイダネク博物館から提供されたものである。


写真32
[PMO microfilm 1061, p. 16]  

翻訳

無線メッセージ13
SS 駐屯地無線局アウシュヴィッツ
オリジナル: [親衛隊経済行政管理本部]

1942年10月2日、アウシュビッツ強制収容所の司令部で受領。

件名:移動認可
リファレンス:1942年2月10日の依頼

ユダヤ人の再定住のための資材を受け取るために、トレーラー付きの5トントラック1台のデッサウへの移動と帰還を許可する。この許可は運転手に与えるものとする。

リーベヘンシェル
親衛隊中佐
武装親衛隊中将の階級を持つ兵役責任者の常任代理人

ファイルのために
[イニシャル]
無線局責任者  

 

Page558

写真33
(Photo by the author)

1982年、ノワジー・ル・グランの自宅のキッチンにて、「チクロンBガス室からナチスの火葬炉を経て、ラビと神父も」と題した最後のキャンバスに描くダヴィッド・オレール。この絵は131×162cmです。中央には、SS隊員に殴られるラビと神父が描かれている。左上、クレマトリウムV付近の焼却炉の縁で裸の女性に発砲しているモル。右上は稼働中のクレマトリウムIII、その前をスープを運ぶ4人の囚人が通過する。PMOの館長であるK・スモレンは、ラビや司祭がSSにひどい目にあわされたのと同じようなエピソードを、個人的に見たことがあると言ってくれた。


写真34
(Donated by D Olère to the author)  

ガス処理。125cm × 190cmのキャンバスに、3つのシーンが描かれている。左上は冬のブンカー2/V、右上は建設中のクレマトリウムIII、中央は[ダヴィッド・オレールによれば]覗き穴によって変形したSSジョルジュの顔で、ガス処刑を眺めているところである。 


ダヴィッド・オレールのスケッチと絵画のカタログは、1989年にベアテ・クラスフェルド財団からセルジュ・クラスフェルドの編集で出版された。 


私自身は、ダヴィッド・オレールとの関係はやや難しかったのだが、時間が経つにつれて、私が「彼の」宇宙について非常によく理解していることを理解してくれるようになったのである。私たちは話し合いができたので、あらゆる機会を利用した。しかし、苦労がなかったわけではない。私が彼の言うことが不正確であることを指摘すると、彼は怒り出し、「嘘つき」と非難するのだ。彼はシニカルで酸っぱいユーモアを持っていたが、それは彼に取り憑かれた記憶に対する防衛策の一つであった。彼の作品を通して、知らず知らずのうちにクレマトリウムやブンカー2/Vの配置を理解することができた。

ジョルジュ・ウェラーズから何の連絡もなかったので、私は論文を拡大し、80ページにも及ぶ論文になり、タイトルも変更された。「アウシュビッツ;平和的建築...」とタイトルを変え、アウシュビッツ・クレマトリエンの完全な研究の第一巻となった。1982年3月13日、虚勢を張って、また、献辞に彼を引用していたので、私は、クレマトリエンⅣとⅤに関する私の研究の完成を知らせるためにフォーリソンに電話をかけたが、彼がどん底に達し、彼のファミリーを引きずっているのを見て、ショックと嫌悪感を抱いた。ヒステリーを起こし、息切れし、喘ぎ、非難をあえぎ、自分の「殉教」を語る、人間のくずのような姿であった。しかし、それは彼が望んだことであり、当然の報いであったと言わなければならない。風の種を蒔いたら、本当に風が吹いてきたのである。私が嫌だったのは、彼が自分の苦しみを利用して、私に自分を正当化しようとしたことだ。「私が正しかったとわかるはずだ! ユダヤ人が私を迫害しているのだから!」と。同情に包まれた偽貨幣を通そうとしたのは、ロベール・フォーリソン教授の最後の手口であった。天よ、強き者はなんと堕ちたことか! 私が研究を続けるのを止めようとした最後の試みも無駄になってしまった。私はジョルジュ・ウェラーズに原稿を渡し、再び待つことにした。何の反応もない。私の作品の上に座ったまま、無反応のままだった。従来の歴史家がクレマトリエンⅣとⅤに関する資料を持っていなかったのに対し、私はバケツ一杯の資料を持ってきたのだ。あまりに斬新であった。彼らがカモフラージュの話をするのに対し、私は何もなかったと言い、それを証明する写真も持っていた。私の仕事はあまりにも異端だった。彼らがクレマトリウムⅡとIIIにガス室が存在する可能性を示す2つの文書しか持っていないのに対して、私は、クレマトリウムIVにガス室が存在することを証明する民間人からの2つの文書を渡していたのである。あまりにも画期的なことだった。公式の歴史では、クレマトリエンは絶滅用の道具として特別に設計されたとされていたが、私は、この目的のために改造されたと述べた。あまりにも修正主義的であった。時間が経つにつれて、批判が降ってくるようになった。私は我慢の限界に達した。ピエール・ヴィダル・ナケ教授に連絡を取り、こう言った。「あなたはアウシュビッツの第二の記憶を欲しがっていた。さて、私はその第一部を書いた」。最初は私が怒っていると思ったが、原稿を渡すと、私の提案が本気であることがわかった。それを読んだ彼は、私の主張が正当であり、根拠があると考えたが、しかし、その文章は整理が不十分で、今のままでは出版できないとのことであった。それは、まったくその通りだった。しかし、私が提示した文書は、知られないままではあまりに重要なものだった。彼は、1982年6月29日から7月2日までソルボンヌ大学で開催された、レイモン・アロンとフランソワ・フレが司会を務めた「ナチス・ドイツユダヤ人絶滅」というテーマの社会科学高等研究所のコロキアムに私が参加できるように手配し、解決策を見出してくれたのだ。「参加者」ではなく「演説者」として受け入れられたのは、私の立候補が非常に遅かったからだ。わずか1週間前、私は会場や話す相手についてまったく知らなかった。ヴィダル・ナケは、私をローンチさせることに成功した。 6月30日の午後早く、ソルボンヌ大学に行った。講演者はそれぞれ、ラウル・ヒルバーグが「殲滅の官僚主義」、ベルリンのヴォルフガング・シェフラー教授が「ガス室について」、ジョルジュ・ウェラーズが「最終解決」によるユダヤ人犠牲者の数について講演を行った。W・シェフラー氏のコミュニケーションは、コロキウムが大いに期待したものであったが、専門家からはあまり評価されず、彼の提供する情報の少なさにベルリンから連れてきたことを後悔するほどであったという。彼はモスクワで入手した資料をうまく活用することができなかったのである。シェフラーのすぐ後に登場した私は、ビルケナウのクレマトリウムIVとVの発生と発展を示す36枚のスライドを投影しながら、18分ちょうどに渡ってコメントした。コロキウムで、当時の良い写真を発表したのは私一人だった。1982年4月、PMOで相談したアウシュビッツ建設管理部の写真集にあったものだ。このアルバムは、エルサレムのヤド・ヴァシェムがベルリンのドイツ人から購入し、戦後まもなくアウシュビッツに滞在していたロシア人将校から入手したもので、ちょうど博物館に到着したところであった。私は、アルバムを手に、ビルケナウ・クレマトリエンに関する部分の写真のキャプションをタデウシュ・イワシュコに口述筆記するという大きな喜びを味わった[写真38はその一例]。これらの未発表の写真によって、私の演説は成功した。ピエール・ヴィダル・ナケは、私の暴露を「明確で注目に値する」と喜んでくれた。

コロキアムの後、ジョルジュ・ウェラーズは、1年間未使用のままだったものを、夏休み明けにCDJCの『Le Monde Juif』のレビューに絶対に掲載しなければならないと考えた。しかし、私が彼の理論に異議を唱えると、彼は私の理論に同意しなかったので、共通点を見つけるのは簡単ではなかった。

1982年8月末、私はガス室で多くのインクを流した(註:「caused much ink to flow」をプレサックがどういう意図で書いているのかわからないので直訳としたが、おそらく色々と調べてきたという意味だろう)ストリュートホフ収容所に行った。私は、フランスの法律文書館にある資料のおかげで、火葬場とガス室についてすでに勉強していたので、普通の観光客ではない。火葬場を訪れ、ガイドの解説を聞いた後、私は激怒し、すべての調査を中止し、『Le Monde Juif』での出版も止めることを決意した。私は、ポーランドの「火葬場」問題を解決しようと気負っていたが、その前に、自分たちの家を整理する必要があったのだ。ガス室に着いたとき、私は怒りに我を忘れていた。建物の中にはほとんど入っていない。私はガイドを攻撃し、ガス室についていくつかの事実を話した。そして、彼は私を見張りながら、一行を案内して回った。長話が終わり、来客がいなくなると、彼はドアを閉め、私たちは二人きりになった。そして、この複合施設の全歴史を語った。両親はガス処刑の間接的な目撃者だったという気の毒な男性は、何と言ったらいいか分からず、私が去り際に「誰もあなたのように説明してくれた人はいない」と結論づけた。 

 

Page559

火葬場で聞いたこと、発見したことは何だったのか?[写真39]シャワー室[写真40]は、殺人ガス室として定期的に出版物に紹介されているが、それは、ガイドが、囚人による焼却で温められた水で体を洗うSSのために用意された本物のシャワーであると宣言することを妨げないということだ。骨壷は、火葬場の運営を担当する囚人[抑留者]がいる部屋に運ばれた。骨壷の部屋は、解剖室で「生体解剖」を待つ人間を閉じ込める部屋になっていた[!]牢屋の扉には2本の重いボルトが打ちつけられ、上部の窓は戦後、木製のパネルに取り替えられた。囚人室には洗面台があり、これは普通である。骨壺の部屋はそうではなかった。なぜ、骨壺に洗面台が必要なのか、囚人たちの部屋には洗面台がなかったのか、不思議に思う。この「切り替え」の証拠は、1945年5月29日に収容所のフランス人指揮官がフランス軍事司法のために描いた施設の図面にある。[解放時にそのままだった収容所には、投獄された協力者や死刑囚が再集結していた]

ガス室については、骸骨収集家であるヒルト教授の衝動を満たすために、そこでガス処刑された86人の不幸なユダヤ人とユダヤ婦人は、1万から2万人の犠牲者に達するまでに増殖していたのである。

これらの誤りは、いまだに是正されていない。私は、ストリュートフ博物館の運営について、次のような修正を提案する。

A - 火葬場

  1. 1945年5月の構成に戻す、つまり骨壷を最初の部屋に戻し、「モルモット」部屋の寝台を囚人部屋に戻し、「生体解剖」の銘を消す。 
  2. 処刑が行われた火葬場の死体安置所を公開[排水溝の下のフィルタートラップから弾丸が発見された]。
  3. 殺人ガス室と完全に区別するために、シャワー/消毒セクションを公開し、たどった順路を示し、消毒室(これまで研究されたことがない)の動作を説明すること。

B - ガス室

  1. ブザンソン・シタデルの抵抗・輸送博物館から、収容所長のヨーゼフ・クラマーが殺人ガス処刑を行うために使用した蛇口付きの漏斗を回収して欲しい[この品物はストリュートフ収容所に帰属している]。
  2. ガス処刑に使われた元の設備を再現し、ガラスかプラスチックのケースで保護し、再現された部品を正式に表示する[ガス室に液体を流し込むための金属管、白いタイル3枚、管を固定するためのセメント1/2kgである]。 
  3. ガス室の完全な年表と歴史を有能な歴史家により確立させること。
    1. 建物の由来、戦前の建物の状態、敷地のスレート。 
    2. 化学戦におけるガスマスクの使い方をSS新兵に教えるため、冷蔵室をガス室として使用。
    3. 1943年8月3日に完成した液体注入装置の設置。
    4. 1943年8月7日から21日にかけて、86人のユダヤ人とユダヤ人女性が「医学的な目的で」青酸によるガス処刑を受けたこと。
    5. ホスゲンに対する防御としてウトロピンを使用することに関する最初の11の実験は、1943年の秋にビッケンバッハ神父の指揮のもとに、死者もなく行われた。
    6. 1944年6月15日、技術面でビッケンバッハの支援を受けたヒルトによって行われた4回の終末実験では、急性肺水腫のために4人が死亡した。

      解説では、ナチスの医師で職権を乱用したヒルトを非難し、ホスゲン実験の初期に人体実験を行ったビッケンバッハを免責にすべきとしている。

      展示される写真は、これらの出来事に関連したものでなければならず、単にガス処刑が行われたすべての収容所を指すものであってはならない。
  4. 木製のカバーのついた白いタイル張りの3つの浴槽の「ホルマリンタンク」という呼称をやめること。この呼称はいかなる文書にも基づいておらず、実現しなかった「Hirtコレクション」の86体の死体を保存していたストラスブール大学解剖学研究所の合成アルコールタンクと同化して伝説化したものである。 

C. 訪問者が正確で、検証可能で、反論の余地のない情報を求めていることを念頭に置き、フランス軍法務局のアーカイブ文書と写真で、収容所に関する詳細な写真パンフレットを作成すること。


写真35
(Personal archives) 

アウシュヴィッツⅡ(ビルケナウ)にあるクレマトリウムIII [BW 30a]の平面図、ダヴィッド・オレール作、LICA[LICRA]の雑誌『LE DROIT DE VIVRE』[生きる権利]、1964年2月15日、31年、No 316、3頁に掲載。 

翻訳

0    5基のトリプルマッフル炉      
1    脱衣室      
2    ガス室への犠牲者の入室を管理したSSの前庭      
3    ガス室      
4    死体運搬用リフト      
5    炉室      
6    身分証明書焼却炉      
7    集合煙突      
8    焼却する書類の保管場所      
9    SSの守衛室       
10    チクロンB導入口      
11    コークス貯蔵庫     
12    レールに乗ったコークスワゴン       
13    地下への入り口      


写真36
(Property of the Olère family) 

 1943年3月初旬、ダヴィッド・オレールが見たクレマトリウムIIIの建設状況。煙突はまだ完成していない。女性捕虜がその建設に必要なレンガを運んだことを確認する写真はないが、その可能性は低くはない。1945年の日付であるが、風刺されたSSの男は、このスケッチが実際には50年代のある時期に描かれたものであることを示している。 

 

Page560

1982年9月、私の論文は、現代ユダヤ教資料センターの雑誌『Le Monde Juif』第107号に、「ビルケナウ・クレマトリエンIV、Vとそのガス室」というタイトルで掲載された。ジョルジュ・ウェラーズと私との解釈の違いは、彼の序文に明記されている。彼は、私の説、すなわち、「クレマトリエンIVとV(IIとIIIと同様に)を建設するという決定は、SSによって、いかなる犯罪的背景もなく行われ、後者は後に登場した」という説に同意しなかったが、資料がないために、それを反証することができなかったのだ。彼の反論は、あくまでも反論の仮説に基づくものであった。しかし、クレマトリエンⅣとⅤの起源は、直接的には犯罪目的で計画されたものだと勘違いしていたのは私の方であった。これは、1982年にその論文を書いたとき、私はある説明のつかない「詳細」を考慮していなかったからだ[しかし、私の理論はクレマトリエンI、II、IIIについては有効である]。当時のジョルジュ・ウェラーズは、この「詳細」と「全体」を調整することが、私以上にできなかったのである。クレマトリウムIVにガス室があったことを証明する文書が、彼にとって何よりも重要なものだった。CDJCの雑誌は多くの人に届かないので、彼は「Gasskammer」を『Les chambres à gaz, secret d'Etat(国家機密のガス室』[Editions de Minuit 1984、オリジナルのドイツ版は1983]のアウシュビッツの章の中で紹介したのである。

この記事の後、私は研究を続けた。私はとことんまで調べなければならなかった。ある日、PMOで司書がデジャコとアートルという「クレマトリウムの建築家」に関する新聞記事を探していると、彼女がセルジュ・クラルスフェルドの『アウシュビッツ・アルバム』を持ってきてくれたので、時間をつぶすのに役立った。そのとき、おそらく見たことがあるはずなのに、特に気に留めていなかった2枚の写真に目が留まった。最初のものは、クレマトリウムIIIの地下の脱衣所を背景に、クレマトリウムIIの庭に通じる金網の入り口の門の前で静かに待っている女性と子供たちが写っているものである。もうひとつは、クレマトリウムIVを背に、クレマトリウムVに入ろうとする3人の男女のグループが撮影者のほうに歩いてきているところである。セルジュ・クラスフェルドは、私の「建築的」な説明には欠けている「人間的」な要素を見出したのだ。フランスに帰ってから彼に連絡したら、彼のアルバムをくれた。一通り目を通すと、整理整頓に夢中になっている私は、例えば「選別」のショットに何種類もの写真が写っているなど、「シリーズ」があることを感じ取った。 私は、SSカメラマンが記録したさまざまなシーケンスを見つけ、それぞれの撮影における彼の正確な位置を特定したいと思った。私はアルバムの中の写真を研究し、複製品の質が完璧でなかったので、セルジュ・クラスフェルドを再び頼り、オリジナルを見ることができるかどうか尋ねた。1983年2月、セルジュ・クラスフェルドは、スイル社からアメリカ版のアルバムのフランス語版を出版しようとしていたところ、出版を保留にし、私はスイル社のプロジェクトを担当していたアン・フレイヤーの助けを借りて、すべての写真を整え、フランス語版の責任者となったのである。6月に原稿が完成し、1983年11月に本が発売された。

1981年の暮れ、PMOの書庫を訪ねたとき、私はその存在を知らなかったBW30/32から30/42までのファイルを発見した。その中には、1943年1月から6月にかけて、クレマトリウムⅡとIIIの炉室、脱衣室、ガス室の換気装置を取り付けたトプフ&サンズ社の社員メッシングの「日記」、クレマトリウムⅡとVに関するリーデル&サンズ社の仕事について、同様の言葉で書かれた緑のインクによるメモ、ソ連の資料から得たクレマトリウムに関する文書ファイル、が特に含まれていた。これまで知られていなかったこれらの文書から、またしても「伝票や犯罪の痕跡」が大量に発見された。

私にとって、旧アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所のクレマトリエンやあらゆる種類のガス室に関する問題は、1984年4月までにあらゆる疑いを超えて解決されたのである。ファイルBW 30/32から30/42は、事実上私の理論のすべてを裏付けてくれた。ワルシャワポーランドにおけるヒトラー派の犯罪調査中央委員会で発見されたもう一つの証拠は、フォーリソンの論文が、できるだけ丁寧な言葉を使えば、単なるナンセンスであることを「a+bによって」証明している。修正主義者の「作品」は、もはや皮肉な笑いを浮かべる以上の価値はなかった。私はついにトンネルの終わりに到達し、自分自身の、他の人たちから取ったのではない、決して把握することのできない絶対的な真実に可能な限り近い真実を確立したのだ。するとセルジュ・クラスフェルドは、ごく簡単に[!]、私が学んだことをすべて白黒つけるように言ってきたのである。それで私は仕事に戻った。

1984年4月、アウシュビッツのベルギー人記念館が完成した[写真41]。デザインはベルギー人アーティスト、ブリュッセルのメゾン・ド・ラ・ベローネのセルジュ・クルーズが担当した。彼の作品は、厳密には非政治的であり、反全体主義的である。私もいつも同じ精神で仕事をしているので、非常に感動した。来訪者は、快適な都市生活者の伝統的なダイニングルームに到着し、プレウェイスタイルの家具が置かれている。壁には1942年のカレンダーが貼られている。戦争中にもかかわらず、静かで平和な家族の生活がにじみ出るような部屋である。その後、暗い入り口、逮捕、牛車での旅、そして記念碑がある[写真41]。空っぽのダイニングルームにいた家族は5人(父、母、息子と2人の娘)で構成されていた。彼らは左側にいて、私やあなたと同じような服を着て、左側にいて、お客さんを見ている。彼らは普通のまともな人たちだ。部屋へと続く黄色い舗装に彼らの靴が足跡を残し、それが裸足の足跡となって部屋の端の目の方へと消えていく。この立派な一族は、いったいどうなっているのだろう? 結果は右の通り、ゼブラ柄の囚人服を着た坊主頭[シラミの予防策!]の男と、端が炭化した空っぽのシルエットの女と3人の子供たち。「アウシュビッツ・ビルケナウ」という表現が持つ、ひどい真実、残酷な現実を悲劇的に凝縮している。人間性の否定。

オシフィエンチムでの「訓練コース」の開始直後、ポーランド人から、「政治家」の赤い三角巾をつけたポーランド人の元囚人16660、O・マクシミリアン・コルベ神父がコルベ死んだ、仲間の囚人を救うために自分の命を捧げたので聖なる匂いの中で死んだと聞かされた。私はこの話を半分だけ耳を傾けて聞き、無関心なままだった。コルベが列聖されるのに必要な資質を持っていたとすれば、大多数の囚人たちも、この「呪われた土地」で耐えた苦しみのためだけであれば、そうだったのである[クレマトリエンⅡまたはIIIのゾンダーコマンドのメンバー、ヘルマン・チャイムが解放後に見つかった1944年11月6日の手紙にビルケナウについて書いているように]。コルベが正式に「聖人」となった時、私はポーランド人のためにそれを喜んだが、この話はアウシュビッツの地獄の中の数あるエピソードの中のありふれた1つに過ぎないと思った。そして1985年末、コルベが亡くなった11番ブロック(「死のブロック」)の近くに祈りの場を提供するために、旧「テアーターゲベーデ」にカルメル会のキオストロが設置されたのである。収容所の囲いの一部は、回廊とブロック11との間の直接通路を提供するために除去されることになっていた。これでこの事件はかなり衝撃的なものになった。アウシュビッツの悲しみは、カトリック教会だけのために回復されつつあったのだ。この問題は


写真37
(PMO neg No 292)

1943年3月、フータ社によるクレマトリウムIIIの建設。集合煙突が完成した。煙突の裏側では、囚人と民間人の混成部隊が炉室の天井コンクリートを流しているのが見える。


写真38
[Yad Vashem and PMO neg. no. 20995/509]

1943年4月のクレマトリウムIVの東側と南端の眺め。「建設管理部アルバム」から取られ、1983年11月にSeuilから出版された『L'Album d'Auschwitz』のクレマトリエンに関する付録で使用されています。図面内の文字は著者によるもの。

図面内の文字の翻訳 

クレマトリウムIVまたはBW 30b
東側と南側、1943年4月
(1943年3月22日、建設管理部より正常な状態で引き渡された)

Chambres à gaz / ガス室 
Porte étanche au gaz / ガス気密ドア 
Pièce du “Médecin” / 医師の部屋
Lucarnes éclairant le vestiaire / 死体安置所
  - 死体安置所を照らす窓 / 脱衣室
Sas / エアロック 
Cokerie/ コークス貯蔵庫 
Salle du four à 8 creusets d ’incineration / 8マッフル炉のある炉室
WC et lavabos / WC・洗面所 
Pièce des SS / SSの部屋  

 

Page561

「聖コルベ」の段階で停止させるべきだった。カトリック教会には恥ずべき反ユダヤ主義の過去があり、旧収容所に対するいかなる権利からも排除されているからだ。

これは、1898年に出版され、学校のベンチでお行儀よく座っている「親愛なるブロンドの子供たち」に広く配布された本の中で偶然に見つけたものである。シャルル・エルメリーヌの作品「A travers l'Europe」である。その中から、クラクフ訪問に関する一節(301〜303ページ)を取り上げてみた[写真42、43、44]。エルメリーヌがフランスの司祭であり、学校の教師であったことを念頭に置いて、よく読んでみてほしい。あなたは、それはとても古いことで、当時とは精神が変わってしまったと言うかもしれない。それを否定はしないが、興味本位で、1898年に開放的で受容的だった15歳の青年、つまり1883年生まれの青年が、1940年には何歳になっているか計算してみた。57歳、人生の頂点を極めた、成熟した力を持った男であったろう。 私は、百科事典で調べてみたのだが...「 ラヴァル(ピエール)、フランスの政治家、1833年にピュイ・ド・ドーム県シャテルドンで生まれる」ノーコメントだ。

カトリック教会は、国際的で無神論的な悲しみの極致であるアウシュビッツに用はないのだ。そこには、数十の異なる国籍の人々がいた。100万人強のユダヤ人、その大半は女性と子供であったが、そこで絶滅させられた(1)。そしてそれは、「善き司祭」エルメリーヌの書いた文章のようなものであるからだ。したがって、アウシュヴィッツ・ビルケナウにおけるユダヤ人の優位は、他の人々を無視することなく、単にその死者数の重さゆえに、絶対的なものとなるはずである。コルベの列聖は、ポーランド国民に有益な効果をもたらすとしても、100万人のユダヤ人犠牲者に対する侮辱に近いものだ。もし、絶滅に直接参加した人たち、恐怖の極限に達した人たちに「聖人」の称号が与えられるとしたら、実践的なキリスト教徒は何と言うだろう。アウシュビッツ・ビルケナウという超時空惑星は、不条理な宗教観にとらわれず、人間の本質を深く考察する場となりうるのである。

1979年、私はアウシュビッツに行き、「上からの命令で」組織した死の機械に直面したときの処刑人の動機、態度、考えを探ろうとした[ロバート・メルルが『死は私の商売』で始めた実験の続きである]。将校として訓練された私は、「命令」の限界を知っているはずだった。技術的には、アウシュビッツの「工場」がどのように組織されていたのか、その内部構造を正確に知りたかったのだ。正直なところ、私は犠牲者の大半が女性や子供であることを知らずに、ほとんど何も考えなかった。ともかくユダヤ人らしい、と。1945年までの文献には、「コスモポリタン」である彼らが、私たち排外主義的フランス人愛国者のものである「古いフランス」を破壊しているから、彼らを追い出すべきだ、とあらゆる方法で書かれていた。

私はビルケナウの仕事をしていたので、この有名なユダヤ人たちに会わざるを得なかったのである。結局、私の最初の考えを覆したのは、ヘスの自伝でもアーカイブ文書でも図面でもオリジナル写真でもクレマトリウムの廃墟でもなく、ジルベルミン氏が午後一杯かけて詳細に語ってくれた控えめでシンプルな証言であった。彼にとっては、とてもつらいことであった。私としては、もう二度と元には戻れないと思った。彼は自分の記憶を注入することに成功し、それは今、私自身に宿っている。私は地獄の釜の蓋を開けたような印象を受けたが、それはもう急ぐことではない。タデウシュ・イワシュコの希望ですべてテープに録音されたが、残念ながらこのテープは、あまりに感動的な内容であったが、ポーランドで空港間の荷物の移動中に行方不明になってしまった。ジルベルミン氏の強制収容所体験については、私は決して書かないことにしている。しかし、私は最初から彼の話の真意を理解し、ある点についてもう少し詳しく尋ねる以外は、何の議論もせずに受け入れていた。しかし、1945年1月にロバート・ウェイツ神父が『De l'université aux Camps de Concentration(大学から強制収容所へ)』の中で、グライヴィッツ収容所での彼の命懸けのエピソードを語っていることを確認した。ジルベルミン氏の記憶を完全に受け入れたように、ダヴィッド・オレール氏の言葉による証言も疑ったが、彼の写実的な証言は完全に受け入れた。クレマトリウムIIIでのオレールの生活の怪しさは、単に伝わらないだけだった。それは彼のせいでも私のせいでもない。ジルベルミン氏とのような深い、自信に満ちたコミュニケーションは、ダヴィッド・オレール氏とは不可能だった。なぜなら、私は彼の生活の物理的環境を正確に実体化することができたが、恐怖心からか、人間の生活そのものを知的に具体化することができなかったからだ。 

1986年8月完成


(1) G. ウェラーズは1,352,980人、R. ヒルバーグは105万人から110万人の間。

写真39

ストリュートフ収容所:クレマトリウム 縮尺1:100 

図面内の文字の翻訳

FACADE SUD / 南面図

COUPE AB / セクション A B

  • Consigne / 倉庫
  • Salle d’habillement / 着衣室
  • Garderobe Sortie / 荷物預かり所出口
  • Entrée / エントランス
  • Chaufferie / ボイラー室
  • Désinfection / 消毒
  • Salle de déshabillement / 脱衣室
  • Garderobe Entrée / 荷物預かり所入り口
  • Consigne / 倉庫
  • Salle de douches / シャワー室
  • Crématoire / 火葬炉
  • Douche /シャワー
  • Médecin / 医師
  • Salle d’autopsie / 解剖室
  • Couloir / 廊下
  • Charbon / 石炭
  • Interné / インターン
  • Bureau / 事務所
  • Urnes / 骨壷

COUPE C D / セクション C D

ストリュートフ、1945年5月29日
収容所司令官

 

Page562

写真40
(Personal archives)

記念アルバム「C'etait il y a 20 ans la libération des camps de la mort(死のキャンプの解放から20年。)」[『Patriote Résistant』303号付録] 1965年1月 70ページ掲載の写真。

キャプションは「ガス室に向かって」、左上のテキストはこうだ。「SSは「シャワーに移動しろ」と叫び、致命的なガスがその仕事をした...」


写真41
(“PHOTO NEWS” photo by Yves Smets)

セルジュ・クルーズが設計したベルギーの記念館。 

 

Page563

写真コピー 42、43、44

翻訳

シャルル・エルメリーヌ

ヨーロッパ全域
旅行ノート
サナール&デランジェオン
174, rue Saint Jacques
__________
パリ 1898

女性たちは、赤、青、緑の衣服に揺らめく虹を歩いている。その衣服に一筋の光が差し込むと、中央広場はまさに色彩の乱舞となる。その中心にある宝物殿のようなバザール、スキエンニチェの周りには、色とりどりの花が咲き乱れ、風にそよぐ草原のようである。しかし、ここでは花は生きていて、駆け巡り、行ったり来たりしている。その真ん中には、ほとんど動かない、私たちの畑に立つかかしのような、ユダヤ人の黒い姿があるのだ。

このクラクフユダヤ人たちは、非常に不思議な集団を形成している。間違いなく、ポーランドユダヤ人はすべて見るに値する。しかし、ロシアでは、彼らはもっと管理されている。

ガリツィアでは、ポーランドユダヤ人の汚れた姿、そして最も絵になる姿を見ることができる。

彼は、自分の宗教と同じくらい頑固に固執している服装で見分けることができる。黒いコートを羽織り、フェルトの帽子か大きな帽子をかぶり、もちろんブーツ、こめかみの上でカールした長い髪は、昔の未亡人のようである。ユダヤ人は小さな店のドアの前で平然と待っている。店内には商品が無造作に積み上げられ、客が動く隙間もない。

ハエを待つクモのように動かず、彼はキリスト教徒が自分のところに来ざるを得ないことを知っている。彼が通りを歩くとすれば、それは悲痛な、ほとんど恐怖に満ちた雰囲気である。その痩せた顔は、ほとんど日の当たらない暗い地下室から出てきたようだ。彼はおそらく、彼のそばを通り過ぎる人々からどれほど軽蔑されているかを感じているのだろうが、それでも彼は、最後にはきっとうまくいくだろうと確信して、悲痛な静かな雰囲気で自分の道を進み続ける。

ユダヤ人の子供たちはすでに顔色が悪く、悲しげな雰囲気を持っている。彼らも長いコートとブーツを着て、こめかみの上で髪をカールさせている。そして、そのような服装をした若者たちが、路上で重々しく遊んでいるのは、とても不思議なことである。

しかし、最も不思議なのは、ヘブライ語で道の名前が刻まれているユダヤ人地区、カジミエシュで、黙々と歩き回っている老人を見かけることである。彼らは、老いた顔を地面に向けて、そこから鉤鼻を突き出し、長い灰色の髭を垂らしている。彼らは普通の人物ではなく、絵画的なタイプを好む画家は、ここで本領を発揮し、鉛筆を動かすのに十分な材料を見つけることができるだろう。

このような人々は皆、惨めな雰囲気を持っており、病弱であるため、最初は深い同情心に打ちのめされ、彼らほど同情に値する者はいないと思われる。しかし、実際には彼らこそがこの町の真の主人なのだ。 

ポーランドの不幸の一つは、国家に大きな堅固さを与える中産階級を持たなかったことである。誰もが貴族か農民のどちらかで、この両極端の間をユダヤ人が埋めていたのである。すべての貿易は彼らの手に渡り、そこに留まっている。

神は、彼らがそれを利用することを知っている! したがって、私は、彼らの魔の手にかかり、彼らなしでは何もできず、イスラエルによって指示された条件を受け入れざるを得ないポーランドの農民に対する憐憫の情をとっておくのである。

イラストのキャプション「クラクフユダヤ人」

 

Page564

アウシュビッツ・ビルケナウのガス室
殺人目的で使用されたことを立証する
主な研究:

1946年:ポーランド・ネーミエツキ犯罪調査中央委員会会報 - ポーランドにおけるナチス犯罪調査主要委員会の出版物。
  -  オシフィエンチム強制収容所 [66ページ]  

1955年:オシフィエンチム強制収容所アウシュヴィッツ・ビルケナウ)ヤヌシュ・グムコウスキー著 -
リーガル出版社 - ワルシャワ

1957年:オシフィエンチム・ブルゼジンカ強制収容所アウシュヴィッツ・ビルケナウ)ヤン・セーン著 - リーガル出版社 - ワルシャワ

1961年:ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅
ラウル・ヒルバーグ著(563〜571ページ、624〜635ページ) - クアドラングル・ブック

1964年:レオン・ポリアコフによる「アウシュビッツ」 - ジュリアード

1972年:ゾンダーコマンドの手書き文書 -
アウシュビッツ国立博物館

1977年:アウシュビッツガス室 『Le Monde Juif』86号、ジョルジュ・ウェラーズ著

1978年:アウシュヴィッツ収容所のヒトラーの絶滅計画 - インタープレスワルシャワ 
 ガス室の存在」ジョルジュ・ウェラーズ著
   -   ホロコーストとネオ・ナチスの神話 (107~119ページ)
        ベアテ・クラスフェルド財団

1980年:強制収容所アウシュヴィッツドキュメント写真 -
国立出版局ワルシャワ

1981年:ガス室は存在した、資料、証言、数字
ジョルジュ・ウェラーズ著 - ガリマール

1981年:ビルケナウのクレマトリエンⅣとⅤとそのガス室
建設と運用[記事・39ページ]
ジャン・クロード・プレサック著、『Le Monde Juif』107号  

1983年:毒ガスによるナチスの大量殺戮
オイゲン・コゴン、ヘルマン・ラングバイン、アダルバート・リュッケルル
S. フィッシャー出版社

1983年:アウシュヴィッツ・アルバム
ピーター・ヘルマン、ジャン・クロード・プレサック- ル・スイユ

1985年:ヨーロッパ・ユダヤ人の破壊
ラウル・ヒルバーグ著[880〜916ページ、976〜984ページ]- ホームズ&マイヤー 
ナチス・ドイツユダヤ人虐殺
社会科学高等研究院コロキアム(1982年6月)-ガリマール社、ル・スイユ社。
   -  ガス室[記事、26ページ]ウーヴェ・ディートリッヒ・アダム著
   -  アウシュビッツビルケナウのクレマトゥリエンIVとVの研究と現実化
      [記事、46ページ]ジャン・クロード・プレサック著

1988年:「ロイヒター・レポート」の欠点と矛盾点
[記事、11ページ]ジャン・クロード・プレサック著、『Jour J』(12月12日) 


アウシュビッツ・ビルケナウのガス室
殺人目的ではなかったと主張する
主な研究結果

1962年:本当のアイヒマン裁判
ポール・ラッシニエ著
7つの色

1964年:ヨーロッパのユダヤ人のドラマ
ポール・ラッシニエ著
7つの色

1973年:アウシュビッツの嘘
ティース・クリストファーゼン著
批評社、モールキルヒ

1977年:20世紀のデマ
アーサー・R・バッツ
ヌーンタイド出版社
ロサンジェルス

1979年:アウシュヴィッツの神話
ヴィルヘルム・シュテークリヒ著
グラバート出版社、テュービンゲン

1980年:歴史の真実か、政治の真実か?
フォーリソン事件簿 - ガス室の問題
セルジュ・ティオン著
ザ・オールド・モグラ
防衛の記憶
歴史の捏造を非難する人たちに対して - ガス室の問題
ロベール・フォーリソン著
第2次増補版、ザ・オールド・モグラ

1982年:ピエール・ヴィダル・ナケへの返信
ロベール・フォーリソン著
第2次増補版、ザ・オールド・モグラ

1985年:ユダヤ人絶滅の神話
カルロ・マットーニョ著
イタリアのセンチネル社、モンテファルコーネ

1986年:アウシュビッツ:2つの偽証言
アウシュビッツ:盗作事件
歴史はいかに改竄されるか:ジョルジュ・ウェラーズとアウシュビッツの「ガス採取者」たち

1987年:アウシュビッツルドルフ・ヘスの虚偽の自白
カルロ・マットーニョ著
ラ・スフィンジ、パルマ  

1988年:ポーランドアウシュビッツ、ビルケナウ、マイダネクの処刑ガス室に関する技術報告書
フレッド・A・ロイヒター・Jr著、フレッド・A・ロイヒター・アソシエート、ボストン